TOMIX 313系セントラルライナー 入線!

DSC_5478

DSCF1021

DSC_1064

DSCF1017

DSCF1016

DSCF1054

313系8000番台。

有料列車「セントラルライナー」のために投入されるも、その銭とられるセントラルライナーは十数年で廃止。
一日3本(しかも平日のみ)のホームライナー運用のためにアコモデーションそのままに、昼間は普通や快速で運用しているその姿を見るとちょっと淋しく感じたりもします。
でも高蔵寺始発の普通にこれが入ってるとなんだか嬉しくなって座席を狙いに行く車両だったり(笑)

 

さて本日この8000番台に乗って向かった先は大須のキッズランド。
こいつの模型がTOMIXから発売されましたので、予約分を受け取ってきますた。

IMG_0339

DSCF1059
帰り待ちきれず実車の中で開封・・・。
地元民だから成せる技(爆)

 

313系8000番台のNゲージ模型は、登場直後の2001年にモデモ2009年にはKATOから出ており、TOMIXは3社目になります。
KATOの313系は再販要望が多いのですが、5000番台ともども出ませんね・・・。
TOMIXはKATOが出ないのをあえて狙ってる感。
モデモのは動力無しが2012年末に大須キッズランドに塚ってたのでGETしているんですが(たしか税込みで4000円くらい)

 

IMG_0327
前面。幌枠がなぜか227系のになってて改悪・・・。KATOのAssyの幌をポチろうか迷うところ。

→【追記】メーカー発表あり。正しい幌枠を送っていただけるようです。
方向幕のフォントも感覚が空いているのかバランスが悪いように見えます。
真正面から見た全体のバランスは良いと思いますけどね。

IMG_0333
右がTOMIX。
幌は応急で出っ張りを除去していくぶんかは見栄えが良くなったかと。
方向幕はモデモのほうがバランスが良いのでモデモのステッカーから拝借することに。
TOMIXはバンパーの出っ張りがうるさい以外は次第点かと。
モデモはちょっと銀の乗りが少ないかなぁ。

IMG_0319
横から(右がTOMIX
オレンジ帯はモデモのほうが強く、メリハリがあります。対するTOMIXはあっさり目で淡々と描かれた感。どちらが好きかは好みの問題でしょうか。
モデモでは面倒なシールだったドアボタンはTOMIXでは印刷となっており、実車に近い大きさと表現になっています。
台車は意外なことにモデモのほうがシャープで、それを見てるとTOMIXの台車のモールドの甘さが気になるところです。
メリハリが強いモデモに対して、あっさりながら細部まで忠実なTOMIX。TOMIXらしい描写です。
そしてTOMIXはやはり座席が未着色なのが残念・・・。

 

IMG_0325
メイクアップ。今日のためにかなり前に仕入れておいたステッカーの出番~。

 

IMG_0329
TOMIX車両は側面の方向幕が印刷されないのがデフォなので、モデモのステッカーを利用して号車表示と方向幕を装飾。
車番はBトレのステッカーを貼り付け。楽なんで。インレタ面倒いんだよ・・・(;´Д`)

 

これでようやくモデモ8000番台のちゃんとした相方が見えた、という感じです。同じTNなのでモデモ製品を活用するとなるとKATOよりもTOMIXで出てくれたほうが個人的には良かったので、いいタイミングで出してくれたと思っています。
遠くから見るとあっさりながら、細部は(KATOには及ばないにしても)よくできていると感じ、TOMIXらしい出来栄えだと思います。
TOMIX製品はKATOやモデモと違って2編成入った6両セットですが、正直言うと6両の運用のほうが断然多いわけだし、2編成あればセントラルライナー現役時代と廃止後の現行仕様、そんな感じでいじり甲斐があるのでこのパケージングで正解のように思えます。

 

ちなみに今回改めて感じたのは、意外とモデモ製品が健闘してるなぁということ。
方向幕などのステッカーはTOMIXよりも断然良いし、台車のモールドなどメリハリが強く遠目からでも印象に残りやすいシャープな造形に思えます。
ステンレスの地色と各パーツの組付けと走行抵抗がイマイチなのがモデモですけど、そこの部分が今のモデモの技術力で改善できればもっと良い313系Nゲージができそうな印象ですけどね。
モデモさん313系リニューアルで再生産してくれないかなぁ・・・(笑)

