【悲報】1D4あぼーん キヤノンSCへ

1年ほど使っている1D4の電源系統が機能しなくなるトラブルに(´;ω;`)
最初は点いたり消えたり、時間が経つごとに起動しなくなり次の日には一切の操作を受け付けない形に!
ACアダプターでも受け付けず、バッテリーではなく本体が逝かれているのははっきりとしています。
10Dとキスデジを導入した直後にこれとは妙なタイミングだわ(笑)

ということで向かった先は
img_9988
伏見
img_9980
キヤノンサービスセンター

持ち込んでみてもらったところ、工場で一旦分解しての見積となるため、1D4は一旦工場送りになりました・・・。
ホームページには、電源系統の故障は2万ちょっとという記載もあるため、それくらいは取られるのでしょうか(´・ω・`)

 

ショールームで最新機種遊びまくり!

1D4の件はさておき、1階にはショールーム「キヤノンプラザ」が入居しています(SCとEOS学園は2階、法人窓口はさらに上階だそうです)
ここでは最新のキヤノン機やPIXUSプリンターなどが展示されています。
せっかく個々まで来たのだから、遊んで帰らなきゃw

展示品は基本的に自由に触れるようになっていて、中にはショールームのメモリーカードが入っているので同じく展示機のPIXUSでプリントも可能なのだとか。
発売前の試作品(今回だとEOS M5)以外自分が持ち込んだメモリーカードのデータ持ち込みも可能になっていて、そのときはショールームのお姉さんに一言要ります(去年行ったニコンは自由に差し替えできるようになっているのでその点はメーカーの考えの違いでしょうか)

まずはフルサイズの6Dから。
img_9902
img_4437
さすがフルサイズとあって写りは一弾も二段も違うような気がします。

次はAPS-Cの80D。10Dから始まる2桁機(ミドル機)の最新機種です。
レンズは自前の17-40Lで。

img_9949

img_9897
img_9890
10Dや20Dと比べると、やはりノイズに強くなっています。
色合いも初期のEOSとは違う味わいのある味へと変貌。シャキッとした描写が面白いです。
ライブビューのAFはミラーレスと遜色ないといっても問題はないと思います。ライブビューはキヤノンが徹底的に取り組んできてるだけあって、予想以上に力入ってるなあと感じますね。

さて、お次は5D MarkⅣ今月出たばかりの最新モデル。
やっぱ5Dシリーズはカッコイイですねぇ~
img_9951
img_9952

053a8627
053a9918
6D以上にとろけるボケ味がなんともたまらないです。
同じレンズなのに、ボディを変えるだけでこんなにも違いが出てくるのが面白いですよね。
だから、カメラはやめられないわけなんですが(笑)

 

ここでせっかくなので、展示レンズを試してみます
ガラスケース中のレンズもお姉さんに言えば持ってきてもらえますよ( ^o^ )✩
17-40Lはどちらかといえば広角ですよね。なので普段は安レンズしか使わない望遠を試したい。

お姉さん「どれにいたしますか?」
わい「せっかくだから、ナナニッパで!」

053a9968

鉄道写真だとナナニッパこと70-200/2.8Lが定番の人気レンズ。
昔から憧れのレンズを5D4につけて遊んでました^^
img_9948

このナナニッパをキスデジにつけると、テレ端は換算で300ミリをオーバー。
要するに、「サンニッパ」としても使える万能レンズだったり(笑)
この描写性能と解像度はやはりLレンズならではだわ。
img_9958

 

Nジオラマが!

053a9965
さて、ショールーム内を歩いていると、小さなNジオラマを発見。ちゃんと線路も引いてあり、今でも走らせそうな雰囲気。
何故かこの日はNゲージ車両が二つほど(本来は大須GMで30分くらい走らせようかな、って・・・)
せっかくだから、走らせなくても、レール上に置いてマクロレンズで撮ってみたいじゃん?
と思ったわいは、お姉さんに言ってみると、
裏からパワーパックスタンダードSが!(笑)

「どうぞ自由に使ってくださいね~」

ジオラマはKATOのデスクトップレイアウトという製品に、KATOのジオタウンシリーズのストラクチャーを置いたもの。ゆえにレールはKATOのユニトラック。
なんでも以前はショールームの車両を走らせて開放していたようですが、子供連れによって暴走運転や破壊があっては困る、と普段はパワーパックを隠しているのだとか。
持ち込み車両を持っている、とかお姉さんに言えば遊ばせてもらえる仕組みとのことでした。

img_0001-3
カメラとレンズは「7D2とマクロレンズ」と言ったところ、100Lマクロが来ました。
曖昧な表現でもちゃんといいレンズを持ってきてもらえるのはさすが直営のショールームといったところ(笑)

さて、取り出したのはTOMIXのパノラマカー。以前買ったやつですが、詳しい紹介はまた後日とします。
お姉さんたちからは「かわいい~!」との評判(; ^ω^)
で、置いても動かないのでお姉さんと「なんでだろ~」と思って隅々確認してたら、トンネル内に脱線したショールームの車両が(笑)

車両をとり除くと、元気に走り出しましたとさ。
8c5a9977
一周はコンパクトながら長いので、見ていて飽きません。
8c5a0007
7D2の連射機能も、模型ならフル発揮できます!

