宇治に行きたくてウジウジしたので、行ってきた Vol.2

前回はこちら

 

石山着きました。ここからいつものルートで石坂線へ。

AJ3F1026

Photo:Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L

前回来た時と違う点は、駅ナンバリングが大津線にも導入され、駅名票などの掲示が新しくなった点。旧式のデザインをベースとして、駅ナンバーと京阪ロゴが付与されました。京阪石山駅に掲示の路線図も同様に変更されてました。

AJ3F1028

Photo:PENTAX Q-S1 + 01STANDARD PRIME

AJ3F1029

Photo:Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L

 

今回のお目当ては先日放映されたアニメ「響け!ユーフォニアム」のラッピング車。事前に運用を確認し、この日は京阪石山駅に石山寺行きとして8:58に入線します。それまでは撮り鉄。

AJ3F1047-1

613F通常色  Photo:Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L RAW現像

AJ3F1042-1

603F特急色  Photo:Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L RAW現像

この日は600形も700形も通常色がわりかし多かったかな。後の編成は省略。

 

平日のラッシュ時でしたので若干数分の遅れが出てたようですが、本題のユーフォラッピングは定刻通りに到着。ここから石山寺へ。

AJ3F1054-1

Photo:Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L RAW現像

 

(To Be Continued)

【ダイジェスト版】2015CUMAC春合宿 滋賀・京都編

長期間ブログ更新がなく、すみませんでした。この間で、大学サークルの春合宿に行ってきましたので、今日はダイジェスト版をお送りしたいと思います。

 

■概要

期間:2015年3月13日(金)~16日(月)

参加者:私含む12人(うちCUMAC部員8人)

 

■1日目

初日は滋賀県をまわりました。

この日は近江鉄道の220形が定期運行最終日でしたので、これに合わせて出発し、最後の定期運用を見届けました。

DSC_7681

Photo:Nikon D700 + AF-S 24-85/3.5-4.5G

 

その後、彦根城へ。

DSC_7772

Photo:Nikon D700 + AF-S 24-85/3.5-4.5G

 

それから再び近江鉄道に乗って、「けいおん」聖地・豊郷小学校へ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Photo:OLYMPUS OM-D E-M5 + LUMIX G14-42/3.5-5.6

 

■2日目

2日目はフリー行動日。

私はいつも通り京阪大津線と叡山電車を見に行きます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Photo:OLYMPUS OM-D E-M5 + LUMIX G14-42/3.5-5.6

 

叡電で神はじラッピングを発見。

DSC_8045

Photo:Nikon D700 + AF-S 50/1.8G

 

■3日め

3日めは舞鶴へ。

日曜日なので、海軍記念館が開放されておりました。

DSC_8176

Photo:Nikon D700 + AF-S 24-85/3.5-4.5G

 

自衛隊桟橋では、舞鶴に配備されている「ふゆづき」や「しらね」などの艦船を目の前に見ることが出来ます。

DSC_8331

Photo:Nikon D700 + AF-S 24-85/3.5-4.5G

 

そして、舞鶴の名所といえば赤れんがパーク。普段は遠くてなかなか徒歩ではいけない引揚記念館が工事のため赤れんがパークにて仮営業していたのでラッキーでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Photo:OLYMPUS OM-D E-M5 + LUMIX G14-42/3.5-5.6 アートフィルター:ドラマチックトーン

 

■4日め

4日目は「いなこん」聖地の伏見稲荷大社へ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Photo:OLYMPUS OM-D E-M5 + LUMIX G14-42/3.5-5.6 アートフィルター:ポップカラー

 

最近は外国人にたいそう人気だそうで、月曜日なのに去年の土曜日よりも参拝客が多く見えました。

D700で撮る千本鳥居もなかなかいいです。

DSC_8499

Photo:Nikon D700 + AF-S 24-85/3.5-4.5G

 

そして、叡山電車リベンジ。2日目見れなかった幸腹グラフィティのラッピングも見れました(^^♪

DSC_8566

Photo:Nikon D700 + AF-S 24-85/3.5-4.5G

 

〆は「たまこま」聖地の出町桝形商店街へ。

DSC_8656

Photo:Nikon D700 + AF-S 24-85/3.5-4.5G

 

