ブログ

沢渡楓「私、写真関連の学校行ってみたいな、なので」
私「私も、写真が学べる大学、行きます!」


そんな、カメラにすっかり毒されてしまった、てつぱら管理人のブログです。

脱人文系化し、今まで20年間でほとんど考えてもなかった、「写真」という「芸術」という領域を目指し奮闘していく日々を記していくとともに、一人暮らしに奮闘していく日々を綴っていくブログとなります。

サイト更新情報は当ブログでは更新しておりませんので、トップページからご覧ください。

■主なカテゴリ一覧
つぶやき  ジャンルに捕らわれないような内容の記事。近況報告など。
ひとり暮らし奮闘記  ひとり暮らしにまつわる話
食戟のロック  ひとり暮らしを通じて手にした、「半自炊」レシピ集
さすらいの旅行記  遠出の記録
イヤッッホォォォオオォオウ!購入記録  高価なものの購買記録
カメラのはなし  当ブログで一番メインとなるカメラ全般の話
写真さんぽ  カメラの作例集
六区都市鉄道  Nゲージの車両とレイアウト製作のお話
鉄道のはなし  実在鉄道について
アニメ諸々  最新アニメのレビューなど
聖地巡礼  アニメ聖地巡礼の記録

ブログ一覧

夢を見るということ。

a0072722_4e7c8fcfcb409

・・・と書いたが、今日の記事は将来の夢についても、今日寝てるときに見た悪夢(?)の話をしたいわけじゃなくて(汗)

 

MacOSX2
自作PC(Windows機)の中に、OS X入れてみた。
人はこれを「夢を見る」とか「Hackintosh」と呼ぶらしい。

 

方法は以下のサイトとかをいろいろ参考にさせてもらいました。

os-x-el-capitan-logo-610x365

MacOSX1

あえて最新のSierraではなく、一個前のEl Capitanを入れてみました。

なぜかApple IDへのログインがスムーズに行かず、アプリもまともに入らないとかiTunesに購入楽曲が入らないとかお粗末様な状態ですけど、ブラウジング程度ならまぁまぁこなせてる感じはします。

それだけなんですけど(笑)

MacOSX3

 

 

MacOSX4
Mac OSでやっぱ魅力だなぁと一番感じるのはフォントの部分。
Windowsユーザーからすればヒラギノ角ゴHelveticaがデフォルトで入っているのがクッソ羨ましいと感じるわけでして。
MSゴシック(笑)だのメイリオ(笑)だの游ゴシック体(ただこれはMacにも入ってる)だのデザイン性皆無なフォントばかりのマイクロソフトにはもっと考えてもらいたいところだと思います。実際Windowsでヒラギノをちゃんと使おうとするとウン万飛ぶわけだしね。

 

MacOSX5

んでなんでMacOSなんか入れたかって?
そりゃ、使ってみたかったから、それ以外の理由なんてありませんよ(笑)
自分の用途にはWindowsで全然間には合うんですけど、フォントだったり、新鮮味に見えるUIだったり、見てみたくなるんですよ。隣の芝生は青いとか言いますっけ・・・。
WindowsにはWindowsの良さ、MacにはMacの良さがそれぞれあるんだなということを感じさせられますね。

 

【注意】
今回紹介していることは、ぶっちゃけ言えばライセンス的にはグレーな事項です。
ちょっと触ってみたいくらいであれば大きい問題にはならないと思いますが、常用には向いていません。
メインで触りたいなら、それこそ本物のMacを買われてください。

第2次コンテナ貨物拡張計画

IMG_0630

当方の鉄道貨物輸送のメインはダントツでコンテナ貨物なわけですが(笑)
最近拡張が進んでいます。

 

IMG_0556
先日某中古店へ行ったらコンテナ2つ付いたコム1と、同じくコンテナ2個付きのBトレコキを安価でGET。
Bトレコキは走行化改造はしていなかったものの、手持ちのKATO台車で問題ないようです。

