ストロボ540EZ

今日は予定通り540EZのお話。

IMGP3651

Photo:PENTAX Q + 02STANDARD ZOOM

 

キヤノンの銀塩世代のスピードライトになります。ガイドナンバー54なので、結構式などブライダルでも十分活用できるタイプで、プロの方も愛用されていた方が多いのではないでしょうか。

TTL方式が現行と違うため、デジタルEOSの場合はTTLモードではフル発光できず、フルマニュアルでの使用となります。

 

で、この540EZですが、大須コメ兵カメラ館のジャンクコーナーでなんと3千円でした(^^♪ 当時は5~6万もするストロボが、今となってはこの価格なわけですから驚きです。

もちろんフル機能生きていましたので、内蔵ストロボを持ってない1D4にぴったり。ボディもレンズもストロボもなかなか良いものが揃ってきましたね(^O^)

1D4につけるとこうなります。

P1030540

Photo:Panasonic DMC-G1 + LUMIX G14-45/3.5-5.6

バウンス撮影が楽しすぎます(^^♪

 

ちなみに、他のカメラにも装着して使えるか試したら、D700とペンタQでも発光しました(カメラ側の設定は発光禁止)

Qで発光するので、おそらくQ-S1もOKでしょう。

540EZ、たったこれ1つでニコンとペンタQのストロボ要らずで撮影の幅が広がりますね(笑)

P1030538

Photo:Panasonic DMC-G1 + LUMIX G14-45/3.5-5.6

Qにつけると、Qがおまけに見えてしまう不思議。

P1030541

Photo:Panasonic DMC-G1 + LUMIX G14-45/3.5-5.6

意外と違和感ない(笑)

自作機、SSDを交換

生きてます(・・)

 

この間東京のアキバへ行った際に、SSDを購入していました。今回は、自作機にあるSSDをアキバで購入したSSDに交換しました。

今回交換する理由としては、128GBのSSDの残り容量が10GB切ってしまいPCの動作が鈍化したための容量増が一つ、もうひとつはD700や1D4で撮影したRAWデータを展開するソフトを入れたかったため。

今回交換先とするSSDは、CFDの256GBのSSD。評判の良さと、東芝製の安心感から選択しました。アキバのツクモeXで14k、当日は500円引きクーポンを使えたほか、つくもたんクリアファイルもGET(^^♪

IMGP7700

Photo:PENTAX K10D + TAMRON17-50/2.8 XR DiII

IMGP7703

Photo:PENTAX K10D + TAMRON17-50/2.8 XR DiII

このSSDに、128GBのプレクスターM5SからCドライブのデータをクローンでまるまる移します。今回クローンとした理由は高額ソフトであるOffice2013のインストールディスクを持っていないことと、HPビルダーの中のデータが不安だったので、クリーンインストールができないためです。

空いているSATA2スロットに接続し、電源もつなぎます。

P1030528

Photo:Panasonic DMC-G1 + LUMIX G14-45/3.5-5.6

M5Sはまだ必要なので、とりあえずぶら下がり状態に。

DSCF6662

Photo:X-A1 + XC18-55/3.5-5.6OIS

 

クローン化するためのソフトはEase US Todo BackUP Freeを使用。「システムで予約済み」と「:C」のデータを移行します。

DSCF6664

Photo:X-A1 + XC18-55/3.5-5.6OIS

 

あとはM5Sを外し、M5SのポジションにCFD256GBを入れます。Win7のインストールディスクを使用してデータ修復をしたら、完了。移設後も問題なく全ソフトを使用することが確認でき、一安心。ベンチマークでは、M5Sよりも大幅な速度向上がされているようです。

 

HDD2cfd256

左がM5Sでの計測、右がCFD256GB。Seqと512Kは大幅な改善が見られます。Cristal DiskMarkのバージョンはおそらく同じバージョンです。

 

そして、M5Sは2年半以上自作機を支えるメインパーツとして活躍してくれました。まだまだフォーマットすれば使えると思います。次なる活躍場所を、今模索中です。

AJ3F0883

Photo:Canon EOS-1D MarkⅣ + EF28-80/3.5-5.6ⅡUSM

引っ越し後、現状報告

やっと、アパートにネット回線が入りました。ただし、今の回線はモバイルWi-Fiなので、ノートPCから更新しています。

現在の状況報告です。

 