トワイライトに消えないで

北斗星カシオペアと来れば、
自然に欲しくなるのがこれ↓

 

DSCF8944

「トワイライトエクスプレス」っていかにも高級そうなネーミングがすごく印象に残ります。

走るホテルと言われんばかりのこのカラーリングが、まさに寝台列車の代表格を感じさせます。

 

このトワイライトは北斗星やカシオペアと違い、KATOの製品化が意外と最近なこともあり、なかなか中古のタマに出会えないのがネック。
そりゃあ「さよならトワイライト」に叩けるカネがあればそっちに飛んじゃうだろうけど、もちろんそうにもいかない(汗)
中古で出てても、スシのテーブルが付かないTOMIXの旧製品で、これも意外と高価だったり。
と言うか、まずトワ色EF81のカマが見つからないんですけどね(;´Д`)

 

IMG_0095-2
そんなある日、ジャンクのEF81トワ色(上写真右)を発見。パンタもないし、片側のスノープロウもなくなっていたもの。それでも、動作はスムーズでTOMIX旧動力の信頼性の高さを感じつけられたのです(笑)
スカートパーツが近くでなかなか売っておらず、客車を探しつつ模型店巡回。

そしたら、某所のジョーシンでトワのベーシックセット安売りで1万切っているのを見てしまい、心揺らぐ。
しかも「ジョーシンスペシャルセット」と称されたこいつには、なんとスシ24も入っているのだ。
IMG_0022
というわけで、レールとパワーパックは他所に売っぱらうつもりで買ってきた(笑)
中古で探すつもりだったけど、結局新品を買ってしまう結果となってしまったのだ・・・ヽ(=´▽`=)ノ

ついでにジャンクバラシ(旧製品)1両も見つけて、EF81+客車4両という編成ができあがる。

IMG_0101
カマのEF81、新と旧は動力と塗装こそ違えど金型は全く同じもののようです。
先に入った旧の方には片側は分売のPS22、もう片側は余っていたKATOのPS22を取り付けてみた。そう違和感はないと思う。
あとは片側TN化。EF210のTNパーツを移植したので色が違うが気にしないことにしよう。もう片側はまだスカートを買っていない(汗)
ナンバーは旧が133号機だったので、新は134号機に。旧で欠損していたメーカープレートも新品からもらうことに

 

客車の方は中間KATOカプラー化、端部はTNにしてみました。134号機と連結するときのカプラーアダプタも別途用意しております。
IMG_0045
スシ24はもちろん光る現行ロットなので嬉しい。ただ、実物のライトは電球色なんだけどね・・・(笑)

 

DSC_0513
とりあえずレンタルレイアウト(一宮の浪漫さん)へ持ってみました。
やっぱ編成にすると味が出るねー。

 

でもトワで特徴的なスロネフとロビーカーがこの編成にはないんですよ。
スロネフとロビーカーは今後見つかり次第捕まえる方向で・・・(笑)

自作室内灯開発中・・・

最近模型ばっかりやっている自分が注力しているのは、既存模型のグレードアップ化
そのうちのひとつが室内灯組込です。

 

これまでは新車導入でやっとで、なかなか室内灯にまで割ける予算がありませんでした。
たまたま中古で入っていたとか、そもそも標準装備だったりとか、くらいでした。

でも、昔はそれでも特に問題なかったんです。
しかし寝台列車が去年続々と増備されると、やっぱり室内灯がないと今一歩映えない

とはいえ、純正で導入するとなると多額の投資が必要で、その費用で1編成新車導入できちゃうレベルですから入れようという気になかなかなれませんでしたね。
F MODELSのものとかだともう少し抑えられるけど、それでもコスト的にはつらい。

 

無いのなら作ってしまえ!
とはよくいいますけど、なんとハンダ付けさえできれば1両100~200円ほどで施工できる方法があるらしい・・・。

というわけで試作品チャレンジ。

IMG_0018 (4)
用意したのはテープLEDブリッジダイオード
それに加えてTOMIXならコイルばね(WAVE製がおすすめみたい)、KATOなら銅板を用います。