8c5a0034
ヤテ線。小さいレイアウトなので走れるか不安でしたが、ぎりぎり走行できました。
こちらも「かわいい~」とお褒めの声(笑)

で、ショールームの車両はというと、なんとTOMIXの樽見鉄道ハイモ330というまたマニアックな気動車でした(;´Д`)
鉄道好きの社員さんがチョイスされたようです。
このコンパクトレイアウトに似合い、かつ東海地方で活躍している車両に絞った結果がこれなんでしょうか。
8c5a0048
確かに、よく似合うな、と。
8c5a0059
8c5a0064

なんだかんだ1時間位時間を潰していたような気がします。
もちろんショールームの展示の一環なのでレンタルレイアウトと違って無料ですし、最新機種+マクロレンズでデータ持ち帰りができるというおまけ付きなので、すごく楽しめますよ(#^.^#)
ただ、もちろん無料でやらせていただいているので、2時間を超えるような長居などは嫌われると思うので、そこは気をつけたほうが良いと思います。

 

ただ、ニコンと比べてもショールームの対応は至れり尽くせりという感じで、非常に楽しかったです(*^^*)
5DSとか1DX2とかKissとかまだ試せてないものも多いので、また1D4を受け取りがてら、遊びに行こうと思います\(^o^)/

丸栄中古カメラバーゲン 2015冬の陣

【お知らせとお詫び】
前回記事の内容に関し、ご覧になり不快を感じられた方にお詫びいたします。なお、当該記事はパスワード保護いたしましたので、通常はご覧になれません。

 

さて、この頃嫌な話ばかりでしたので、鬱憤ばらしも含めて恒例の丸栄へ行ってきました。

DSC_1098

今回は土曜スタートという珍しいパターンです。
冬の「歳末」とつく時期は、イトウカメラなどが例年出展しないため、品揃え的には4月9月に比べてやや落ちます。今回も、それほどインパクトのあるような出物はなかったかのように思います。前回500円のD70のようなデジのジャンクも今回はほぼ皆無でしたね。
ニコンもキヤノンもレンズはそれほど良い出物を感じず、今回買いませんでした。今回はFDレンズのL玉をいつも以上に見かけた感じです。

そこで、今回はものを絞り、3点のみ買いました。というか、この3点以外めぼしい物がないくらい今回はモノがなかったですよ。

AJ3F2165

まずは、PENTAXのK-7レンズキット。大塚商会で29,000円
K10Dを購入してKマウント進出したちょうど1年のこの日、久々にKマウント機が増えました。
以前から気になっていた機種ですが、「AF早い・シャッターショック少ない・MFレンズ遊びに良い」と太鼓判を押されました。
過去にもこの丸栄で何回も見かていますから、よっぽど売れなかったんでしょう。ま、マップやソフマップだとボディ単体だと2万どころか1.5万ほどで出るようになりましたからね。
何故高いかというと、まず元箱が付いてます。取説類も完備していて、欠品はUSBやHDMIのケーブルのみ。そして、本体とキットレンズは新品と見紛うかのような超美品。傷もスレも一つたりとも見かけません。
これ、自宅へ帰って確認してみたのですが、なんとシャッター回数は「835回」、ファームウェアは1.00から全く更新ないんです。
車で例えると、これは中古じゃなくて「新古品」レベルやわ、この価格も納得です(笑)

IMGP7806

キットレンズ(DA18-55WR)ももちろん新同ですよ。チリすらありません。
しかもこれ、キットレンズなのに簡易防滴、金属マウントです。エントリーキットのDAL18-55よりも質感は比べ物にならない程よくなってます。

IMGP7800

Kマウントの単焦点にはDAレンズじゃなくて「銘玉」のM50mm F1.7を選択。
ヤマゲンで4000円
少チリ混入でしたが、カビくもりはない良好な状態でした。

AJ3F2166

やっぱ、違和感ない。ペンタだからこそできる業ともとれますでしょうか。
ニコンでもAiレンズとデジタルボディはここまで溶けこまないからね(笑)

