宇治に行きたくてウジウジしたので、行ってきた Vol.2

前回はこちら

 

石山着きました。ここからいつものルートで石坂線へ。

AJ3F1026

Photo:Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L

前回来た時と違う点は、駅ナンバリングが大津線にも導入され、駅名票などの掲示が新しくなった点。旧式のデザインをベースとして、駅ナンバーと京阪ロゴが付与されました。京阪石山駅に掲示の路線図も同様に変更されてました。

AJ3F1028

Photo:PENTAX Q-S1 + 01STANDARD PRIME

AJ3F1029

Photo:Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L

 

今回のお目当ては先日放映されたアニメ「響け!ユーフォニアム」のラッピング車。事前に運用を確認し、この日は京阪石山駅に石山寺行きとして8:58に入線します。それまでは撮り鉄。

AJ3F1047-1

613F通常色  Photo:Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L RAW現像

AJ3F1042-1

603F特急色  Photo:Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L RAW現像

この日は600形も700形も通常色がわりかし多かったかな。後の編成は省略。

 

平日のラッシュ時でしたので若干数分の遅れが出てたようですが、本題のユーフォラッピングは定刻通りに到着。ここから石山寺へ。

AJ3F1054-1

Photo:Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L RAW現像

 

(To Be Continued)

宇治に行きたくてウジウジしたので、行ってきた Vol.1

8月末の話になりますが、また大津と宇治に行きたくなってしまったので、栄のチケットショップで1日分だけ残った18きっぷを買って行ってくることに。

今日はまぁ序章的な感じですが。

 

今回は犬山を経由したのですが、まず最初に見たのがこれ。

AJ3F1000

Photo:Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L

1384F。この数日後に、ついに運用離脱をしてしまったようです。1編成しかなきゃ、そりゃ名鉄にとってはお荷物だったでしょう。ひっそりと引退する前に目に焼き付けておけました。

で、その横に入ってきたのが私の乗る急行岐阜行きですが、こちらは

AJ3F1001-1

Photo:Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L  RAW現像(DPP4)

今年入ったばかりの3150系の新車

本線系の通勤車両で初めての液晶モニターです。瀬戸線4000ベースのものではなく、鶴舞線のN3000ベースのものが採用されています。

AJ3F1003

Photo:Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L

金欠らしく、補助金もいただきながら新製しているようですね。

AJ3F1004

Photo:Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L

 

この3150で岐阜まで移動して、岐阜からJRへ。

引っ越したために実家ぐらしの時よりも1つ早い便に乗り換えができます(^^♪

ということで東海区間で221系を堪能

IMGP3599

Photo:PENTAX Q-S1 + 01STANDARD PRIME

 

この221で石山まで行ってもいいけど、トロいので米原で新快速に乗り換え。

これで石山へ行こう。

AJ3F1022

Photo:Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L

 

(続)

EOS-1D MarkⅣ

さて、昨日のブログで異変に気づかれた人入るだろうか?

実は、いつも写真の下に書いている「Photo:〇〇」というキャプションに「EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L」という記載がありました。こんなカメラのことをこれまで言及したこともないし、買ったとも報告していない。

 

そりゃあそうだ、東京で買ったばかりだもん(笑)

 

そもそもEOS-1D MarkⅣ(以下、1D4)の購入のきっかけは、東京へ行く前日までさかのぼります。その日、知人からこんなことを言われました。

「(大量のカメラやレンズが有る写真を見せ)欲しいのある?」

その中に、1D4が1台。↓の写真にはEOS-1VHSが2台の下に1D4があります。

S__5603393

更にこの写真にはありませんが、EF24-105/4Lもあるそうで、それとセットで売っていただける、と聞きました。

 

ということで、次の日、コミケ上がりに中古カメラ店へ行ってとりあえず1D4を見に行くことにしました。

コミケの用を済ませ、りんかい線で新宿へ。某店へ行って、まずは展示品を見に行くと、1D4の前記種の1D3が10万ほど安いんです。

1D3は1D4と全く同じボディをしており、操作は同じです。画素数は1010万画素で私には必要十分。1D4に搭載の動画機能は1D3にはありません。たったそれくらいの違いでしたので、2機種で見比べてみることにしました。

9P4T9488

Photo:Canon EOS-1D MarkⅢ + EF17-40/4L

1D3は画質的には申し分ないかと思いますし、リコールもありましたが今では殆どの個体がリコール対処済みとなっているので、1D3でもいいかと思っていましたが、一つ致命的なところが。液晶、すごく見づらいのですよね(^_^;) 画像チェックが非常に使いにくかったのです。対する1D4は液晶の映りが良く、画像チェックも交換が持てました。また、高感度の面でも1D4には安心感が持てました。