今回の合宿は、笑い半分・悲劇半分の珍道中でした。

ラッキーだと思う良いこともあれば、テンションが下がることもしばしば………

 

さて、早速詳細レポ、といきたいところですが

一つだけ伏線として報告せねばならないことがあるので、それを先に片付けておきます(;´Д`)

【写真さんぽ】Vol.11

IMGP3329

Photo:PENTAX Q-S1 + 02 STANDARD PRIME エフェクト:デッサン 京阪石山坂本線・浜大津駅

 

Qマウント機には「デッサン」というエフェクトがある。写真撮影後にまるで手で描いたかのような画に変換できるのだが、それが非常に面白い。

普段見慣れた風景だって、これを使えば見慣れない風景へと早変わり。

 

ただ、このエフェクト、細かい絵になればなるほど、ごちゃごちゃして何を撮ったのがよく分からなくなる。

画素数が1200万と抑えられていて、それほどレンズの描写性も高くないQマウントだからこそできるお家芸だろうと思う。

大津・京都へ2014秋編 【その10】

前回はこちら。今回が最終回です。

 

中ノ庄で途中下車。

ここも駅ホームが狭く、ひっそりとした住宅街の中にある駅です。

DSC05158

Photo:SONY α77 + SIGMA18-50/2.8EX DC MACRO

 

踏切を挟んだ向かい側のホームに703Fが到着。

IMGP3389

Photo:PENRAX Q-S1 + 02 STANDARD ZOOM エフェクト:ポスタリゼーション

 

そして次に来たのが615Fのパト電。

DSC05167

Photo:SONY α77 + SIGMA18-50/2.8EX DC MACRO

 

パトカーのような塗装をイメージとしたラッピングで、交通事故を啓発する内容となっています。京阪しかり、叡電しかり、近江鉄道しかり、滋賀や京都はなぜかパト電の展開が盛んですね。

以前は名鉄でも………(以下略)

 

で、中も交通事故の啓発を意識した内容で、床は道路をイメージして白いテープが貼られています。

DSC05172 DSC05169

Photo:SONY α77 + SIGMA18-50/2.8EX DC MACRO

 

外部は滋賀県警のマスコットや滋賀出身のアイドルを起用したデザイン。

妻面はけいおんや中二病の例に漏れずラッピングはされていないですね。

DSC05177 DSC05175

Photo:SONY α77 + SIGMA18-50/2.8EX DC MACRO

 

ということで、粟津で下車。

DSC05178

Photo:SONY α77 + SIGMA18-50/2.8EX DC MACRO

 

鉄むすラッピングが戻ってきました。

DSC05182

Photo:SONY α77 + SIGMA18-50/2.8EX DC MACRO

 

次の石山寺行きは611F。石山ケーブルを意識したラッピングとなっています。

611は「福」、612は「縁」とありますが、石山ケーブルで活躍する2両の車両の名前でもあります。

DSC05186 DSC05187

Photo:SONY α77 + SIGMA18-50/2.8EX DC MACRO

 

611Fはスルーして、今回の大トリ。

けいおんで始めて中二病で〆る(笑)

DSC05190

Photo:SONY α77 + SIGMA18-50/2.8EX DC MACRO

 

中二病にも、「けいおん」の文字。

DSC05191

Photo:SONY α77 + SIGMA18-50/2.8EX DC MACRO

 

そして、石山到着。

DSC05194

Photo:SONY α77 + SIGMA18-50/2.8EX DC MACRO

 

石山からは混んでる新快速ではなく、快速でゆっくり帰りました。

ということで10/11の大津と京都のレポは終わり。

 

けいおんの乗車券が残ってしまったのでまた京都行きたい、と思っていたら

サークルの来年の春合宿が滋賀・京都に決定してしまいました(゚д゚)!