引っ越しは7月1日に無事終了しました。この日はすぐ要る生活必需品のみを家から搬出。具体的にいえば、カメラ類、BDレコーダー、パソコン、着替え、その他カップ麺、等々。

その後、近所のホームセンターでメイン部屋用のLEDシーリングライト、扇風機、カーテンなどを購入。サークルのため一旦大学へ行った後、帰宅してからセッティングをして、溜まっていた春アニメを1週間分消化。

 

セッティング後のメイン部屋はこのようになりました。

ベッドだと置き場所と隙間からの落下物対策とホコリ取りに苦労しますので、フローリングに直接マットレスを引いて寝てます。

DSC_0300

Photo:Nikon D700 + AF-S24-85\3.5-4.5G

反対側から。

DSC_0301

Photo:Nikon D700 + AF-S24-85\3.5-4.5G

パソコン周り。アニメ視聴のやり方は変わらず、レコーダーからHDMIでEIZOのモニタに繋いでいます。テーブルは実家の自室のものを流用しましたが、作業スペース的に問題なし。

DSC_0302

Photo:Nikon D700 + AF-S24-85\3.5-4.5G

 

必要な家電類は、必要なものから揃え始めています。

・カップめんを食べるために、一番最初に買う予定だった電気ケトルは、実家にタイガーのジャーポットがあるということで、タダで貰いました。

・洗濯機はハイアール製のJW-K42Hを選択。ステンレス槽なのに、2万を切るお得な価格設定に目を引き、ヨドバシ通販でポチりました。洗濯機は月曜の午前に到着します。

J0000011425

・冷蔵庫は三菱電機のMR-P15Yのブラック。冷蔵庫はハイアール製は当たり外れが多いようで、霜取りも面倒で嫌だったので、ファン式の日本メーカー製を、と考えて、シャープの同等機種とも比較しましたが、質感や付属品が三菱のほうが良かったです。こちらは近所のヤマダ電機で購入。木曜日に設置工事に来ます。

K0000711952

・電子レンジはツインバードのDR-D319W6を冷蔵庫と一緒に買い、即日持ち帰りました。冷蔵庫をいいのにした分、安もんでいいや、と思いましたが、ターンテーブルじゃないところだけは妥協しませんでした。700Wも使えるし、温めの機能は申し分なし。

・炊飯器は日本メーカーのマイコンジャーを検討中。当初はパナソニックを選ぼうかと思いましたが、どこもお取り寄せなので、象印や東芝など別メーカーも検討中。

 

ネット環境はフレッツ光の開通工事が今週金曜日となりました。それまでの繋ぎとして、イーモバイルのモバイルルーターをレンタルしてワイモバイルの回線でネットしてます。速度は遅いですが、フレッツが来るまでの我慢我慢^^;

あとはテレビですが、CATVじゃなくなった関係で三重テレビは視聴できなくなったものの、アパートにBSアンテナが付いているため、ついにBS放送が見れるようになりました。BSが見れるのは大きいです。三重テレビで放映されるもの(今期だとアイマスシンデレラガールズ)は大抵BS11で放送してくれるので無問題。しかも、ガルパンの再放送が始まるようで、当時見逃した身としてはとても嬉しい(^_^) 今期は地上波のみだと5作品のところ、再放送も含め、8作品は確定となりました。BS最高!あ、もちろんNHKは衛星契約を申し込み済なので、集金員は来ないようお願い致します(笑)

 

食料ですが、カップ麺のみでなく、ジャーポットのお湯で使えるインスタントの味噌汁や電子レンジのみで調理できるパスタなども購入。冷蔵庫が来たら、サラダなど簡単な調理はしたいと思います。

その他の趣味道具は順次移設中で、倉庫兼趣味ルームへ移しています。最終的に趣味ルームは、鉄道模型のレイアウトを設置したいと計画中です。

 