 

led

テープLEDはアマゾンで200円ちょっとでなんと5m(50両分)入手可能

ブリッジダイオードは極性に関わらず照らすのに必要で、ちょっと高めですが名古屋なら大須のアメ横で入手できます(1個54円)

 

・・・他のユーザーもよくやっているオーソドックスなテープLED室内灯なわけです。
自分では自作しなくとも、庄龍鉄道さんの「グランライト」などでお世話になっている人も多いのではないかと思いますし、タムタムのTORM室内灯もこれの原理を応用したものです。
これを、不器用でも作れるようにさらにシンプルにカスタマイズできないものかと、色々考えているんですけど・・・。

 

まず試作1号機は名鉄6800系に組み込み。
どうしても天井にうまくくっつかず、やむを得ず床板に貼り付け。
IMG_0039 (4)
IMG_0040 (4)

次にKATOのキハ25にも取り付け。
集電部分の自作は意外とKATOのほうがラク。
20m車なんで10cm使えるけど、試作だったので5cm分のみ。それでもムラは出ちゃうけど充分明るい。
IMG_0140 (3)

パノラマスーパーにも付けてみました。
パノスパの展望席部分は構造上TOMIXなどの市販室内灯がつかずせっかくの展望席に光が行かないのですが、テープLEDなら柔らかいので展望席部分まで伸ばせルンです。
IMG_0181 (3)

 

さぁ、これで先日(といっても先月ですが)試運転をしてきたわけですが・・・。

DSCF9741
全然明るくなりません。゚(゚´Д`゚)゚。
停車中はまだしも走行中は光ってないのと同じくらい(泣)

キハ25は光具合はまだいいんだけど、なぜかカーブで曲がれず脱線するようになってしまうし・・・。

 

電子オンチなので何が問題なのかさっぱりわからず・・・。
詳しい人いましたら、ぜひ教えていただきたいものです。

うまく行けば自作室内灯をドンドン組み込もうと思ったのですけど・・・。
というわけで現在は開発停止中・・・(´・ω・`)
近いうちに改良できたらやりたいものですけどねえ。

 

↓コメント・いいねお待ちしております~
ブログ更新の原動力になりますので。

ドコモのカケホーダイ 解約

ミクスマホ契約から続けてきたドコモのカケホーダイ契約を2年縛りが解けたことで打ち切りました。

ドコモでのカケホーダイ契約での月料金は、パケットプランを最小の2GBとしてU25割を適用させても毎月9千円ほどかかってしまっていました。
携帯代を少しでも安くさせるため、格安スマホであるフリーテル雅をワイモバイルで契約し、次第にメインを移行させており最後までミクスマホが専属で使っていたのはLINEだけになりました。
友人とはほとんどLINEで済ましていますし、各種サービスや家族とのやり取りもワイモバの新番号にほぼ完全に移行させています。

解約金のない月が8月と9月になるため、その最終日である今日ぎりぎりで手続きを行ってくることができました。

 

はっきり言えば、あまり通話しないしパケット量もキャンペーンやパケットマイレージボーナスなどでドコモ時代より多く、ワイモバだけでも充分ではあるのですが、一つだけ問題があって。
そもそもドコモ契約を始めたキッカケのひとつがdアニメストアの利用で、ドコモ回線がないとクレジット払いしか対応できないため、銀行引き落としでもサービスを受けられるように回線契約した経緯があります。
現在でもdアニメストアでの銀行引き落としはドコモ回線所持が条件なのは変わらず、これをクリアさせるにはガラケーでもなんでも良いから何かしらの回線(=電話番号)を持っておかないといけないのです。

 

もちろんXiのプランを継続させたくないので、ここでFOMAプランの登場です。
最初はミクスマホ乗り換え前に使っていたiPhone4SをSIM下駄を用いて再復活させようかと思いましたが、失敗のリスク等をふまえ、やめました。

そうなるとガラケーもしくはXi非対応の3Gスマホが必要になるので、ひとつ買ってきました。

dscf8489
k0000251266
富士通のF-12C
ARROWSブランドが始まる前の2011年モデル。
いつの間にかドスパラ横にできてた大須のイオシスさん2980円でした(ネット通販でも中古携帯が一番安いのはイオシスでした)
決めては一番安かったこと、それだけ。2980円の機体はこれ以外にギャラクシーS2もあったが爆発頻発のチョンメーカーなんか使いたくないので、これ一択。
単純な比較でもギャラクシーS2に比べて防水などでカタログスペックは高いので・・・

