2台のRollei35

久しぶりのブログ更新となります。

 

この間、修理に出していたRollei35のテッサーレンズモデルの修理が上がり、早速試写に行ってきました。

クセナーレンズ付きのRollei35の作例も合わせて。

 

FH000003

Photo:Rollei35(Tessar) FUJIFILM100

帰ってから2台を見比べてみると、意外と面白い違いに気づきました。以前ニコイチなんじゃないか?と疑ったテッサーモデルは、やはり上部と下部で違う個体からできているようです。完全にシンガポールなクセナーモデルのファインダーと形状が違い、クリアで視野も広く、離れていてもはっきりとブライトフレームが見える。間違いない、ドイツ製ファインダーだ、と。また、「Rollei35」の文字の太さもぜんぜん違うのだ。

テッサーモデルのシリアルがシンガポール製ではありえないほど若いのもファインダーを見えば、なんとなく納得だ。一方のそれより下部は別個体から調達したシンガポール製部品であろう。今回修理対象となった巻き取りギアはどっちだったのかはまだ定かじゃないが(笑)

 

テッサーの描写はまたクセナーと違って面白い。ブログの画像は残念ながら縮小しているが、縮小しない状態であれば、細かい文字もはっきりと確認できる、テッサーじゃないと成し得ない技かも。

FH000017

Photo:Rollei35(Tessar) FUJIFILM100

 

一方のクセナーモデルは、ちょっとビンテージの匂い。シャープネスなどははるかにテッサーに及ばないかもしれないが、見たままの描写をテッサーがするなら、クセナーはそれに懐かしく感じさせる匂いをプラスされる印象。あっさり系のテッサーと、こってり系のクセナー。

FH000022

Photo:Rollei35(S-Xenar) FUJI SUPERIA400

 

どちらも、描写力は下手なコンデジどころかミラーレスよりいいかもしれない。

FH000018

Photo:Rollei35(S-Xenar) FUJI SUPERIA400

 

味気ない日々に、ポケットサイズのこの筐体が味をつける。これさえあれば、生活はもっと豊かになる。

Rollei35は、まさに真のコンパクト・アーティスティック・カメラだと思いますね。

テッサーじゃないRollei35

先月末、Rollei35にフィルムを通して、撮影しに行こうと思ったら…

巻き上げ不良でレンズ沈胴せず!∑(゚д゚lll)

IMGP3503

Photo:PENTAX Q-S1 + 01STANDARD PRIME

 

真っ先に、今池にある「マツヤカメラ」さんへ。ここにしたのは、いつもお世話になってるトップカメラよりもオールドカメラの知識がありそうだと思ったから。

私「あの~、このRollei35なんですが・・・・」

店主「うーん、レンズ沈胴しませんね・・・。ちょっと売り物のやつと比べてみます」(と言いつつドイツ製のRollei35を取りに行く)

私(ちょっと巻取り部を触って)「あれ、巻き取りできるようになりました。レンズも珍洞します」

店主(フィルムを通すが途中で巻き取り不良)「うーん、たぶん巻き取りギアの歯車が欠けてるんでしょうかね」

ということで、やむなく修理行き。

 

この日はせっかくのフィルム日和だったのに、とちょっと落ち込みながら栄のトップカメラへ。

Rollei35がある店を見てると、15kとやけに安いRollei35があったので覗いてみますと、

「S-Xenar」

 

………………

 

…………………

 

……………………(゚д゚)!

 

IMGP3515

Photo:PENTAX Q-S1 + 01STANDARD PRIME

 

Rollei35にはテッサーじゃない個体もあります。それが「Xenar」こと、シュナイダー社製のクセナーレンズを詰んだRollei35。テッサーレンズの不足に依るもので、1年足らずの生産だたったため、希少価値が高いんです。

でも、目の前にあるこれは15千円なんですよ、クソ安かったのでかいまして、フィルムを通して試写。

 

使い勝手と作例は、次回としましょう。

SAKURA 2015

本日は私のカメラオールスター感謝祭(笑)

様々なカメラでとらえた今年の桜の様子です。

 

■D700

D700とX-A1の桜は先月末、桜上水で撮影しました。八分咲きほどで、満開まであともうちょいというところでした。この日は晴天に恵まれ、空と桜のコントラストを楽しめました。

フルサイズ機D700の描写は、やはりほかとは一線異なるタッチで、カリカリとした中心部と、フワフワとしたボケの両立が上手いです。

DSC_9127

Photo:Nikon D700 + AF-S24-85/3.5-4.5G

 