周辺環境ですが、近くに国道バイパスがあるのに、かなり静かです。周辺に家と田んぼしか無い実家以上に静粛で、快適に過ごせます。隣人や下の階の方もほとんど生活音が聞こえません。

実家と大きく違うのが、周辺の店の数。コンビニはサークルK、ファミマ、ローソン、ミニストップ、セブン-イレブン、使いたいATMや商品、行先によって使い分けができますし、食品スーパー、ホームセンター、ダイソーも徒歩圏内。レンタル屋は残念ながらまだ行ったこと無いところですが、1軒CDレンタル可能なレンタル店がありました。

一人で2DKなど贅沢すぎる気もしますが、その分満足行く生活ができていますので、家賃の高さ含めて航海はしておりません(笑)

 

パソコンも夏モードに変更、心機一転頑張っております。

久々にワーキンの壁紙引っ張りだしました。初代のメイン機のノートパソコン以来ですね(今のノートパソコンは2代目で完全にサブ扱いです)

P1030523

Photo:Panasonic DMC-G1 + LUMIX G14-45/3.5-5.6

SAKURA 2015

本日は私のカメラオールスター感謝祭(笑)

様々なカメラでとらえた今年の桜の様子です。

 

■D700

D700とX-A1の桜は先月末、桜上水で撮影しました。八分咲きほどで、満開まであともうちょいというところでした。この日は晴天に恵まれ、空と桜のコントラストを楽しめました。

フルサイズ機D700の描写は、やはりほかとは一線異なるタッチで、カリカリとした中心部と、フワフワとしたボケの両立が上手いです。

DSC_9127

Photo:Nikon D700 + AF-S24-85/3.5-4.5G

 

■X-A1

今年撮った桜で一番良い出来に仕上がっていたのがこのX-A1で、CMOSだけどフジらしい爽やかな感じがします。D700同様好感度が強く、ここまでカリカリかつ鮮やかな描写ですと、ファインダー付きのX-E1あたりも触ってみたいと感じてしまう禁断の果実、それがX-A1。

DSCF6105

Photo:FUJIFILM X-A1 + XC16-50/3.5-5.6OIS

「ドラマチックトーン」を使うと、肉眼では見れない変わった視点から楽しめます(^^♪

DSCF6085

Photo: FUJIFILM X-A1 + XC16-50/3.5-5.6OIS ドラマチックトーン

 

■K10D

ピントずれが指摘された(詳細後日)K10Dですが、桜の撮影ではほとんど不便を強いられることなく、D80に近い仕上がりの絵が出てきました。CCDだけどD80同様のあっさりとした色目です。解像度も申し分なし。

IMGP7294

Photo:PENTAX K10D + DAL18-55/3.5-5.6AL

 

■α77

久々に使ったα77ですが、低感度での力の発揮ぶりは相変わらずです。3軸チルト液晶がバリバリ使えるのもα77の良いところですね。解像度はイマイチだけど、ボケ味は一級品です。

DSC05828

Photo:SONY α77 + SIGMA18-50/2.8EX DC MACRO

 

■COOLPIX2000

13年前のクールピクス2000の200万画素でも、充分桜は楽しめます。ISO上限が100なので風が強いと厳しいですが、無風かつ明るい時間帯なら申し分なく撮れます。白飛びしやすいのが難点ですが、発売時期を考えるとむしろ優秀。ニコンらしく、CCDだけどあっさり目の色彩です。マクロモードは桜のクローズアップに強い威力を発揮出来ました。

DSCN0053

Photo:Nikon COOLPIX2000

 

■D50

では一方で、一眼レフのほうは、といいますと、こちらも申し分ない描写です。中級機のD80やK10Dと違って、ややこってり目の色が出てきます。D50はエントリー機で、ややリアルさを犠牲にしてターゲットのファミリー層に合わせた色彩なんでしょうね。これはこれでいい味出していると思いますが。

DSC_0057

Photo:Nikon D50 + AF-S24-85/3.5-4.5G

DSC_0063

Photo:Nikon D50 + AF-S24-85/3.5-4.5G

 