また、レンズも24-105L以外に、17-40/4Lも同じくらいの価格でしたので見てみました。24-105はマクロモードがあるのですが、あまり寄れない印象でした。ISの動作もなんかいまいちに感じました。17-40は広角寄りでかつ最短撮影距離が28センチと短い点もポイントでした。

 

色々店員さんに質問しているうちに、だんだん物欲がふつふつと湧いてきます。コミケ3日目はかねてよりカメコを予定していたので、早速使ってみたいという気持ちもありました。

んで、落ちる前提でローンを通してみることに。

…………30分後、無事通過。そのまま、紙袋を持って店を出ました。

 

箱もないのでホテルに戻ってそのまま充電。

IMGP3575

Photo:PENTAX Q-S1 + 01 STANDARD PRIME

 

やっぱ、プロ機は格好良い。カメラ始めた頃から、憧れでした。1D系のなだらかな軍艦部は、いつかは……という気持ちだったのですが、こんな早く手にするとは。

IMGP3580

Photo:PENTAX Q-S1 + 01 STANDARD PRIME

裏面。ニコンとはぜんぜん違うボタン配置ですね。カードはSDとCFのダブルスロットなので、私にとっては使いやすいです。

DSC_0873

Photo:Nikon D700 + AF-S24-85/3.5-4.5G

17-40/4L。初めてのLレンズ。こちらも赤い鉢巻が格好良い。

IMGP3583

Photo:PENTAX Q-S1 + 01 STANDARD PRIME

フードをつけると、とても様になります!

 

作例は昨日のブログに載せておきました。APS-Hなのでワイ端は換算で22㍉となり、これでもD700の24㍉のときよりも更にワイドに撮れるわけです。風景は撮ることが多いので、こちらにして正解だったのかな。

 

家に帰って、色々並べてみます。

EOS-1NHSよりは横がスリムな感じがしますね(1D4にはEF35-135を装着)

IMGP3592

Photo:PENTAX Q-S1 + 01 STANDARD PRIME

MB-D10付のD700と並べても、若干コンパクトで、軽量ですね。

IMGP3593

Photo:PENTAX Q-S1 + 01 STANDARD PRIME

3台並べます。

IMGP3591

Photo:PENTAX Q-S1 + 01 STANDARD PRIME

 

1NHSとの操作系ですが、改良が加えられていますね。ただ、概ねの操作系はずっと不変なんでしょうね。

IMGP3577

Photo:Nikon D700 + AF-S24-85/3.5-4.5G

 

これで、フラッグシップ機と高級レンズの夢は実現してしまいました。

でも、EFマウントのレンズはまだまだ少ないでです。入れ以外だと、EF18-80ⅡとEF35-135/4-5.6の暗い2本しかありません。

単焦点と望遠レンズ1本は欲しいところですね。

最近出た50ミリのSTMレンズが、今は非常に気になっているところです。

テッサーじゃないRollei35

先月末、Rollei35にフィルムを通して、撮影しに行こうと思ったら…

巻き上げ不良でレンズ沈胴せず!∑(゚д゚lll)

IMGP3503

Photo:PENTAX Q-S1 + 01STANDARD PRIME

 

真っ先に、今池にある「マツヤカメラ」さんへ。ここにしたのは、いつもお世話になってるトップカメラよりもオールドカメラの知識がありそうだと思ったから。

私「あの~、このRollei35なんですが・・・・」

店主「うーん、レンズ沈胴しませんね・・・。ちょっと売り物のやつと比べてみます」(と言いつつドイツ製のRollei35を取りに行く)

私(ちょっと巻取り部を触って)「あれ、巻き取りできるようになりました。レンズも珍洞します」

店主(フィルムを通すが途中で巻き取り不良)「うーん、たぶん巻き取りギアの歯車が欠けてるんでしょうかね」

ということで、やむなく修理行き。

 

この日はせっかくのフィルム日和だったのに、とちょっと落ち込みながら栄のトップカメラへ。

Rollei35がある店を見てると、15kとやけに安いRollei35があったので覗いてみますと、

「S-Xenar」

 

………………

 

…………………

 

……………………(゚д゚)!