IMG_0573
Bトレコキは以前から興味があったのですが、だいたいの構造が見れたので、さらに増備してみたくなります。
コム1は手軽な上にコンテナも付いて安く済むので、こちらもC11をメインにミニレイアウトで遊ぶようにもっと増備をしたくなります(;´Д`)
いや、現在コム1は1~2両程度、Bトレコキも1箱分ほど増備の方向で皮算用なう。

 

さて話を変えますケド、コンテナ貨物の楽しみ方の一つはなんといっても架空コンテナですかね。
朗堂やアオシマが無塗装コンテナを製品化しているところを見ると、根強い需要があるのだと察せます。
大昔前に紙製で大量生産を試みたことがあるのですが、耐久性やコンテナへの取付で安定しません・・・(´・ω・`)
デカールも良いのですが、クリアー吹いたりが面倒。吹かないとだんだん劣化してくし。

ということで、余ってる無塗装コンテナの在庫を使い今回久々に架空コンテナを増備。
今回はダイソーなどの100円ショップでも売ってるようなラベル用紙でチャレンジしてみました。
IMG_0630
これなら、コスト、手間、耐久性の面でバランスの良い手法だと思います。
無塗装コンテナでも良いですが、中古屋でバカみたいに安く大量に見かける鉄むすコンテナを使う手がもっと安上がりかも。

IMG_0635

IMG_0640
某カメラの外箱っぽく作ったコンテナ、なかなかふいんき(←なぜか変換できない)出てると思いませんか?(笑)

 

増備計画はまだまだ続きます。
koki
ここの会社がまさか製品化許諾出すとは思ってもなかったです・・・。
もちろんこれも増備が決まっていますが、導入両数で悩んでます。とりあえず2両くらい入れようかとは思ってますけどね。

 

コンテナ貨物だけで結構いっぱいいっぱいで残念ながらタンク貨物の導入計画は今も白紙です・・・(笑)

四国巡り旅行記 その3 ~フェリーで渡る夜の瀬戸内海~

IMGP4269

◀◀◀前回はこちら。

 

さて神戸に着いたわけですが、ここから「うどん県」高松行きのフェリーに乗り込みます。
神戸~高松には「ジャンボフェリー」という高速フェリーが一日4往復往復されています。
この船、予約も要らなければ2千円でお釣りが来る(昼行便)というリーズナブルな運賃。
しかも鉄道や高速バスの設定がない深夜便もあり、こちらも通常運賃に300円足すだけ。
青春18きっぱーなどの人気が高いとはよく聞きます。
MacOSX6
●ジャンボフェリーサイトへ

 

IMGP4269
DSC_3899
神戸側ののりばは三宮の新しいフェリーターミナル。三宮駅から徒歩で30分ほどの距離。乗船受付と待合室しか無い質素シンプルな乗船場です。
ここからは宮崎行きのカーフェリーも出ていますが、カーフェリーは一日一本。ジャンボフェリーの発着の時間帯が一番賑わっているようです。

この日は金曜深夜(=土曜未明)とあり、土曜ダイヤの0:45が出発時刻。
0時前に入港して、折返し整備後0時過ぎに乗船。
DSC_3904

この船、お座敷タイプと座席タイプがありますが、大半はお座敷のようです。ゴロンとできて楽でしょうね。自分もその一角に転がります。

 

IMGP4282
IMGP4284
定刻に出発し、1時を回るとうどんの販売が開始
うどん県に上陸する前にうどんが食えちゃうのも魅力・・・(笑)
この船も発着する小豆島の名産オリーブを使ったメニューも。

 

高松までは4時間の行程。深夜便は高松に寄港してから小豆島へ向かいます。
寝るにはやや不足な移動時間にも感じますが、夜中に安く移動できるところはなかなか良いことなのだろうと思います。
実は揺れる船の中でなかなか眠れず朝の特急の中でウトウトしてたのは秘密ということで・・・(;´Д`)

 

高松港からはシャトルバスで10分でJR高松駅前。
定刻通り着きました!
DSC_3909
長い旅はまだまだここから。
長い一日の始まりです。

 

(つづく)

