鉄道写真

このページは日本中(主に東海地方)を走る鉄道車両を紹介するコンテンツです。

鉄道写真

【JR東海】313系8500番台

DSC00016

B204編成 2015.2.3 JR中央線春日井 SONY NEX-F3 + SEL1855

 

313系8500番台はJRセントラルタワーズ開業に伴い新設された有料列車「セントラルライナー」用車両として神領車両区に投入されました。

初期車は4編成12両が投入されたものの、セントラルライナーの利用は順調で車両数不足が発生し、373系や383系までもがお手伝いする羽目となったので、2次車として2編成6両と追加増備され、現在は6編成18両です(313系の2次車はこの8500番台の2編成のみ)

ノーマルの313系とは差別がか図られており、

  • シートピッチ拡大
  • オールクロスシート
  • 優先席なし(指定席制のため)
  • 吊り広告なし・パネル広告もJR東海関連のみ
  • 車端部のボックス席にテーブルを設置
  • 塗装は当番台オリジナルのオレンジストライプ
  • ドアボタン配置。中間ドアのみ締め切りも可能
  • つり革はドア周辺のみ
  • LED案内装置の位置がノーマル313とは異なる

等が挙げられます。

セントラルライナーは東濃の沿線民からは好評を得たものの、パターンダイヤが崩れ快速が1本減便となったため、愛知県内の利用者からは反発が出たそうです(2008年改正で名古屋~高蔵寺を毎時1本増発で解決)。また転換クロスシートのくせに310円(当時・多治見以等のみの利用は追加料金無し)の料金がとられることについても反発があったようで「銭取られるライナー」という俗称まで生まれました。でもそんなこと言ったら快速みえの指定席だって転クロで500円以上もとられるのに何も批判ないのはなんでだ?

セントラルライナーの他、朝夕のラッシュ時には211系やノーマル313と併結した普通や快速の間合い運用も存在した他、夜は「ホームライナー中津川」などにも充当。

ただし、セントラルライナーが2013年改正にて廃止。その後は朝夕を中心に普通と快速に充当されている他、新設の「ホームライナー瑞浪」全便を担当(ホームライナー中津川は383系の運用に)。お昼は全編成がお昼寝をとる運用となりました。

(さらに…)

2015年10月14日 | カテゴリー :

【名鉄】300系

IMGP0269

315F 2013.12.6 小牧線牛山 PENTAX Q +  01STANDARD PRIME

 

2003年3月の名鉄小牧線・地下鉄上飯田線直通開始に伴い製造された車両です。

それまでの小牧線は上飯田止まりで、名古屋方面への通勤客は平安通までの約800メートルを徒歩移動せねばなりませんでした。また、小牧線自体が単線区間が多く20分に1本だったのが大きなネックでした。そこで、上飯田~平安通間を3セク「上飯田連絡線」が建設し、名古屋市営地下鉄上飯田線として運行を開始し、その際に15分ヘッドに増発。それまでは地下鉄非対応のいもむしこと3400系や7700系などで運転されていたため、地下鉄対応の車両が必要となり、名鉄は2002年に300系8編成32両を新製投入し、7700や3400を置き換え。一方の名古屋市交通局側は、300系をベースとした7000形を2編成投入しています。

 

300系では名鉄で初となる「日車ブロック工法」を用いたステンレス車両となり、窓ガラスもUVカット仕様にしてカーテンを省略するなどのコストカットの努力が見られます。名鉄では最後の方向幕採用車両です(事故に伴う改造で一般車化した1380系除く)。

車内も、転換クロスシートとロングシートを交互に配置した独特の座席配置が特徴。4ドア車で転換クロスシートはこの300形と弟分の7000のみです。ドア上の案内装置は次駅案内・行先案内だけでなく、名鉄からのお知らせ、中日新聞ニュースも表示できます。

この300系は地下鉄直通開始前から小牧線に順次投入。最初は犬山~上飯田で運用し、直通開始後は平安通まで足を伸ばし、ワンマン運転を開始しました。平常時は小牧線・上飯田線単独運用のみですが、8月の花火大会の際は新鵜沼まで営業運転されるほか、台風でのダイヤ混乱時に広見線での営業運用実績もあります(小牧線以外ではツーマン運転)。

(さらに…)

【京阪大津線】600形&700形

 AJ3F1051

★京阪600形★

京阪石山坂本線の主力車両です。1980年代、旧型車両のボディを再利用し登場した車両で、当時としてはエコな車両だったのではないでしょうか。
10編成20両が製造され、1次車~3次車まで存在し、前面窓や妻面部などに違いが見られます。製造後は石山坂本線の他、京津線の準急などにも運用されましたが、1997年に京津線が京都市営地下鉄東西線との直通運転を開始した後は石山坂本線専属となり、石山寺~坂本間で活躍しています。
車両は2両で1編成で、どちらも制御電動車です。車体が短いため2扉車で、短距離輸送のため車内はオールロングシートとなっています。

DSC02620

603F車内

DSC02598

方向幕(石山寺)

編成写真

・601F

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

通常色 (2015.3.14 浜大津) OLYMPUS OM-D E-M5 + LUMIX G14-45/3.5-5.6

DSC02464

バスケチーム「Lake Stars」  (2014.3.23 京阪石山) SONY NEX-3N+SEL1855

 

・603F

 

AJ3F1042-1

特急色 (2015.8.28 京阪石山) Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L RAW現像

 

・605F

DSC04946

通常色 (2014.10.11 浜大津~三井寺) SONY α77 + SIGMA18-50/2.8 EX DC MACRO

DSC02596

通常色 (2014.3.22 近江神宮前) SONY NEX-3N+SEL1855

 