IMGP7797

そして、最後はニコンF用のアイレベルファインダー(前期型)、ゴゴー商会で8,000円
最初愛好堂さんで15,000円のFアイレベル(ファインダー付き)があって、ボディが綺麗で動作も問題なかったので買う寸前まで行ったのですが、予算の関係でファインダーだけにしました。
右隅にカビがありますが、撮影支障なし。アイレベルファインダーによくあるプリズム侵食も見られず、「状態はまずまずですよ」(ゴゴーさん担当者)とのこと。
今フォトミックFTNファインダーをこれに付け替えて遊んでます(笑)

でもさ、…

TamayuraCamera_07

やっぱニッコーマークの初期型欲しくなるよね(爆)

IMGP7795

ということで、名駅スタバの1,100円もする高級コーヒーで一服しながらカメラを眺めてニヤニヤしている私でしたw

それはさておき、2013年のQから始まるペンタックスコレクション、なぜか購入日がQ-S1以外全部12月なんですよね(笑)
12月になるとペンタックスが増える法則でもあるん?
(笑)

実は、また引越していた。(その1)

このブログでなぜか重大事項を公表していないことに気づきました。

先月下旬、引越しました

引っ越しの理由はある事情からなんですが、自発的な要因ではありません。7月に引っ越したところは非常に住み心地良かったですしね(^o^;

引越し先は20年も住み慣れている東尾張(小牧春日井のほう)じゃなくて、西尾張の某市。これまでは大阪や京都行く時に電車で素通りレベルの街でした。

 

最初は嫌々でした。地理分からんし、今住んでる小牧より財政苦しいみたいだし。今あるお金も(引越前の時点で)既にやばいんだけど。物件探しをしていてもなかなか当たりと思える物件が見つからないんです。周辺環境(コンビニとか)が悪かったり、築年数が古かったり、駅からのアクセスが悪かったり。

でも、どうしても引っ越さければいけない理由があった。2日間に渡って小牧からバスで駅前まで行き、不動産屋を6件ほど回った。1日目、某ハウスメーカー系の賃貸物件でキッチンなどが新調されたところも見たが、アクセスや間取りの使い勝手の免で踏ん切りが付かない。メゾネットも間取り的には面白そうだが、間取りの機能面ではイマイチに感じる。

AJ3F1879

①キッチンが新調されただけでは食指はわかん・・・

AJ3F1792

②メゾネット物件のダイニングキッチン。広さは十二分にあるので、2人暮らしとかなら使いやすそう。

AJ3F1839

③洋館みたいな出窓のある物件。広さはあるが、小学校が目の前で閑静な環境とは言いがたいし、コンセントがイカれた状態で放置されている他、裏庭の手入れも放置されていて、借りたいとは思えるところじゃなかった。

 

2日目、別のお店でまぁまぁ綺麗なマンションの物件を案内されました。家賃はちょっと張るけど、1日目の物件よりはとても良い物件でした。内装はちゃんとリフォームがかけられており、CATVとBSが入ります。部屋の広さもとても良い印象。

AJ3F1929

④キッチンの広さはかなりの魅力。シンク右側に物が置けるキッチン台はここだけ。

AJ3F1933

⑤リフォームで壁紙も落ち着いた感じに。

ただ、この物件は初期費用が値引きできないんですよ。その店舗(H社)の担当の方は「詳細金額は他店舗見て回って、この物件にきめていただけたらお伝えします…」と。不動産の営業マン必死なんだな(笑)

最初はそのH社営業マンの通りにしようかと思ったが、思惑は次の店舗に行った時に崩れました(゚д゚)

次の店舗(M社)の担当者にお会いして、最初に言われたセリフが、これでした。

「●水ハウスの物件をお探しですか?」

どうも、HOME’Sで検討して問い合わせた物件の多くが、大手ハウスメーカーである●水ハウスが建築した物件のようなんです。後で知るようになりますが、M社の物件は1LDKとか2DKとか広めの物件が多いだけでなく、子会社による管理体制がいい、窓が大きく採光性も優れている、の三拍子だそうで。ちなみに、上記のキッチン慎重物件も、この積●ハウスの子会社が管理されているところだったのです。

そういえば、7月の引越しの際の最終候補だった物件B(と1件目の1K物件)もこのメーカー施工でしたね。そこの管理人は子会社ではなく個人でしたが(笑)

ということで、そのM社営業マンの人はS水ハウスの物件を集中的に探されていたようで、ある物件を突き出します。

7056-1-1

  • 1LDK、築13年
  • 対面キッチン
  • 駅やスーパー近い
  • 地デジはCATV、BSはアンテナ経由
  • 家賃5.2万

実はこの物件、HOME’Sでも見ていて、いいなあと思った物件でしたが家賃の高さがネックでスルーしていた物件だったんですよ(゚д゚)!でも、管理会社の万全なサポートもあるようですし、ここならちょっと値が貼っても住みたい!と思える物件です。実際、見に行くことに。