■LUMIX G1

G1とE-M5はオールドレンズとの描写も見てみました。

パナらしくリアルに近いスッキリとした仕上がりなのが特徴になってます。FDレンズとの相性も良く、G1特有のくせのあるシャープ感を味わえます。

P1020970

Photo:Panasonic DMC-G1 + FD28/3.5SC

P1020962

Photo:Panasonic DMC-G1 + FD28/3.5SC

 

■OM-D E-M5

最後はE-M5。パナレンズとの相性が良いだけでなく、テッサーのくせのある色合いがかなりいいです。アートフィルターの「ポップカラー」と合わせれば、さらに桜の味が引き締まった感じになります。解像度も良好です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Photo:OLYMPUS OM-D E-M5 + Tessar2.8/50

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Photo:OLYMPUS OM-D E-M5 + LUMIX G14-45/3.5-4.5

 

今年は去年移行に導入したカメラでとった桜を見てみましたが、どのカメラにも一長一短ありまして、その違いが端的に現れるのがこの桜の描写だと思っています。

今年は天気に悩まされ、地元での撮影は残念ながら曇天で、ここ一週間先ずっとぐずついた天気で非常に残念です。

来年は、快晴の空の下で思いっきりシャッターを切ってみたいものです。

 

■番外編

EOS 20Dを久々に使いました。非純正バッテリーはさすがにかなりくたびれているようで、途中で電池切れしました。

描写はいかにもキヤノンらしい味………

私はあんまりキヤノンの色好きじゃないんだよな。万人受けであるのはよく分かるんですが、なんかそのせいか味気ない印象で………

IMG_0576

Photo:Canon EOS 20D + TAMRON28-200/3.8-5.6

レンズ2本を追加投入

ソフマップからまた荷物が届きました(^^ゞ

中にはレンズが2本。今回も安レンズですよ(笑)

 

1本目はペンタのDAL18-55 F3.5-5.6ALで、前世代の標準キットズームとなります。

P1020950

P1020951

Photo:Panasonic DMC-G1 + FD28/3.5SC

 

DA18-55との違いは、ラインが緑ではなくシルバーである点と、マウントがプラに格下げされている点です。ただ、基本的な光学性能は全く一緒なので、これだけの変更で2,500円にまで安くなるところは嬉しいです(^^♪

P1020949

Photo:Panasonic DMC-G1 + FD28/3.5SC

おまけでニコンのフィルター付きでした。ラッキー♪

K10Dにはちょっとアンマッチかな?

P1020958

Photo:Panasonic DMC-G1 + FD28/3.5SC
もう1本は、フジXマウント用のXC16-50mm F3.5-5.6 OISです。こちらは、X-M1やX-A1のキットレンズ。

こちらもプラマウントとなります。

P1020945 P1020952 P1020955

Photo: Panasonic DMC-G1 + FD28/3.5SC

ブラウンのX-A1に装着。

P1020957

Photo: Panasonic DMC-G1 + FD28/3.5SC
早速試写。

まずはDAL18-55

IMGP7264

Photo:PENTAX K10D + DAL18-55/3.5-5.6

う~ん、解像度がいまいちに見えるのはやはりK10Dのピントがずれているからなのでしょうかね。ピントの微調整がそろそろ必要ですね。

 

今度はXC16-50

DSCF6014 DSCF6016

Photo:FUJIFILM X-A1 + XC16-50/3.5-5.6OIS

 

こちらはバッチリですね。ブレ補正もしっかり機能しています。

それにしても、ISO3200で撮ったのにここまでノイズが少なくて鮮やかな発色、素晴らしいとしか言いようがありませんね(^_^;)

NEX-F3 MEETS Tessar LENS

NEX-F3用のM42マウントアダプターがこの間到着し、早速ぶん回してみました。

 

Eマウントだと高価なAF純正ツァイスという手もありますが、オールドツァイスもなかなか似合います。

P1020942

Photo:Panasonic DMC-G1 + G14-45/3.5-5.6

 

室内チェック。

DSC00065

Photo:SONY NEX-F3 + Tessar50/2.8

 