・607F

DSC_8019

石坂青春号2015  (2015.3.14 浜大津) Nikon D700 + AF-S50/1.8G

DSC05157

「大津祭ちま吉」ラッピング (2014.10.11 中ノ庄) SONY α77 + SIGMA18-50/2.8 EX DC MACRO

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大津市社協 (2012.2.24 京阪石山) OLYMPUS E-410 + ZUIKO25/2.8

 

・609F

DSC04969

「中二病でも恋がしたい!」ラッピング (2014.10.11 浜大津) SONY α77 + SIGMA18-50/2.8 EX DC MACRO

中二病ラッピングの詳細はこちら

 

・611F

DSC04915

坂本ケーブルラッピング (2014.10.11 浜大津~三井寺) SONY α77 + SIGMA18-50/2.8 EX DC MACRO

 

・613F

 

AJ3F1047-1

通常色 (2015.8.28 京阪石山) Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L RAW現像

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

びわ湖毎日マラソン (2012.2.24 坂本?) OLYMPUS E-410 + ZUIKO25/2.8

 

・615F

AJ3F1051

通常色 (2015.8.28 京阪石山) Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L

DSC05167

パト電 (2014.10.11 粟津) SONY α77 + SIGMA18-50/2.8 EX DC MACRO

 

・617F

AJ3F1156

「ちはやふる」 (2015.8.28 京阪石山) Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L

 

・619F

AJ3F1055

「響け!ユーフォニアム」 (2015.8.28 京阪石山) Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L

DSC_8021

通常色 (2015.3.14 浜大津) Nikon D700 + AF-S50/1.8G

DSC04936

鉄道むすめラッピング (2014.10.11 浜大津) SONY α77 + SIGMA18-50/2.8 EX DC MACRO

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

戦国大津物語  (2012.2.24 近江神宮前) OLYMPUS E-410 + ZUIKO25/2.8

 

京阪700形

600形同様、旧型車の車体を流用して5編成10両が新製されました。走行機器や、車内設備などは600系に準じています。

スカートの形状が600形と異なる点と、600系よりもやや角ばった車体が特徴です。

600形と共通運用で、バラエティ豊かなラッピングが施されるところは600形と同じです。

■編成写真

・701F

AJ3F1033

トーマス2015  (2015.8.28 京阪石山) Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L

DSC04932

滋賀のええもんうまいもん祭  (2014.10.11 浜大津~三井寺) SONY α77 + SIGMA18-50/2.8 EX DC MACRO

 

・703F

AJ3F1178

スマート国勢調査  (2015.8.28 浜大津) Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L

DSC04959

通常色  (2014.10.11 浜大津) SONY α77 + SIGMA18-50/2.8 EX DC MACRO

 

・705F

AJ3F1038

通常色  (2015.8.28 京阪石山) Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L

DSC_8004

大津市社協  (2015.3.14 浜大津) Nikon D700 + AF-S50/1.8G

DSC02630

おーいお茶  (2014.3.22 浜大津) SONY NEX-3N+SEL1855

 

・707F

AJ3F1185

わかやま国体  (2015.8.28 浜大津) Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L

DSC_8013

通常色  (2015.3.14 浜大津) Nikon D700 + AF-S50/1.8G

DSC_7970

通常色  (2015.3.14 唐橋前) Nikon D700 + AF-S50/1.8G

 

・709F

DSC04944 IMGP3370

けいおん5th (2014.10.11 浜大津) 左:SONY α77 + SIGMA18-50/2.8 EX DC MACRO 右:PENTAX Q-S1 + 01STANDARD PRIME

けいおんラッピングについてはこちらへ

DSC02633

大津市社協  (2014.3.22 浜大津) SONY NEX-3N+SEL1855

 

最終更新日:2015年9月12日

【近鉄】50000系「しまかぜ」

DSC_0248

50101F 2015.6.27 鳥羽 Nikon D700 + AF-S24-85/3.5-4.5G

 

2013年の伊勢神宮・式年遷宮に合わせ登場した「観光特急」。志摩を走ることから「しまかぜ」と名付けられました。

これまでの近鉄のイメージを打ち破る爽やかなブルーとホワイトのツートンカラーが新鮮な印象を受けます。

50000系は3編成あり、大阪難波・名古屋・京都から賢島まで1日1往復の運用です。繁忙期を除き、大阪発着が火曜、名古屋発着が木曜、京都発着が水曜、と定期検査のための運休日があります。

1編成は6両編成で、両先頭車が前面展望が可能なハイデッカー車、2号車と5号車がプレミアムシート(JRでいうグリーン席)、3号車が食堂車で2階建て、4号車が個室・サロン席となっています(名古屋発着は3号と4号が逆)

略号は「SV」 S=しまかぜ V=ビスタカー(2階建て車両があることを示す)

 

(さらに…)

【名古屋市交通局】5000形

DSC01111

5103H & 5118H (2012.10.7 東山線藤が丘 SONY DSC-W530)

 

1980年に登場した東山線用の通勤車両。

非冷房だった「黄電」の置換用として登場しました。5000形は当初から冷房を搭載し、利用客には好評だったようです。「黄電」の特長もやや受け継いでいて、端っこにわずか程度しかない網棚などにその面影が見られます。

35年にわたって東山線で活躍を続けました。ホームドア設置のためにN1000系への置換えが進み、廃車車両は順次富山の日本車両リサイクルの工場で解体されていきました。

2015年8月、最後の5114Hが引退し、5000形は全廃となります。

 

(さらに…)

› 続きを読む