AJ3F1947

⑥対面キッチン。やはり、綺麗です。上記のキッチンと比べると若干狭い印象はありますが。

AJ3F1950

⑦なにより窓が大きい。これはハウスメーカー側の意匠なんだとか。窓を少なくせざるを得ない賃貸だからこそ、窓の大きさって大事だと思うんです。

AJ3F1961

⑧僕が一番いいな、と思ったのがこの収納。以前のところは「押入れ」という概念しかなく、使いにくい収納でしたが、この収納、棚板の一を調整できるんです。無駄のない収納が実現できますね(^^♪

 

広さは若干狭くなりますが、それは使いやすい収納によってカバーできますし、スーパーも性格が異なった各種スーパーが近く、利用しやすいです。

これなら、ある程度の不満は感じなくて済みそうです。

 

その日のうちに、最後の物件の早速申し込みをすることにしました。ひとまず物件探しは終了ε-(´∀`*)

そこから約20日に渡る引越し準備が進みます。

続きは次回にて。

 

■追伸

今日の記事から、写真の撮影機材情報を写真に組み込みました。これで、ちょっとばかしはブログ記事も読みやすくできたかな?笑

「てつぱら写真展」へのご来場ありがとうございました!

11月も早くももう半分過ぎてしまいました(´・ω・`)

 

先日11月1日~3日に中部大学CUMAC祭のなかで開催された「第1回てつぱら写真展」では、大勢の方々に来場していただきました。

AJ3F2122

Fhoto:Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L

 

今回は聖地巡礼にまつわる51点の写真を展示いたしました。

ご来場いただき、写真展示をご覧になられた皆様には深く感謝いたしますm(_ _)m

 

また、このCUMAC祭2日目にてつぱら公式番組であります、「セーラー服お兄ちゃん」の初回収録を行いました!

近日中に名古屋げんしけんの「758げんしけんチャンネル」にて公開予定ですのでお楽しみに!

「ヨドバシカメラ マルチメディア名古屋松坂屋」オープン初日突撃!

かつてののぞみ1号と並んで「名古屋飛ばし」の象徴となっていたものが、ついに名古屋に上陸しましたね。

AJ3F2090

Photo:Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L

 

待望の名古屋ヨドバシです

名古屋の大型家電量販店と言えば名駅のビックとラビですけど、ビックは品揃えは良いけど税抜価格で高くなってしまい使いにくく、ラビは所詮はヤマダ電機ですから…笑(ただし、ヤマダ電機で働いてみえる知り合いの方もおりますし、ヤマダ電機アンチではない=ヤマダ電機をdisる気は毛頭ありませんことを足しておきますm(_ _)m)

そんなビックよりも価格が安く、サービスも万全の家電店が栄の松坂屋に出店したのです。もとは松坂屋名駅店跡の再開発ビルに出店予定だったものの、工期が遅れJR東海とイザコザがあって白紙撤回(その後、ビックカメラが拡大出店を決定というツマラン展開に) その裏で松坂屋と独自に交渉を進めていたといい、名駅断念の代替としての意味合いもあると思われます。店名が「名古屋松坂屋」とわざわざ松坂屋がついているのは、名古屋市内で複数店舗を展開する余地を残しているのかも?

 

AJ3F2088

Photo:Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L

ヨドバシといえばアキバや梅田のような旗艦店をイメージしやすいですが、最近では通販に力を入れていてスマートフォンとの連携だったり、アマゾンプライム並の配達の速さと品揃えで話題を集め、あのAmazonに肉薄する規模を持ってきています。なのでヨドバシ・ドット・コムの会員であったり、東京大阪によく行く人だとゴールドポイントカードをすでに持っている東海圏の人も多いのだとか。

CMはこれまでも名古屋で見ることが可能でした(テレビ愛知の「日曜ビッグバラエティ」)。ただし名古屋には店舗がないため、一貫して(何故か最寄りだった京都ではなく)梅田の店舗の宣伝でした。名古屋の人には「ヨドバシカメラ=梅田」のイメージも強いのではないでしょうか?