最近入線した車両たち ~EF66編~

IMG_0085

九州方面のブルトレを手にしてからずっと欲しかったEF66をちょっと前に入手しました。

IMG_0085
IMG_0080
IMG_0081
平針のラディッシュで1800円くらいでした。
80年代のKATOの旧ロット品(スカートが首をふるやつ)でナンバーも金属パーツでないものですが、出来は良くきれいな車体をしていると思います。流石はKATOです。
TOMIXの旧製品も同じくらいの額でゴロゴロしているようです。

さて購入時は片側はKATOカプラーNが装着されていましたが、当鉄道ではTOMIXのカマが多くアーノルドカプラーかTN密自連のどちらかにしているので、TN化して余剰になっていたTOMIXのアーノルドに交換

旧ロット品で、しかもKATOの電気釜の構造がいまいちわからず、分解と組み付けに非常に苦労させられました・・・(;´Д`)
中にあった抵抗は無くても大丈夫なようなので、邪魔なので取り外しました。

ちなみにもう一方はダミーカプラーでしかもスカートも固定されちゃってます。
さてどうしたものか、まだ考えてますw

 

EF66は貨物もブルトレも幅広くこなしたオールマイティーな機関車なので、何を引かしても面白い車種だと思います。

四国巡り旅行記 その2 ~夜のKOBEひとり歩き~

IMGP4234

前回はこちら

 

久々の投稿です。前回は難波まででしたが、その続きです。

IMGP4234

難波からは阪神電車で神戸へ出ることにします。
DSC_3822
快速急行神戸三宮行 阪神1000系 大阪難波→神戸三宮

この時期(12月)はルミナリエのせいか三宮に近づくほど混雑してきて、大阪からの帰宅通勤客とルミナリエ客でごった返してました。

 

リア充だらけなのが容易に想像できるルミナリエには個人的には行きたくなかったので、ハーバーランドにでも出てみようかと思います。
ハーバーランドは小学生の時に日帰りツアーで訪れたことのある土地で、その時はバス移動でしたが、
今回は「夢かもめ」なる愛称がついた神戸市営地下鉄海岸線へ・・・。
DSC_3839
神戸市営地下鉄海岸線 新長田行 5000形 三宮・花時計前→ハーバーランド

19時前、この時間帯は普通なら通勤ラッシュの時間帯ですが・・・、
DSC_3836
びっくりするほどガラガラ・・・(汗)
4両で、しかも1両は女性専用車両、鉄輪式リニアの小型車両という条件が揃っていてこの混雑率はどうよと思っちゃう。
阪神淡路の震災で海岸地区の人口が大幅に減ったのと、JR阪神はおろか西神山手線もさほど離れておらず、乗客の移行は思った以上に伸びてないみたい。
ってか、この混雑率で女性専用車両要らんやろ・・・。

***

さて、ハーバーランドですがルミナリエに負けないほど夜景が綺麗だと思います。
小学生の時はまだデジカメを持ってなかったので、祖父からPENTAXのフィルムカメラ(ESPIO140M)を借りて神戸の街を撮ってましたが、ハーバーランドに移動したときに電池切れを起こし泣きを見ました。この辺り、当時も今もそうですが電池やフィルムを置いてる店が殆ど無いどころかコンビニもあんまり見かけないんですよね。
今回訪れた際も数少ないコンビニであるセブンは混雑してました。
というかどうでもいいけど、リチウム電池ってなかなかコンビニにも無いよね(笑)

DSC_3885
あのときはフィルムカメラの電池を探しにモザイクや阪急百貨店(当時)をぐるぐる回っていたのを記憶しています。結局電池は断念して、帰宅後電池交換して残りフィルムは消化しました(その前に訪れた南京町の写真はバッチリ現像されてました)
今回はもちろんデジ、それも一眼なのでちゃんと充電してればバッテリー切れは怖くありませんでした・・・(笑)

DSC_3889

神戸モザイクのある場所は今となってはモザイク部分も含め、イオンモール運営のumieというショッピングモールとなっています。地元の人のための買い物場と観光客向けのショッピングスポットが一緒になったモールというのもなかなか珍しいと思いますね。

 

さて、ハーバーランドの夜景をひと通り見たところで四国行きのフェリーターミナルへ移動しましょうか・・・。
IMGP4269

(つづく)