%e7%84%a1%e9%a1%8c
ドコモ端末なので残念ながらバリュープランは適用できないのですが、FOMAベーシックプラン「タイプシンプル」、これに2年縛りの
「ひとりでも割50」適用でもだいたい2千円前後
に抑えることができました。
これなら、ワイモバとの併用でもドコモXi1台体制よりも安い上スペアも持てるのでどれかがあぼーんした時の不安も少ない。
パケットは外では使わず、どうしてもの時は雅からのテザリングを使用することにして、基本は電話回線+Wi-Fiで運用するつもりです。

 

そして、ミクスマホは2年と2ヶ月に及ぶドコモ回線での運用は今日で終了
当分はLINEも含めて雅に移行させたあと、後日SIMロック解除とワイモバのシェアプランを適用の上、ワイモバのSIMで運用復帰の予定でしょうかね。
まずはひとまずおつかれさま、と
( ´∀`)b

引っ越し

3度めの引っ越しが今日終わりました
(;´Д`)

 

今度は築浅ではなく、尾張地方のとあるニュータウンの団地に入りました。多少の不便はありますがこれで家賃は1万円近くカットとなります。
退去日と入居がずれ込んでしまったため、6月30日に引越屋にPC他家財を預けて、自分は必要最小限のに持つだけ持って春日井や三重県のほうへ短期の居候生活となりました。
三重県へいけたからこそ、あすなろう鉄道などへも行けることができましたが(笑)

月曜日に鍵を受け取って入居となりましたが、引越し屋に預けた荷物が来るのが今日となり今日までは居候生活でした(笑)
月曜は電気ガス水道開栓とエアコン設置(エアコン無し物件です)
DSCF8017
DSCF8018
エアコンはジョーシンで一番安いモデルですが、今年発売の現行モデルのようです。

今日は引越し屋の前にCATVの工事業者が来てCATVインターネットの開通工事を実施。

以下、引越し後の配置が一段落済んだ状態の画像。
DSCF8014

DSCF8025

DSCF8027
趣味の品は今回は押入に入れずに寝床の横にある程度おいておくスペースを作りました。
左のボックスはホームセンター等で1000円位で売っているもので、積み重ねが可能。今は1個ですが、徐々に増やしていく予定。
右のダンボールはダイソーで108円。鉄道模型のブックケースにぴったりなサイズなんです。これも追加予定。

DSCF8024
以前の時よりもPCまわりは複雑に。
というのも、今回CATVは地デジBSも含めたコースで契約してしまったことが原因。この団地、地デジはCATV経由・BSはアンテナ経由なんですが、勘違いして地デジもアンテナ経由だと思っていたので
「三重テレビが見えない!」
を回避するためにCATV会社に伝えてしまったことが原因。おかげで、特段必要のないSTBがPCケース上に追加。
ま、実質3チューナーになったからいいか(笑)
せっかくだからベーシックコースに格上げしてANIMAXとか見れるようにしよかな(笑)
録画機器なんかはハードオフのジャンクでいくらでも手に入るもんで・・・。

右のモニタは11日のテレビ受信開始からFS2333到着までの2日間を凌ぐために購入。ハードオフで2千円のジャンク。スクエアモニタ・HDMI無しがだいたい相場の2kジャンクの中でHDMI・HDCPにちゃんと対応してるからすごい。
ボタン部がまともに機能しないどころかボタン操作するとブチッと電源が落ちる。音量調整すらできない(笑)
何も触らなければまともに使えるので、録画設定やブルーレイレコーダーの確認にはすごく助かりました。

今回はエアコン以外に目立った新調はしてませんが、収納用品はまだ足りないから少しづつホームセンター等へ行って追加したいですね。

最近入線した車両たち Part1

更新が滞っている期間中に導入した車両たちをご紹介します。

313系5000番台

DSCF7459
TOMIXの313系が発売されました。
前面部の部分などで評価が分かれるところですが、前面の白の塗色はKATOよりもよくできていると思います。
なによりもモデモの313と改造なしで連結できるようになったところは大きいですね。
300番台と組み合わせて8両のフル編成を楽しんでいます(^^♪
DSCF7440

189系あさま

DSCF7529
これは先日の記事でもご紹介した189系ですが、レンタルレイアウトでの走行写真を新たにお見せします。

EF510カシオペア

DSCF7622
TOMIXのEF510とE26系カシオペア2両を中古で導入しました。
中国製ですが、出来は日本製313系よりも精巧に作られているのでは?