■X-A1

今年撮った桜で一番良い出来に仕上がっていたのがこのX-A1で、CMOSだけどフジらしい爽やかな感じがします。D700同様好感度が強く、ここまでカリカリかつ鮮やかな描写ですと、ファインダー付きのX-E1あたりも触ってみたいと感じてしまう禁断の果実、それがX-A1。

DSCF6105

Photo:FUJIFILM X-A1 + XC16-50/3.5-5.6OIS

「ドラマチックトーン」を使うと、肉眼では見れない変わった視点から楽しめます(^^♪

DSCF6085

Photo: FUJIFILM X-A1 + XC16-50/3.5-5.6OIS ドラマチックトーン

 

■K10D

ピントずれが指摘された(詳細後日)K10Dですが、桜の撮影ではほとんど不便を強いられることなく、D80に近い仕上がりの絵が出てきました。CCDだけどD80同様のあっさりとした色目です。解像度も申し分なし。

IMGP7294

Photo:PENTAX K10D + DAL18-55/3.5-5.6AL

 

■α77

久々に使ったα77ですが、低感度での力の発揮ぶりは相変わらずです。3軸チルト液晶がバリバリ使えるのもα77の良いところですね。解像度はイマイチだけど、ボケ味は一級品です。

DSC05828

Photo:SONY α77 + SIGMA18-50/2.8EX DC MACRO

 

■COOLPIX2000

13年前のクールピクス2000の200万画素でも、充分桜は楽しめます。ISO上限が100なので風が強いと厳しいですが、無風かつ明るい時間帯なら申し分なく撮れます。白飛びしやすいのが難点ですが、発売時期を考えるとむしろ優秀。ニコンらしく、CCDだけどあっさり目の色彩です。マクロモードは桜のクローズアップに強い威力を発揮出来ました。

DSCN0053

Photo:Nikon COOLPIX2000

 

■D50

では一方で、一眼レフのほうは、といいますと、こちらも申し分ない描写です。中級機のD80やK10Dと違って、ややこってり目の色が出てきます。D50はエントリー機で、ややリアルさを犠牲にしてターゲットのファミリー層に合わせた色彩なんでしょうね。これはこれでいい味出していると思いますが。

DSC_0057

Photo:Nikon D50 + AF-S24-85/3.5-4.5G

DSC_0063

Photo:Nikon D50 + AF-S24-85/3.5-4.5G

 

■LUMIX G1

G1とE-M5はオールドレンズとの描写も見てみました。

パナらしくリアルに近いスッキリとした仕上がりなのが特徴になってます。FDレンズとの相性も良く、G1特有のくせのあるシャープ感を味わえます。

P1020970

Photo:Panasonic DMC-G1 + FD28/3.5SC

P1020962

Photo:Panasonic DMC-G1 + FD28/3.5SC

 

■OM-D E-M5

最後はE-M5。パナレンズとの相性が良いだけでなく、テッサーのくせのある色合いがかなりいいです。アートフィルターの「ポップカラー」と合わせれば、さらに桜の味が引き締まった感じになります。解像度も良好です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Photo:OLYMPUS OM-D E-M5 + Tessar2.8/50

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Photo:OLYMPUS OM-D E-M5 + LUMIX G14-45/3.5-4.5

 

今年は去年移行に導入したカメラでとった桜を見てみましたが、どのカメラにも一長一短ありまして、その違いが端的に現れるのがこの桜の描写だと思っています。

今年は天気に悩まされ、地元での撮影は残念ながら曇天で、ここ一週間先ずっとぐずついた天気で非常に残念です。

来年は、快晴の空の下で思いっきりシャッターを切ってみたいものです。

 

■番外編

EOS 20Dを久々に使いました。非純正バッテリーはさすがにかなりくたびれているようで、途中で電池切れしました。

描写はいかにもキヤノンらしい味………

私はあんまりキヤノンの色好きじゃないんだよな。万人受けであるのはよく分かるんですが、なんかそのせいか味気ない印象で………

IMG_0576

Photo:Canon EOS 20D + TAMRON28-200/3.8-5.6

NEX-F3 MEETS Tessar LENS

NEX-F3用のM42マウントアダプターがこの間到着し、早速ぶん回してみました。

 

Eマウントだと高価なAF純正ツァイスという手もありますが、オールドツァイスもなかなか似合います。

P1020942

Photo:Panasonic DMC-G1 + G14-45/3.5-5.6

 