 

AJ3F2063

Photo:Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L

おっと、話が逸れました。で、名古屋の人も待望のヨドバシカメラがいよいよ本日オープンしました。

私は9:30に到着しましたが、既に290人が開店を待っていました。初出店ともあってメディアはお祭り騒ぎで、東海テレビ・CBC・中京テレビ・メーテレが揃って取材に。中日と朝日の新聞社も。

9:40にフライングオープン。

 

まず4階から見ていきますが、4階はカメラとパソコンのフロア。

カメラ売り場は超望遠を除くほぼすべてのレンズが展示台に置かれており、店員に言わなくてもすぐ試せます。サードパーティのシグマタムロンの品揃えも名古屋の他店を圧倒。カメラ売り場はビックの一人勝ち状態もあって力の入れようが凄いと思います。京都店からヘルプに来られた店員さんも「京都よりも力が入っている」とのことだし。

パソコン売り場はビックとそれほど変わらない規模だと思いますが、プリンターのインク売り場は圧巻でした。

 

5階は家電フロア。報道陣はこの5階を主に取材されていたようです(特に掃除機売り場)値付けは税抜表記のビックよりも安いので、品揃えはビックと大差はなさそうですが、サービス云々も考えればヨドバシ優位ですね。

6階はスマホとゲーム・おもちゃ・ホビー。鉄道模型売り場もちょこんとありますが、ストラクチャーが豊富です。車両は大須、ストラクチャーはヨドバシ、という使い分けができますね(ニッコリ

 

カメラ以外はビックと比較しても品揃えはそれほど多いといった印象は薄いですが、ビックよりもトータルで見た値付けのやすさ、ネット通販との繋がりの良さ、店員サービスの良さでは勝ると思います。選択肢も増えますし、これまで不毛だった栄の家電市場を盛り上げてくれれば嬉しいですね(^^♪

そして、それよりも嬉しいのが、ヨドバシにつられて、他の店も出店・強化をしてきていることですね。カメラだけ見ても、8月に松坂屋南館真横にレモン社がオープンキタムラも至近距離のところで新規出店。大須のキッズランドも、ヨドバシ出展を警戒してか、今月改装を行って、スーパーキッズランドへバージョンアップするという話も出ています。これとは無関係だけど、パルコにはアニメイト(ただしここのメイトは女性向けが8割)もできたし、これまで名駅に押されていた栄・大須エリアがますますおもしろくなりますね!ヨドバシの相乗効果ぱねぇよ、マジで(;´Д`)

 

DSCF6781

Photo:FUJIFILM X-A1 + XC16-50/3.5-5.6OIS

んで、開店から30分ほどの掃除機売り場では女子アナさんが「こちらの台数限定特価の掃除機、もう売り切れです!」と声を上げるなか、その横にまだ売り切れていないサイクロン掃除機が。それをじっと見ていると、店員さんの声がけ。製品はSHARPのEC-QX310のピンク色。値段は14,800円(税込)+ポイント10% (つまり、ネット最安値よりも2~3千円安。ポイント込でAmazonより4千円安) 10台限定で残りは3台。

投げ売り値だと知らなかったし、そもそもこの掃除機がサイクロン掃除機であることは帰宅後までわからなかったんですが(笑)、後から女性客2人が購入され、私も勢いで「言っちゃおうか」の一言。この日は小物だけ買おうかと思ってきたのがこの有様だよ!久々のイヤッッホォォォオオォオウ衝動買い!

をしてしまいました(笑)

正当な理由?もちろんあるよ。7月の引越しから掃除機未購入で、原始的なホーキとチリトリで悪戦苦闘してましたから(笑)

 

第一印象は何よりも「軽っ!」 開封前の外箱を片手で余裕で持てるほどの軽量っぷり。

 

DSCF6784

Photo:FUJIFILM X-A1 + XC16-50/3.5-5.6OIS

そして、開封してコンパクトさにも目を引きます。こんな私みたいにほっそりした掃除機あったでしょうか?

吸引量は紙パックに比べるとやや劣るものの、一人暮らしなら充分だと言えます。

本当は手入れが楽でもっと安い紙パック式の方が良かった(というかサイクロンにする気がなかった)んだけど、ネットの価格なども考慮すれば、まぁ満足できますね。でも手入れマンドクセ(‘A`) ちなみに手元にあった去年冬のカタログの時点で在庫僅少の記載があり、在庫処分の意味合いも強かったのかも。

実家が今年初旬にサイクロン掃除機に変えたためにだだ余り、引越し時に押し付けられた紙パックをどう処理しようかねぇ・・・?