DSCF7708
EF510のカシオペア色は北斗星色と共通運用だったので、北斗星の運用も実際にありました。
北斗星との接続もなかなかさまになりますね(^^♪

初登頂と189系のお話

この間、ぶらっと名古屋へ出かけてきたのですが、前から行ってみたかった有名スポットへお出かけしてまいりました。

南山大にほど近い八事日赤駅から歩いて5分ちょっとのところにある「喫茶マウンテン」さん。
Wikipediaにも単独記事があるくらいファンの多い超有名店。
現代名古屋メシを象徴するお店の一つでもあります。
20年も愛知に住んでいて、全く行ったことがなかったので行ってみたいと思い行ってきましたよ。

……と、その前に時間があったので、天白の平針に寄り道。
IMGP3906
以前も行った中古模型屋の「ラディッシュ」さんへ立ち寄りました。→以前に行ったときのブログ

7両で4,800円の値がついたいかにも安そうな車両があったので、お店の人に確かめてもらったのですが、動力とライトは正常に動くし、車体も綺麗で「お値打ちですよ!」と言われるくらい異様に安かったのでした。
トミックスの313系が土壇場で延期となり食傷気味だった私はこの車両をペイすることに。

DSCF7366
DSCF7368
KATOのケースには183系1000番台と書かれており、中もおそらくそれと思わせる車両が入っているのですが、よく見たら車番の印刷が消されていてその上から189系のインレタが下手っぴながらもされていたのでした(大汗)

DSCF7370
ま、でもこの状態で7両が5千円以下で買えたのは確かにお買い得ですね(*´ω`*)

 

さて、それから急ぎ足ながらも八事日赤に移動。
時刻は土曜の午後6時過ぎ。
DSCF7364
土曜ということもあって、混雑しています。
これだけ繁盛している喫茶店って、あんまりないかも。

このマウンテンの特徴はなんといっても「ボリュームの多さ」と「メニューの多さ」
メニュー表には一覧がびっしりと書かれていて、主力のパスタだけでも50種類くらいあるようですね
(゚д゚)!

ワイはその中で「クリーム明太」を注文。
IMGP3943

……すごく美味でした。
ボリュームも12時間何も食べていなかった自分が完全に満腹にできるほどの量で個人的に大満足。

DSCF7373

DSCF7374

夜も22時までやっているので、夜ご飯も充分に食べられるのは良いですよね。
こういう店が近い南山生がすごく羨ましいですよね。メニューたくさんあるから毎日行っても飽きんやろうし(笑)

 

このメニューの豊富さもファンを虜にさせるのでしょうか。
コストパフォマンスは最高。また行ってみたいです。

583系団臨(2016/4/27)

先月の末に寝台電車583系の団臨が地元を通りました。
事前にTwitterで見かけたダイヤをもとに、名駅か尾張一宮かで迷いましたが、名駅は混みそうな気がしたので尾張一宮での撮影にしました。

DSCF7105

4月末に運行されたニコニコ超会議号の送り込みも兼ねて、所属の秋田から大阪までツアー列車として運行されました。
3セク化のために北陸線経由が使えないので、新潟から上越・高崎線を経由して湘南新宿ライン(上野東京ラインかも。首都圏内無停車なんでどっちかは知らない)を通り東海道線に入ってくる運行ルートでした。
静岡から先は定期列車と並行して走るため、浜松・新居町・名古屋・尾張一宮などで運転停車を行って定期列車を先に通して583系自体はゆっくり走るダイヤとなっていました。
名古屋駅は11:02着・11:17発、尾張一宮は11:32着・11:44発。各駅で乗り継ぎながら撮影している方も多かったようです。
使用編成は秋田車両センターのN1N2編成。