 

なんだかんだで近くて安くて移動も楽な滋賀や京都は何度行っても飽きませんねw

(おわり)

大津・京都へ2014秋編 【その9】

前回はこちら

 

京都市役所前から地下鉄東西線に乗り、京津線で浜大津まで戻ってきました。

 

ちょうど、坂本行きに709Fが充当されていました。

IMGP3370

Photo:PENTAX Q-S1 + 02 STANDARD ZOOM

 

一方で石山寺方面は619Fの鉄むす。

IMGP3372

Photo:PENTAX Q-S1 + 02 STANDARD ZOOM

 

鉄むすラッピングは内部は一般の600形と全く同じでした。

一区間だけ乗車して島ノ関で途中下車。

DSC05124

Photo:SONY α77 + SIGMA18-50/2.8EX DC MACRO

 

ホーム、狭いです。

DSC05127

Photo:SONY α77 + SIGMA18-50/2.8EX DC MACRO

 

島ノ関は滋賀県庁の最寄り駅で、すぐ横を交通量の多い国道1号が走っています。びわ湖に程近く、浜大津方面には「Mother Lake」の壁画も。

 

次にやってきたのは603Fのちま吉。

ちま吉は大津祭のマスコットキャラクターで、この編成はその大津祭の宣伝の一環。

車内も大津祭関連の装飾が。

DSC05135

DSC05143

DSC05152

Photo:SONY α77 + SIGMA18-50/2.8EX DC MACRO

 

途中中ノ庄で下車。

訪問日が大津祭の日で、この編成は現在は終了しています。

DSC05157

Photo:SONY α77 + SIGMA18-50/2.8EX DC MACRO

 

(つづく)

大津・京都へ2014秋編 【その3】

前回はこちら。

 

現在大学祭まで多忙です。更新頻度が下がりますこと、ご了承ください。

 

浜大津駅に戻ってけいおんの特製乗車券を購入しました。列はまだまだ続いていましたが、駅員側の手際もよく、スムーズに購入出来ました。

特製乗車券は京阪大津線の硬券一日乗車券が5日分あり、有人改札を通るタイプのものです。

DSC04974 DSC04978 DSC04975

Photo:SONY α77 + SIGMA18-50/2.8EX DC MACRO

 

さぁ、ここからは京津線に乗ります。

(続く)

大津・京都へ2014秋編 【その2】

前回はこちら

 

けいおん電車で浜大津まで行ったのですが、時間があったのでお馴染みの浜大津の交差点で撮り鉄しました。

IMGP3311

Photo:PENTAX Q-S1 + 02STANDARD ZOOM

ちなみにこの日はけいおんの特製乗車券が発売される日で、列がズラリ。

DSC04913

Photo:SONY α77 + SIGMA18-50/2.8EX DC MACRO

 

まずは611Fの坂本ケーブルから。

DSC04915

Photo:SONY α77 + SIGMA18-50/2.8EX DC MACRO

 

705F「びわ湖大津秋の音楽祭」

DSC04918

Photo:SONY α77 + SIGMA18-50/2.8EX DC MACRO

 

次は京津線の815F。このカーブ、Nゲージ換算で約250ミリの急カーブだそうです。

DSC04920

Photo:SONY α77 + SIGMA18-50/2.8EX DC MACRO

 

浜大津へ入る811F

DSC04930

Photo:SONY α77 + SIGMA18-50/2.8EX DC MACRO

 

701F「滋賀のええもんうまいもん祭り」

DSC04932

Photo:SONY α77 + SIGMA18-50/2.8EX DC MACRO

 

次は619F「鉄道むすめ」

DSC04936

Photo:SONY α77 + SIGMA18-50/2.8EX DC MACRO

 

そして、709Fけいおんラッピングが近江神宮前から戻ってきました。

DSC04944

Photo:SONY α77 + SIGMA18-50/2.8EX DC MACRO

 

605F通常色

DSC04946

Photo:SONY α77 + SIGMA18-50/2.8EX DC MACRO

 

615F「パト電」

DSC04949

Photo:SONY α77 + SIGMA18-50/2.8EX DC MACRO

 

801F 四宮車庫への回送。

DSC04951

Photo:SONY α77 + SIGMA18-50/2.8EX DC MACRO

 

703F通常色

DSC04959

Photo:SONY α77 + SIGMA18-50/2.8EX DC MACRO

 

607F「大津祭ちま吉」

DSC04961

Photo:SONY α77 + SIGMA18-50/2.8EX DC MACRO

 

803F太秦天神川行き

DSC04964

 

そして、坂本から701Fが帰ってきて、締めは………

DSC04968

Photo:SONY α77 + SIGMA18-50/2.8EX DC MACRO

 