中心部はなかなかシャープです。周辺部はやや流れてますが、製造年代を考えると申し分ない描写力だと思います。

 

名古屋の街へ試写に行きました。

DSC00091

Photo: SONY NEX-F3 + Tessar50/2.8

 

ボケというよりかは、シャープさを狙うったほうが美味しいみたいです。

 

DSC00115

Photo: SONY NEX-F3 + Tessar50/2.8

大須観音。

いいカリカリ具合です。NEXのセンサーの描写とテッサーの色合いがよくマッチしていて、スッキリとしています。

 

DSC00125

Photo: SONY NEX-F3 + Tessar50/2.8

 

こんなものはキットレンズのSEL1855ではAFが遅すぎてほとんど撮れませんが、MFなら自由自在。

狙って撮るのもありだし、行き当たりばったりも非常に面白いです。

 

あと、NEX-F3の液晶は非常に見やすいですので、ピーキングがしやすいのも◎なんですよね(^^♪

しばらくはテッサーでNEXの描写を楽しんでみようと思います(^^)

【タムロンA16】K10D用の常用レンズを決定

先日出しましたNEX-3Nの査定が出ました。

NEX-3Nが買取上限で8千円、SEL1855は鏡筒ガタツキという理由で難有り品扱いで100円でした。写りには問題ないんですがね…(^_^;)

まぁ、合計金額は8,100円となりましたので、予定通りNEX-3Nは売却となります。SEL1855は……帰ってきてもらおうかな(^_^;)

 

さて、NEXも売っぱらったところで、今度はK10D用のレンズを物色。

K10DにはPENTAX-F 28-80/3.5-4.5というレンズが現在装着されていますが、このレンズ、今まで使ったレンズでレベルの低いレンズです。出てくる画は解像度が低く、眠いです。AFの精度も悪いだけでなく、AFの合わせ方も、「ガン!ガン!」と今にも壊れそうな暴れ方でピント合わせをします。そんでもって暗く、外出時でしか役に立ちません(外出時でも役に立たないこと多し)

ということで、今回こちらを購入。

10505511925

TAMRON AF17-50mm F2.8XR Di II (名称長っ!)というレンズ。通称A16というコンパクトな大口径標準ズームレンズです。

本当はDA単焦点レンズを考えていましたが、安価なものってプラマウントだって知ってから、なんか買う気が無くなりました。キヤノンのEF50/1.8IIみたいな価格だったら納得だし2本くらい欲しいけど、ニコンの50/1.8D(Gじゃないよ)とほぼ同じ価格帯でプラマウントなのもな………

と思って探していたら、このA16をお値打ち価格で発見。ソフマップで税込17,280円なら、金額的にもいいですね。

なにより、F2.8通しという大口径なのがやっぱり決め手となりました。α77で使ってるシグマの18-50/2.8同様、絞ればシャープな写りだと評判で今でも現行レンズなので、良いなと思いました。

 

P1020631

Photo:Panasonic DMC-G1 + Canon FD50/1.4 SSC

 

実は、A16はAマウント用を触ったことがあります。シグマの18-50と迷った時でしたね。

A16は寄れない代わりに、色は忠実(暖色系よりも寒色系に強い)、シャープさはシグマより良かった印象です。

同じ機種なので、風景撮りには非常に良さそうですね(^^)

【写真さんぽ】Vol.8

P1020856

Photo:Panasonic DMC-G1 + TV8/1.3 、2015.1.9、JR中央線春日井駅

 

ネタが少なくて、写真さんぽが続いておりますm(_ _;)m

 

わざと、ケラれてみる。すると、今までに見たことのない面白い視点が見られる。

Cマウントのビデオ用レンズは、新しい視点を与えてくれました。

ピント合わせはなかなか難しいのですが、今回の写真は運良くジャスピンだった作例の一つ。

211系は回送列車で駅を通過する。停車の電車よりもスピードが早く、α77のAFですらもピントを外しやすい。今回はよく撮れたと思っている。

 

TVレンズは、今はG1のレンズの一つとなっていますが、近日中にもQマウント用のマウントアダプターも購入し、Qマウントの3台でも使えるようにしたいと思っています。

 