IMGP9336
尾張一宮の表示は「団体」でした。

時間が近づくに連れ、撮り鉄の方が増えてきましたが、トラブルや混乱は全くありませんでした。
11:32、定刻到着。待避線の4番線に入線します。
IMGP9374

尾張一宮の駅名票との組み合わせはすごくレアな光景。
IMGP9409

こういうところ結構萌えますw
IMGP9382

このパンタグラフは畳まれていました。非常用でしょうか?
IMGP9397

DSCF7098
DSCF7097
方向幕は「団体」の車両と「臨時」の車両が混在。先頭のヘッドマークは両方向とも「臨時」

11:39発の大垣行き快速(313系Y101編成)が3番線に到着。313との並びも最高(¯▽¯)b
IMGP9398

IMGP9404

そんなこんなであっという間の12分間でした。583系の発車時にちょうど真横の名鉄一宮に入ってきた1700系がミュージックホーンをフルで鳴らすといったお家芸も。動画撮っとけばよかったなぁ~(-_-;)
普段見ない車両なだけに、いつもの駅が新鮮味にあふれていている気分でした(*´ω`*)

■おまけ
IMGP9345
EF65-2127。

IMGP9358
1800系+1200系RN車
RN車名鉄らしくない(´・ω・`)

Power Mac G5

さて、ようやく到着しましたよ、Power Mac G5

IMGP8109

10kg超えのアルミ筐体はやはりぐっとくる重さがありますね。
シンプルなデザインなやはりAppleらしいところですよね。

IMGP8114

ジャンクですが中身もHDD以外は全て入っています
中もすっきりとしたデザインで、Windows機によくあるごちゃごちゃ感が見られません。
ホコリの溜まりも少なく綺麗ですね。

IMGP8116

メモリ摘出。
なんと128GB!!
初期状態のまんまや!

2枚でも256MBしか無いので、これではUbuntuすらまともに動きませんw
合計で1GBは欲しいので、メモリは探した方がいいですね。

DSCF6943
型番。
10年以上もほぼ初期状態のまま耐えてきたと思えば、かなり長寿ものですわw

とりあえずメモリ容量の不足と電源ケーブルとモニタを探しに行ってから、SSDにUbuntuを入れていきましょうかね。

PIONEER Private AV7

さて、昨日お話しました「PC音源向上計画」のお話。
早速プロジェクトが始動しているのですが、早くも新規機材が入ってきましたのでご紹介をします\(^o^)/

近所のハードオフのジャンクコーナーにあった、パイオニアのシステムコンポです。
DSCF6930

じゃ~~~ん!

店頭では「J720シリーズ」としか記載がありませんでしたが、調べてみるとこの一式は「Private AV7」というセットで販売されたようです。
カタログを掲載されているブログさんによると1995年3月の時点で販売されていたとの情報がありますので、バブル期の機種ではありませんが、これでもかなりしっかりと造ってあるようです。
デザイン的にも90年代チックですし、ボタンの数などもバブル期の機種と比較するとかなりコストダウンした努力がよく見えますw

 

さてこのコンポですが、1,080円でした。
「通電した」と記載があるだけで、その他未チェックの模様。
1,000円なら多少のリスクはありましたが、逝ってみましたw
ah_IYH

結局デカいため自転車には案の定乗り切らず、名タクを呼ぶ羽目になり本体より高い金額が飛びました(大汗)
まぁヤフオクの送料くらいと思えば高くないと思おう(;´Д`)

家についたら早速動作チェーック!
本体の各コンポーネントを結ぶケーブルとCD/LDプレーヤーの電源ケーブルは付属していましたが、アンプ部に接続する電源コード(これがないとスピーカーから音が出ません)とスピーカーケーブルがありません。
とりあえず電源コードは端子が眼鏡型でしたんでカメラ用にあったやつを挿し、スピーカーケーブルはビクターのミニコンポから臨時で持ってきました。

接続して、スイッチオン。
DSCF6931
ブイーーーーーン
商品説明どおり、通電はOK。
肝心の気になる点はCD再生ですので、音楽CDを入れて再生ポチっとな。
…ちゃんと問題なく再生できました!!!

ah_IYH
イヤッッホォォォオオォオウ!

ちなみにカセットは駄目でしたがCDの再生とアンプ・スピーカーの動作はOKでしたので、最終的にはこのアンプとスピーカーにPC音源を通せるようにやってみたいと思います。

ハードオフさんも侮れないです(^_^;)
いい買い物でした\(^o^)/