 

IMGP3515

Photo:PENTAX Q-S1 + 01STANDARD PRIME

 

Rollei35にはテッサーじゃない個体もあります。それが「Xenar」こと、シュナイダー社製のクセナーレンズを詰んだRollei35。テッサーレンズの不足に依るもので、1年足らずの生産だたったため、希少価値が高いんです。

でも、目の前にあるこれは15千円なんですよ、クソ安かったのでかいまして、フィルムを通して試写。

 

使い勝手と作例は、次回としましょう。

更新を再開します

DSC_9956

Photo:Nikon D700 + タムロン200-400/5.6 75D 2015.6.1

 

本日を持って、このほど更新を一時停止しておりました「てつぱら!」の更新を暫定的に再開しました。

更新再開については非常に迷いました。当初は更新停止時の大きいトラブルを一段落したら再開する意向でしたが、トラブルを解消できるどころか、他のトラブルも降りかかってきて、非常に辛い毎日でした。

まだ各種トラブルについては全く解消できておりませんが、1週間ほど前から徐々に気持ちが軽くなってきております。

 

更新停止中は、てんやわんやで何かと心が痛む時期でした。

特にゴールデンウィーク中は家族中が大揉めとなり、これのせいで最初の課題解消に暗礁を乗り上げてしまう事態に。バイト上でもGW前後に別のトラブルが起き、一時は死のうかと思ったほどでした。

その後はちょっと改善したかと思えば、大学サークルの一部人が私を無視する事態に。頭にきて大学サークルを抜けてしまいました。これも今でも未解決事案で、どうにかしたいのですが、これが最初からあったトラブル進行に拍車をかける事態に。

あー参った、と思えた1ヶ月でした。

その一方では、私の主宰する「名古屋げんしけん」が無事スタートを切れたりするなど、良いことも少しはありました。

 

なぜか購買行動だけは通常通り(笑)で、レンズ一体型カメラが数台増えました。

それと引き換えに、手持ちカメラの大幅な整理を行い、3台の一眼カメラを売却しました。

【購入】

  • オリンパス μ-mini DIGITAL
  • ニコン COOLPIX2100
  • Rollei35 (クセナーレンズ)

IMGP3515

Photo:PENTAX Q-S1 + 02 STANDARD ZOOM

【売却】

  • NEX-F3
  • α77
  • EOS 20D
  • Aマウントレンズ全て
  • タムロンA01(EF)

 

また、鉄道模型はディーゼルカーを中心に導入、三陸鉄道の36形、36-700形と鹿島臨海鉄道の6000形3両(新塗色2両+ガルパン1両)が入線。

まだ走行はしておりません(;´Д`)

IMG_0130

Photo:Canon PowerShot S95

 

これらの購入記事は、またおいおいやっていきますね。

 

最後にですが、最初の画像はこの間名古屋空港に着陸した「ソーラーインパルス2」です。

たまたま自宅が名古屋空港に近く、着陸直前の様子を捉えることができました。

今はまゆ型のテントの中だそうですが、昨日東海地方が入梅してしまいましたので、梅雨明けまではおそらく名古屋空港にいるかもしれませんね。

そして月曜からは三菱MRJのテストもその横で開始。

今、名古屋空港は熱い!(;´Д`)

【写真さんぽ】Vol.13

IMGP3297

Photo:PENTAX Q-S1 + 02 STANDARD ZOOM デジタルフィルター:ネガポジ反転

 

Qシリーズの出番は最近は少ない。

X-A1やE-M5など、もっと素晴らしいミラーレス機はあるし、「ちゃんとした写真作品を作る」だけなら、Qシリーズはいらない。

 

でも、Qシリーズには画質だけでは語れないいいところもある。

レンズ交換式としては究極なコンパクトさ、後からゆっくりと効果が追加できるデジタルフィルターはQシリーズを手放せない理由だ。

ネガポジ反転は使用頻度はそれほど高くないが、使いドコロによっては非常に楽しく使えるフィルターだと思う。

Ai AF Zoom-Nikkor 35-70mm F2.8D

また新しいレンズを手に入れてしまいました(;´Д`)

 

Ai AF Zoom-Nikkor 35-70mm F2.8Dです。

IMGP3478

Photo:PENTAX Q-S1 + 01 STANDARD PRIME

 

栄の某中古店にて、5000円ちょうどでゲット。このレンズによくありがちな中玉クモリな個体でしたが、撮影や写りに大きい影響はなく、なにせこの価格で全域F2.8のAF大口径レンズなんてほとんど手にはいりませんから、買ってしまいました。

レンズの説明をすると、ニコン初の大口径ズームであるAi AF Zoom-Nikkor 35-70mm F2.8SをDタイプへと改良したもので、光学性能はSタイプのものとほぼ同様です。

99年にAF-S24-70/2.8Dが出るまで、純正「大三元」の一つを担っておりました。

ズームは直進式を採用しており、クイックな操作ができ、しかも35ミリ域ではMF簡易マクロが使えます。当時の簡易マクロはテレマクロが多いだけに、広角端での簡易マクロは初めて見ました。

かなりズッシリとしていて重たいレンズですが、その分撮影意欲をかきたててくれます。

 