今年2回目のお部屋探し

9月30日、10月1日、と私は愛知県内の某都市を訪れていました。

 

目的はお部屋探し。就職先が決まりましたが、どうしても今のところから通勤が厳しいため、やむを得ず転居をせねばなりません。転居先は今のところよりも物件数が多く、回るのも大変でした(;´Д`)

 

1日目は水曜定休じゃない2社を回る。

メゾネットタイプの物件も見ましたが、私一人ではもったいない使い方しか出来なさそう。2社目ではキッチンや洗面台が新品の物件も行きましたが、間取りや立地を考えるとイマイチなんですよね。

AJ3F1792

Photo:Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L

AJ3F1865

Photo:Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L

AJ3F1889

Photo:Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L

 

2日目。この日は3社へ。

1社目のところで、綺麗なマンションを案内されました。キッチンが広くて使いやすそうで、広さも充分。中部屋と初期費用以外は満足の行けそうな物件でした。

家賃の値下げができるか聞いたところ、営業さんが大家さんと交渉の上、今のアパートの家賃まで落としてくれるとのこと。見積もりを依頼したら、

「見積もりは最後にします。全部見終わった後また来てください。」

と言われ……。

AJ3F1932

Photo:Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L

続いて2社目。HOME’Sの方で問い合わせていた物件を営業さんが見て、

「積水ハウスの物件をお探しですか?」

と一言。

別に求めているわけじゃないんだけど、ここらへんは積水ハウスのアパートの数がもともと多い地域なんですよね。積水ハウス子会社管理の物件はリフォームが行き届いていて、築年数が古くても、さっきのキッチンが新品の物件のように、内装には抜かりありませんので。

で、案内されたのは1LDKの角部屋。勤務先や駅まで徒歩圏内。

綺麗、これに尽きます。築年数も今のアパートと同年で、隣室と接しているのは水回りのみなので、気兼ねなく生活しやすい間取りなのが魅力。そして、なにより対面キッチンと収納に惚れちゃいました(^^♪

AJ3F1951

Photo:Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L

AJ3F1961

Photo:Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L

 

設備も家賃も悪くなく、初期費用も他の物件よりお値打ちにしていただけるようです。この物件は今のアパートより若干狭くなりますが、支障が出るような間取りでは全然ありませんので。

3社目でこれを超えられるような物件がなく、この物件を即日で決めて抑えのサインをしてきました。

 

あとは審査があるようですが、審査に落ちてもまぁ入居には問題がないようなので、ヨシとしましょう(^^♪

Tokina AT-X 150-500mm F5.6

この間のレモン社で買った(口径)92㍉単装砲

3,800円のジャンクだったので、中玉がややカビている状態ではありますが、前玉はとてもクリアでした。

AJ3F1722

Photo:Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L

 

D700で150~500ミリ域をカバーするマニュアルフォーカスの望遠ズームなのですが、とりあえず室内で使ってみました。

今回は部屋の端っこから対角にあるPCの画面を写して、どこまで写せるかを見てみました。使用カメラはD700なので、焦点距離そのままの画角です。流石に重すぎて手持ちできないので、テーブル固定です。

画面に写っているのは、艦これの母港画面です、画面に写るのは軽巡球磨だクマ(* ̄(エ) ̄*)  ➔艦これはじめました

「出撃」の文字にピントを合わせています。絞りは開放です。

DSC_1043

Photo:Nikon D700 + AF-S50/1.8G

 

まずは150ミリ。まだ母港画面全体写っています。「任務(クエスト)」の文字も等倍でははっきりと見えています。周辺部の流れもそれほどひどくはなく、きりりとした描写です。

DSC_1024

Photo:Nikon D700 + Tokina AT-X150-500/5.6

 

次はいきなり飛んで300ミリ。開放ということもあって、周辺部は流れと減光が目立ちますが、マニュアルフォーカス時代のレンズということを考えればそれなりに抑えられていて非常に優秀です。中心部はそれでいてくっきり。

DSC_1028

Photo:Nikon D700 + Tokina AT-X150-500/5.6

 

そして最後は500ミリ。流石にここまで来るとモヤッとしていて眠いですね。500/5.6というスペックは全く悪くはないですが、流石にズームとなるとやはり無理があるのかもしれません。ただ、周辺減光は意外と気にならないレベルです。

DSC_1030

Photo:Nikon D700 + Tokina AT-X150-500/5.6

 

この大砲、ググってもあまり情報が出てこないので評判という評判がわかりにくかったのですが、F5.6固定であるがゆえの高い描写力が実現できていると感じます。発売は80年代末ということらしいですが、そこらの現行キットレンズとも十分戦える、というかそれ以上の描写です。25年も前のレンズにはなるんですけど、D700との相性は良く、D700の見やすいファインダーと正確なフォーカスエイドも相まって、引き締まった感じになっています。少なくともニコンの24-85(VR無)よりはポテンシャルを引き出せている感じはします。