ニコンD700 【ポチった編】

今年のあと明日を残すのみとなりました。

そんな一年の終わり際にあるものをポチりました。

 

ハイ、タイトルでバレバレですね(笑)、何を言おうニコンのD700です。

00490711133

 

まだメインのα77のレンズさえも録に揃えてないのに、このタイミングでフルサイズ!と言うのもちょっと不思議ではありますが、実はいろいろな事情がありました。

今回は記事が長くなりますので、読まれたい方のみクリックしてお読みください。

続きを読む

宮崎模型 2014/12

久々に名古屋黒川の「宮崎模型」さんへNゲージを走らせに行きました。近鉄50000系や383系など一度も走っていない車両が溜まってきたので、近鉄50000系の基本セットを大須で買ったあとにN車両の試運転がてら行きました。しかも、前日に買ったばかりのK10Dのテストも兼ねておりまして、鉄道模型とカメラ両方の試運転ができる、とても美味しい機会です。

 

数カ月ぶりに行くと、レイアウトはさらに成長していて、ついにお城が完成するなど、発展ぶりが伺えます。その反面、今までは無料だったレンタル車両が有料に、中のスペースは土足禁止になるなど、変更点も見られます。オープンから1年、知名度は上がっているんでしょうけど、マナーの悪いお客も出てきたのかもしれません。

レンタルレイアウトといえば、最近テレビや朝日新聞等で桜山の「萬鉄道」が紹介されているようですが、あちらは名古屋の中でも古参のところで何故今更取り上げるのかよく分かりません。こちらもいずれかは紹介される日も遠くはないでしょうけど。

 

話がそれましたが、最初は目玉の近鉄50000系しまかぜから。今回しまかぜは2編成持参ですが、実際走らすとより格好良いです。

IMGP6794

Photo:PENTAX K10D + F28-80/3.5-4.5

 

P1020820

Photo:Panasonic DMC-G1 + TV 8/1.3

 

CマウントのTVレンズもG1に装着して持って行きましたが、ケラれた画が出てくるため、今までとは違った味が出てきます。G1だと換算16ミリの広角レンズとなります。

 

前回カプラー故障で走行を断念した205系の鶴見線も今回レンタルレイアウトデビュー。

IMGP6816

Photo: PENTAX K10D + F28-80/3.5-4.5

 

383系しなのは非貫通グリーンなしの4+2の6両編成。6両固定運用の代走運用として実車でもよくある運用です。

トンネルが多い宮崎模型のレイアウトにはよく似合う車両です。

IMGP6827

Photo: PENTAX K10D + F28-80/3.5-4.5

 

後半は京阪祭り。

800系は実車が遅いせいか分かりませんが、模型もなかなかゆっくりした走りです。(多分フライホイールを積んでるからというだけだと思いますが)

IMGP6839

Photo: PENTAX K10D + F28-80/3.5-4.5

 

プラッツのキットをベースに制作した700形のけいおんラッピングも初走行。スカートは未だ着手できず。

IMGP6836

Photo: PENTAX K10D + F28-80/3.5-4.5

 

このほか、600形の中二病も今回初走行を果たしました。

 

その他、Bトレです。

長電2100モンハン

IMGP6852

Photo: PENTAX K10D + F28-80/3.5-4.5

 

三陸は今回初走行のキットずっと1号を連結した3両で運転。

P1020836

Photo:Panasonic DMC-G1 + TV 8/1.3

 

K10Dですが、F28-80レンズは解像度としては今一歩な点はありますが、D80で使用していたシグマの28-80よりかはピント合わせしやすいです。ただ、ジャスピンはシビアですが。

K10Dのブレ補正はα77のブレ補正よりもちゃんと働いてるな、と思いました。フラッシュ無しのα77よりもブレは少ないです。

CCDセンサーが創りだす色味はやはりなかなかのものです。

 

もっと明るくて寄れるレンズがあれば欲しくなりますね。こうやってレンズ沼が始まるんですよね(^^ゞ

鉄道模型の話のはずなのに、最後カメラの批評になっちゃいました^_^;