609F「中二病でも恋がしたい!」

DSC04969

Photo:SONY α77 + SIGMA18-50/2.8EX DC MACRO

 

この日石山坂本線の運用に入っていたのはこれが全てのようでした。

ちなみに浜大津で709Fのけいおんと609Fの中二病が並ぶシーンもあって訪れた人を湧かせていました。

撮り鉄終了が10時過ぎ。ここからは特製乗車券を買いに行きます。

 

(続く)

大津・京都へ2014秋編 【その1】

一昨日行って来た、大津・京都の詳細レポ1回めです。

今回の目的は以下の通りです。

・京阪石山坂本線で運用を始めたけいおんラッピングに乗車

鉄道むすめラッピングを撮りに行く

・模型入手前にもう1度京津線の800形を見る

叡山電車のきららに乗る

・京阪8000形のダブルデッカーに乗る

・「たまこまーけっと」の舞台となった出町商店街の聖地巡礼

寺町通へ行って散策

 

まずは新快速で石山へで着いたのが9時前。けいおんラッピングが京阪石山駅に来るのが9:08の坂本行きなのでスムーズに行動出来ました。

DSC04835

(Photo:SONY α77 + SIGMA18-50/2.8DC EX MACRO)

 

そして時刻表通りに709Fのけいおんラッピングが来ました。

DSC04841

(Photo:SONY α77 + SIGMA18-50/2.8DC EX MACRO)

 

以前のラッピングの時と同様、内装も凝っています。

網棚上は1期、2期、映画のカットが順番にズラリと並んでます。

DSC04886

(Photo:SONY α77 + SIGMA18-50/2.8DC EX MACRO)

 

ドア部も中二病同様、ラッピングが。あずにゃん(^ω^)ペロペロ

DSC04903

(Photo:SONY α77 + SIGMA18-50/2.8DC EX MACRO)

 

今回はつり革・ドア・網棚だけでなく、このような注意書きも手が加えられています。

DSC04899

(Photo:SONY α77 + SIGMA18-50/2.8DC EX MACRO)

ちなみに、通常時だとこのようなプレートです。(下写真は600形619Fパト電)

DSC05173

(Photo:SONY α77 + SIGMA18-50/2.8DC EX MACRO)

 

キャラ横のフォントは第1弾同様。第1弾は613に唯、614にその他4人、という配置でしたが、今回は平等配置で片側に5人がバランスよく配置されています。

また、今回は淡い色で仕上げられており、くどさを感じません。

DSC04907

(Photo:SONY α77 + SIGMA18-50/2.8DC EX MACRO)

 

前面。5人が正面に描かれているのは前回同様だが、今回は上面の「けいおん!」ロゴはなく、普通の京阪ロゴとなっているのも特筆。

DSC04909

(Photo:SONY α77 + SIGMA18-50/2.8DC EX MACRO)

 

私は浜大津で降りました。

近いうちに700形のページとけいおんラッピングのページを作成したいと思います。

 

(続く)

大津・京都へ2014秋編 【ダイジェスト版】

昨日は大津と京都へ撮り鉄しに出かけてました。

 

これに乗って、

IMGP3370

(Photo:PENTAX Q-S1 + 02ZOOM)

 

これを撮って、

DSC04936

(Photo:SONY α77 + SIGMA18-50EX DC MACRO)

 

これに乗るために京都へ移動、

DSC05016

(Photo:SONY α77 + SIGMA18-50EX DC MACRO)

 

出町柳から歩いてここへ行き、

DSC05024

(Photo:SONY α77 + SIGMA18-50EX DC MACRO)

 

京都の繁華街・寺町通へ行って帰ってきました。

 

詳しいことは次回以降として、まずは京都での戦利品報告から。

DSC04974

(Photo:SONY α77 + SIGMA18-50EX DC MACRO)

けいおんの記念乗車券 行った当日が発売日だったので、記念として。

 

IMGP3399

(Photo:PENTAX Q-S1 + 02ZOOM)

ミノルタの5400HSという外部ストロボ。

あれ?こないだα77用のストロボ買ったじゃん!という方は当ブログの読者でしょうw

詳細は次回にて。

 

とにかく、大津と京都は何度行っても飽きません。京アニの作品の聖地となっているところも多く、寺社巡りなどネタはいくらでもありますんで。

続きを読む