トキナーの珍しいレンズですが、見かけたらぜひ入手してみてください。

見ているだけでニヤニヤできますよw

Nikon D70ファーストインプレッション

この間の丸栄でワンコイン500円で入手したD70

AJ3F1708

Photo:Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L

D70は2004年発売の機種なので、もう10年も前のデジカメになります。ミドルのD100より更に値上げを行い、ニコンデジイチの敷居を拡げたヒット作です。エントリー機として出されたので、当時のライバルはEOS 10Dや20DではなくEOS Kissデジタル。D70では操作系をミドル機のものと同じにしてキスデジに対抗しました。その一方で、ファインダーはペンタミラーとしオートモードを搭載するなど、エントリー機並みのコストダウンの努力もみられます。2ダイヤル操作&ペンタミラーの組み合わせは今のEOS 8000Dに通ずるところがあります。

D70とその改良版であるD70sをベースとして、さらに操作系の1ダイヤル化などのコストダウンを行ったのがD50なんです。D50と比較しますと、ファミリー層に特化したD50はD70よりもボタンを大きくしシンプルな操作に仕上がっている感じですね。

液晶は1.8型だが、20Dより使いやすいものとなっています。

AJ3F1709

Photo:Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L

 

早速、試写に行ってきました(^^♪

DSC_5013

Photo:Nikon D70 + AF-S50/1.8G

DSC_5058

Photo:Nikon D70 + Ai Micro55/3.5

DSC_5071

Photo:Nikon D70 + Ai Micro55/3.5

 

色の出方はD50に比べややあっさりしています。D50よりかはD80に近いです。

6メガという画素数はやや不足も感じ、やや解像感に物足りない傾向があるのはD50に似ているとも言えます。ただ、粒だった仕上がりではっきりと出た画になっていると思います。

もちろん10年も前のものになるし、センサーもCCDとなっているので、高感度には弱い傾向ですが、ノイズは少なく、すっきりとしていますので、充分今でも使えるカメラだとは思います。

 

ワンコインでここまで遊べるのであれば、ほんとに激安どころかタダ同然な感じがしますね。

デジタルは価値が低くなるのが早くなってしまうデメリットの裏に、クソ安で手に入りやすいメリットがあるのは大きいでしょう。以前憧れだった機種を安く手に入れることができるのも、中古デジタルカメラの楽しみでしょう。

宇治に行きたくてウジウジしたので、行ってきた Vol.2

前回はこちら

 

石山着きました。ここからいつものルートで石坂線へ。

AJ3F1026

Photo:Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L

前回来た時と違う点は、駅ナンバリングが大津線にも導入され、駅名票などの掲示が新しくなった点。旧式のデザインをベースとして、駅ナンバーと京阪ロゴが付与されました。京阪石山駅に掲示の路線図も同様に変更されてました。

AJ3F1028

Photo:PENTAX Q-S1 + 01STANDARD PRIME

AJ3F1029

Photo:Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L

 

今回のお目当ては先日放映されたアニメ「響け!ユーフォニアム」のラッピング車。事前に運用を確認し、この日は京阪石山駅に石山寺行きとして8:58に入線します。それまでは撮り鉄。

AJ3F1047-1

613F通常色  Photo:Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L RAW現像

AJ3F1042-1

603F特急色  Photo:Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L RAW現像

この日は600形も700形も通常色がわりかし多かったかな。後の編成は省略。

 

平日のラッシュ時でしたので若干数分の遅れが出てたようですが、本題のユーフォラッピングは定刻通りに到着。ここから石山寺へ。

AJ3F1054-1

Photo:Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L RAW現像

 

(To Be Continued)

丸栄中古カメラバーゲン 2015秋の陣

DSC_1010

Photo:Nikon D700 + Ai Micro-Nikkor 55/3.5

さぁ、「秋の例大祭」です。今回も初日参戦でございます。春の望遠撃破作戦に引き続き、今回も知り合いの方と2人です。

 

で、戦利品の前に、昨日の動きを。

今回は2人でまわったのちに、食事のために大須へ行くこととなりましたので、徒歩で大津通を通っていましたが、途中松坂屋の南館の方を見た時に、ある看板を発見。

AJ3F1693

Photo:Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L

「レモン社」……なんだと……!

 

「レモン社」というのは東京圏ではお馴染みの中古カメラ屋さん。ライカなどの舶来品を中心としながら、最新デジタルまで抜かりない商品展開です。銀座や新宿に店を構えており、この2店舗は先月コミケに行ったついでに立ち寄りました。ちなみに、関西圏にある「カメラのナニワ」や福岡の「タカチホカメラ」もこの会社が運営してます。

AJ3F0674

↑銀座店  Photo:Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L  (2015.8.15)

 

DSC_0860

↑新宿店 Photo:Nikon D700 + AF-S24-85/3.5-4.5G (2015.8.14)

DSC05072

↑カメラのナニワ京都店 Photo:SONY α77 + SIGMA18-50/2.8EX DC MACRO (2014.10.11)

 