室内チェック。

DSC00065

Photo:SONY NEX-F3 + Tessar50/2.8

 

中心部はなかなかシャープです。周辺部はやや流れてますが、製造年代を考えると申し分ない描写力だと思います。

 

名古屋の街へ試写に行きました。

DSC00091

Photo: SONY NEX-F3 + Tessar50/2.8

 

ボケというよりかは、シャープさを狙うったほうが美味しいみたいです。

 

DSC00115

Photo: SONY NEX-F3 + Tessar50/2.8

大須観音。

いいカリカリ具合です。NEXのセンサーの描写とテッサーの色合いがよくマッチしていて、スッキリとしています。

 

DSC00125

Photo: SONY NEX-F3 + Tessar50/2.8

 

こんなものはキットレンズのSEL1855ではAFが遅すぎてほとんど撮れませんが、MFなら自由自在。

狙って撮るのもありだし、行き当たりばったりも非常に面白いです。

 

あと、NEX-F3の液晶は非常に見やすいですので、ピーキングがしやすいのも◎なんですよね(^^♪

しばらくはテッサーでNEXの描写を楽しんでみようと思います(^^)

名古屋の雪景色

この間の寒波では、名古屋も雪に見舞われ、5年ぶりの規模の大きい積雪となりました。

 

水曜日の様子です。わずか3時間ほどでこの有様です。翌朝まで雪が降り、朝交通機関が止まるなど、トラブルに見舞われました。

P1020792

Photo:Panasonic DMC-G1 + Tessar 50/2.8

 

次の日の夕方ごろになると、道路の雪は大方解けていました。

ここ数年の名古屋の雪は積もるのも早いけど、解けるのも早いです(;´・ω・)

P1020797 P1020798

Photo:Panasonic DMC-G1 + G14-45/3.5-5.6

 

名古屋は降雪が少なく、あまり雪の対策も行われていません。

雪が積もると景色はいいけど、交通機関等に影響が出るので、本当に大変です…。

G1+テッサーで撮る秋の紅葉

大学にいると投稿するネタもないので、今回はパナのG1とテッサーレンズで撮影した紅葉の様子でもお見せします。

 

P1020765

Photo:Panasonic DMC-G1 + Tessar 50/2.8

 

P1020771

Photo:Panasonic DMC-G1 + Tessar 50/2.8

 

P1020762

Photo:Panasonic DMC-G1 + Tessar 50/2.8 フィルムモード:ダイナミック(B&W)

 

テッサーの描写はFDレンズほどシャープではないんだけど、ふんわりとした柔らかい描写です。

ピントが甘く感じることも有りますが、それを楽しむのも一興かな、と。

ミノルタ 3500xi

この間の話。

某所のTSUTAYAへレンタルを見に行ったら、HARD-OFFの看板が。行くしか無いと思って突撃しましたw

行き先はもちろんジャンクボックスw

 

今回行った某所のハードオフはとりわけ普通の店舗で、オフハウスなどとの合併店舗でもなく、隣にあったブックオフとは全く別建物です。(そもそもブックオフとハードオフは運営会社が別でして、ロゴと運営形態は似ていますが資本関係はないと聞きます。ハードオフでもCDやゲームの取扱は普通にあります)

楽器関連が多い印象で、カメラのジャンクはそれほど多くなく、やはりキヤノンやミノルタといった銀塩AFが中心でした。

今回の獲得物はカメラ本体でもレンズでもなく、ストロボでございますw

P1020722

Photo:LUMIX G1 + tessar50/2.8

 

ミノルタの3500xiです。価格は864円でした。

外付けストロボは他には東芝製の古いものもあるんですが、古いもので使い方も分からず、電池も8本も使うバカ食いのため基本使用していません。

しかも、α77の場合、汎用ホットシューではなく、独自のアクセサリーシューを用いているため、それに対応したものが必要でした。

安くて、α77に取り付けできて、バウンスできる、と言ったらこれ一択でしたね。

電池は単3が4本なので非常に経済的だと感じます。

 

帰って電池を入れたら問題なく作動しました。

α77ではオートは使用不可で全てマニュアル操作、と言っても

DSC04833

ご覧のようにボタンを押して調整するだけです。

α77ではSSは1/60に固定されます。

発光には問題がなく、バウンスを多用した撮影が可能となりました。

これまでフラッシュは色味が………ということで避けてきましたが、このフラッシュではその心配もなく安心して室内でもブレずに撮影できそうです(^^)