AF-S24-85Gと比べると、かなり大きい筐体をしています。

IMGP3489

Photo:PENTAX Q-S1 + 01 STANDARD PRIME デジタルフィルター:ハイコントラスト

 

D700に装着。

IMGP3490

Photo:PENTAX Q-S1 + 01 STANDARD PRIME デジタルフィルター:ソリッドモノカラー

 

しばらくはD700につけっぱなしのレンズとなりそうです。

作例は次回にて。

NECのイサコンを購入!【脱バッキャロー】

NECのイサコンを買いました。

wl300ne-ag

今までずーとバッファロー製を使っていました。バッファロー製はデザイン最優先で肝心の無線機能については安定性が芳しくないという欠点がありました。ネットの評判ではNEC製がやはり一番評判がいいとの事だったので、だいぶ前から買う気ではいましたが、ようやく購入しました。

 

バッケージです。

IMGP3471

Photo:PENTAX Q-S1 + 01 STANDARD PRIME

開封!

IMGP3472

Photo:PENTAX Q-S1 + 01 STANDARD PRIME

これが本体です。

IMGP3474

Photo:PENTAX Q-S1 + 01 STANDARD PRIME

 

サイズがバッファロー製より大きい分、安定した通信が行えそうです。バッファロー製のイサコン同様有線ポートは2つついてますので、これまで通り親機を変えることなく使うことが出来ます。

まだバッファロー製のものが快調なので、設定は後日。

親機はバッファロー製だから設定が面倒だなぁ~(;´Д`)

PENTAX Q MEETS C-MOUNT LENS 【マウントアダプター】

期末試験とレポートで追われている私ですが、試験は昨日で全部終了、レポートも残すところあと1個で終了となります。レポートを終了して、3週間分ほど溜まっているアニメを消化できたら、ブログの更新頻度の回復と他ページの更新再開を予定しております。もうしばらくお待ちください。

 

さて、先日ようやくC-Qのマウントアダプターを購入しました。8ミリのCマウントレンズが本領発揮できる時が来ました!!

一昨日到着し、昨日試写してきましたので、試写レポートをします。

 

2台目Qに装着。ホワイトとブラックではミスマッチかと思いましたが、そこまでではないですね。

8ミリのレンズ、意外とでかく、02レンズとサイズ的にはそれほど変わりません。

初代Qでは換算44ミリの標準レンズ。換算46.5の01レンズに画角が近く使いやすい。ちなみにQ-S1だと38ミリほどになりちょっと広角になります。G1では大きくケラれるレンズですが、Qではケラれず使用可能。

IMGP3356 (2)

Photo:PENTAX Q-S1 + 01 STANDARD PRIME

 

早速、試写に向かいます。

Qでのピント合わせは苦労しました。ピント拡大機能を使ってまずまずって感じですね。

これまであんまり使ってこなかったスマートエフェクト機能も使ってみました。

IMGP0027

Photo:PENTAX Q (2台目) + TV 8/1.3 スマートエフェクト:クロスプロセス

 

なかなか、味があって良いと思います。

IMGP0036

Photo:PENTAX Q (2台目) + TV8/1.3 スマートエフェクト:ソリッドモノカラー

 

解像度はそこまで高いとはいえませんが、PENTAX-F28-80よりかは幾分マシと見るべきでしょう。

というか、5千円で手に入ってこのやんわり感なら、非常に楽しみがいがありますね。

なお、逆光には非常に弱く、ゴーストが目立ちます。ただ、古いレンズであると思えば、あえてゴーストを使った表現も面白いと思います。

 

これでQマウント機でレンズが不足する状態も解消できたし、G1では本領発揮できなかったCマウントレンズが使用できるのがいいところ。

Cマウントレンズはかなり古いオールドものから新品の産業用まで、ピンからキリまで揃っています。新品だけでも種類が豊富で、メーカーもPENTAXはじめコーワなども製造を手がけています。

純正レンズではなく、CマウントレンズだけでQのシステムを揃えても面白いかもしれません(笑)

【写真さんぽ】Vol.11

IMGP3329

Photo:PENTAX Q-S1 + 02 STANDARD PRIME エフェクト:デッサン 京阪石山坂本線・浜大津駅

 

Qマウント機には「デッサン」というエフェクトがある。写真撮影後にまるで手で描いたかのような画に変換できるのだが、それが非常に面白い。

普段見慣れた風景だって、これを使えば見慣れない風景へと早変わり。

 

ただ、このエフェクト、細かい絵になればなるほど、ごちゃごちゃして何を撮ったのがよく分からなくなる。

画素数が1200万と抑えられていて、それほどレンズの描写性も高くないQマウントだからこそできるお家芸だろうと思う。