そのレモン社が名古屋に8月に進出したようで、全然知りませんでした(大汗)

AJ3F1692

Photo:Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L

非常にコンパクトな店頭ですが、東京の店舗に比べると、国産品、それもデジタルに力を入れている印象がありました。店員さんに話を伺うと「脱舶来品」をコンセプトにされているようで。

隣に松坂屋の南館(=11月オープンのヨドバシカメラ)があることから、ヨドバシの出店に合わせたようです。レモン社店員さんによりますと、キタムラもヨドバシの出店に合わせて栄に10月末新規出店だそうで、最近名古屋の中古カメラ事情が盛り返している感じがしますね(^^♪

AJ3F1732

Photo:Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L

レモン社さんが名古屋の中古カメラMAPを配布されていました。名古屋の中古カメラ店はネット上でもあまりいい情報がなかったですので、定休日や営業時間もバッチリ載ったこのMAPは非常に重宝できそうです。

それにしても、デジタルの中古を見に行くのに、チェックできる箇所が一つ二つ増えるのは非常にありがたいことです!

 

ということで、今回の戦利品にはレモン社で入手したブツも含まれております。

AJ3F1700

左から

  1. Canon EF70-210mm F4
  2. (上)Nikon D70
  3. (下)Nikon Ai Micro-Nikkor 35mm F3.5
  4. (レンズ)Tokina AT-X500 150-500mm F5.6
  5. (ボディ)Nikon F2フォトミックA
  6. ニコンストラップ&EOS-1ストラップ

 

まずはストラップ。

AJ3F1729

Photo:Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L スピードライト540EZ使用

イトウカメラで1,000円。ニコンのは普通の市販タイプのものでしょう。

AJ3F1730

Photo:Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L スピードライト540EZ使用

イトウカメラで1,000円。キヤノンの方は初代EOS-1時代の本革。高級感は充分ありますよ!

 

AJ3F1701

Photo:Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L スピードライト540EZ使用

EF70-210はハットリカメラで5,000円。白レンズ導入までの繋ぎの意味合いが強いかな。USMじゃないので、AFはうるさく遅いです。F4通しなのは魅力だし、試写の描写は良かったです。ただ、現行のEF70-200/4Lなどとは別物ですな。可もなく不可もなく。

 

AJ3F1708

Photo:Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L スピードライト540EZ使用

ジャンクの青籠にありました。たしかゴゴー商会だったか、鈴木特殊かどちらかだったかと。500円のシールですが、ミスではありません。ワンコインでデジイチ買えるとは………(笑)

中のバッテリーは残量不足でしたので、D700のバッテリーとAF-S50mmで動作確認。液晶・AF・シャッター・記録すべてOKでした。おい、500円で完動品かよwwwwwww

 

AJ3F1712 AJ3F1718

Photo:Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L スピードライト540EZ使用

F2フォトミックA。こちらも5,000円だったので即買。一応セルフタイマーとシャッターは確認し、両方OKでした。モルト劣化はなんとかなるし、ファインダースクリーンが入っていないことを失念してましたが、まぁFと共用なのでなんとかなりますから(^^ゞ

これで何でかF、F2、F3が1台ずつ揃いましたね(爆

 

AJ3F1715

 

Photo:Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L スピードライト540EZ使用

ボディが2台増えたので、レンズも2本追加したんですが、1本目はハットリカメラで見つけた55マイクロ、5,000円。記事トップの写真はこのレンズでの試写。やっぱニコンええわ~キレが良い(笑) 中もクリアでピントリングのゴム切れ以外は状態がよろしい。マクロレンズは前から欲しかったですが、これなら所有しているすべてのニコンカメラで使えますので、これは楽しくなりそうです。

 

AJ3F1722

Photo:Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L スピードライト540EZ使用

そして、今日一番の珍品、春入手のタムロン200-400を超える(口径)92㍉単装砲(笑)をお持ち帰りしました。

これだけ丸栄ではなく、レモン社のジャンクから。150-500ミリという今だとシグタムの150-600とかのご先祖にあたりそうなレンズ。500ミリの超望遠域をカバー、それでいてF5.6通し、マニュアルフォーカスというとこ以外は今のレンズも顔負け。重さはなんと2.2kg、もうダンベルだろこれ(笑)

でも、D700との相性は抜群、タムロン200-400なんかよりカリカリしていて面白いレンズですよ、これ。

 

ということで戦利品は以上。

今回は金曜スタートなためか、テレビ局の取材を1件も見かけず、客層もいつもにましてテンバイヤーっぽい人をよく見かけました。レンズもめぼしい物が少なく、今回はちょっとハズレかも。

とりあえず、次の冬の陣に向けて早くも金策しましょうかね。