P1020721

Photo: LUMIX G1 + tessar50/2.8

Tessar 2.8/50

お伝えしました通り、丸栄の中古カメラバーゲンで見つけたものをざっと解説。

 

P1020648

まずは今回一番の目玉、ツァイスのTessar 50mm F2.8から(ツァイスでは今日のタイトルのように開放F値から書くのが正式名称だそうですが)

このレンズは当時の東ドイツの法人であったCarl Zeiss Jenaが製造したものらしいです。ゼブラ柄等多彩な種類があるようですが、私が購入したのはブラックモデルとなります。

西ドイツのツァイスも同じ焦点距離・開放F値のテッサーを作っていたようですが、西独のテッサーに比べ、東独のそれは非常に安価とのこと。

 

このテッサーはカメラのヤマゲンさんのブースで見つけました。M42マウントです。お値段は16,800円で非常にリーズナブル。

価格だけでなく状態もSランクの「極上品」!!カビや曇りはもちろん無いですし、非常にきれいな外観。もう買わない理由がなかったです。

同じブースでM42-M4/3のマウントアダプターも買いました。

 

大須へ移動して、早速G1に装着。

DSC03797

 

G1では換算100㍉の中望遠レンズになります。

同じ焦点距離としてより大口径なFD50/1.4もありますが、それと比べると非常にコンパクトで軽く、持ち歩きが捗りそうですね。

 

作例は価格.comのG1のスレにて公開しておりますので、ご覧ください。

 

M42マウントはツァイスだけでなく、PENTAXなども採用しており、PENTAXのタクマーレンズは非常に安価で売られているので、今後買ってみたいと思っています。

一年で一番カメラ以外のことが考えられなくなる日

昨日は、疲れていて帰宅後すぐに寝落ち………。

それもそのはず、昨日はこのイベントに参戦してまいりました。

DSC03772

Photo:α77 + Sigma 18-50/2.8

 

恒例・栄のデパート丸栄の「中古カメラバーゲン」です。毎年4月、9月、12月と年3回行われている催しですが、私が初日に確実に行けるのは9月のみでして、1年で1番カメラに散財できる日でもあります。

去年の9月に初参戦しまして、去年はEOS 20DやEOS-1NHSをイトウカメラさんのブースで買わせていただきました。ちなみに、昨日ようやく1年経ってEOS-1NHSに初めてフィルムを通しました(爆)

 

今年は、パナG1で使うオールドレンズやα77用の望遠レンズなどを探そうと行って参りました。

 

10:10すぎに到着して、行ってみたら結構盛況でした。中京テレビとメーテレの取材陣も見かけました。大半の客層はやはり中高年の方のようでしたが、外国人もちらほら。

若者はやはり少なく、なんか物悲しい…。

DSC03766

Photo:α77 + Sigma 18-50/2.8

 

動作確認のためにも、どっさりと阿呆なくらい機材を持って行きましたw

去年は夕方から仕事で時間の余裕がなく早々に撤退しましたが、今年はこの日のために仕事を開けておいたので、2時間以上隅々まで巡回していました。

去年はニコン多めの気もしましたが、ミノルタもちらほら。ジャンクはキヤノンFD系やミノルタが多かった印象。ニコンはショーケースに入っていることが多く、安いジャンクは見つからず。

 

で、戦果。戦利品をざっと見て行きましょうw

DSC03803

Photo:α77 + Sigma 18-50/2.8

 

上段左から、

・Canon T50 100円(のはずだがローライと同時購入で負けてもらった)

・ミノルタα7000 + AF35-70/4 ジャンクをセットで300円

・ツアイスTessar50/2.8(パナG1に装着) 16,800円

・ミノルタAF75-300/4.5-5.6II 2,500円

下段左から、

・ローライ35 14,000円

・ニコンF3取説 1,000円

 

あれ?購入を予定していない黒銀の銀塩カメラが有るようですが、全て予算内で収まったので気にはしません(-_-;)

 

でも、とりあえず目的は達成できてますね。α77用の望遠は手に入りましたし、なんといってもG1用のオールドレンズはツァイスのテッサーだもの、それだけで満足なのに、なぜもう1台テッサーを積んだ銀塩カメラがあるんだろう?w

 

まぁ、それは置いといて、次々回から購入記ですね。

「お前たま●ら見たからローライに興味持ってんだろ?素直に35S買えよww」に対する反論や、

「F3のレンズは買ってないの?」など細かく見ていくことにしますw

 

あ、「次々回」とあるのは、実はまだ目玉カメラがありまして…………。