【京阪大津線】600形&700形

 AJ3F1051

★京阪600形★

京阪石山坂本線の主力車両です。1980年代、旧型車両のボディを再利用し登場した車両で、当時としてはエコな車両だったのではないでしょうか。
10編成20両が製造され、1次車~3次車まで存在し、前面窓や妻面部などに違いが見られます。製造後は石山坂本線の他、京津線の準急などにも運用されましたが、1997年に京津線が京都市営地下鉄東西線との直通運転を開始した後は石山坂本線専属となり、石山寺~坂本間で活躍しています。
車両は2両で1編成で、どちらも制御電動車です。車体が短いため2扉車で、短距離輸送のため車内はオールロングシートとなっています。

DSC02620

603F車内

DSC02598

方向幕(石山寺)

編成写真

・601F

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

通常色 (2015.3.14 浜大津) OLYMPUS OM-D E-M5 + LUMIX G14-45/3.5-5.6

DSC02464

バスケチーム「Lake Stars」  (2014.3.23 京阪石山) SONY NEX-3N+SEL1855

 

・603F

 

AJ3F1042-1

特急色 (2015.8.28 京阪石山) Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L RAW現像

 

・605F

DSC04946

通常色 (2014.10.11 浜大津~三井寺) SONY α77 + SIGMA18-50/2.8 EX DC MACRO

DSC02596

通常色 (2014.3.22 近江神宮前) SONY NEX-3N+SEL1855

 

・607F

DSC_8019

石坂青春号2015  (2015.3.14 浜大津) Nikon D700 + AF-S50/1.8G

DSC05157

「大津祭ちま吉」ラッピング (2014.10.11 中ノ庄) SONY α77 + SIGMA18-50/2.8 EX DC MACRO

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大津市社協 (2012.2.24 京阪石山) OLYMPUS E-410 + ZUIKO25/2.8

 

・609F

DSC04969

「中二病でも恋がしたい!」ラッピング (2014.10.11 浜大津) SONY α77 + SIGMA18-50/2.8 EX DC MACRO

中二病ラッピングの詳細はこちら

 

・611F

DSC04915

坂本ケーブルラッピング (2014.10.11 浜大津~三井寺) SONY α77 + SIGMA18-50/2.8 EX DC MACRO

 

・613F

 

AJ3F1047-1

通常色 (2015.8.28 京阪石山) Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L RAW現像

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

びわ湖毎日マラソン (2012.2.24 坂本?) OLYMPUS E-410 + ZUIKO25/2.8

 

・615F

AJ3F1051

通常色 (2015.8.28 京阪石山) Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L

DSC05167

パト電 (2014.10.11 粟津) SONY α77 + SIGMA18-50/2.8 EX DC MACRO

 

・617F

AJ3F1156

「ちはやふる」 (2015.8.28 京阪石山) Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L

 

・619F

AJ3F1055

「響け!ユーフォニアム」 (2015.8.28 京阪石山) Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L

DSC_8021

通常色 (2015.3.14 浜大津) Nikon D700 + AF-S50/1.8G

DSC04936

鉄道むすめラッピング (2014.10.11 浜大津) SONY α77 + SIGMA18-50/2.8 EX DC MACRO

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

戦国大津物語  (2012.2.24 近江神宮前) OLYMPUS E-410 + ZUIKO25/2.8

 

京阪700形

600形同様、旧型車の車体を流用して5編成10両が新製されました。走行機器や、車内設備などは600系に準じています。

スカートの形状が600形と異なる点と、600系よりもやや角ばった車体が特徴です。

600形と共通運用で、バラエティ豊かなラッピングが施されるところは600形と同じです。

■編成写真

・701F

AJ3F1033

トーマス2015  (2015.8.28 京阪石山) Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L

DSC04932

滋賀のええもんうまいもん祭  (2014.10.11 浜大津~三井寺) SONY α77 + SIGMA18-50/2.8 EX DC MACRO

 

・703F

AJ3F1178

スマート国勢調査  (2015.8.28 浜大津) Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L

DSC04959

通常色  (2014.10.11 浜大津) SONY α77 + SIGMA18-50/2.8 EX DC MACRO

 

・705F

AJ3F1038

通常色  (2015.8.28 京阪石山) Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L

DSC_8004

大津市社協  (2015.3.14 浜大津) Nikon D700 + AF-S50/1.8G

DSC02630

おーいお茶  (2014.3.22 浜大津) SONY NEX-3N+SEL1855

 

・707F

AJ3F1185

わかやま国体  (2015.8.28 浜大津) Canon EOS-1D MarkⅣ + EF17-40/4L

DSC_8013

通常色  (2015.3.14 浜大津) Nikon D700 + AF-S50/1.8G

DSC_7970

通常色  (2015.3.14 唐橋前) Nikon D700 + AF-S50/1.8G

 

・709F

DSC04944 IMGP3370

けいおん5th (2014.10.11 浜大津) 左:SONY α77 + SIGMA18-50/2.8 EX DC MACRO 右:PENTAX Q-S1 + 01STANDARD PRIME

けいおんラッピングについてはこちらへ

DSC02633

大津市社協  (2014.3.22 浜大津) SONY NEX-3N+SEL1855

 

最終更新日:2015年9月12日

【京阪】800系

DSC02645

809F (2014.3.22 京阪京津線浜大津、SONY NEX-3N+SEL1855、1/500、F4.5、ISO200)

 

京阪京津線の主力車両。1997年の京都市営地下鉄東西線の開業に伴う直通運転開始に伴い導入された1500W規格の車両です。

車体色はほかの京阪車両とは異なる塗装で、びわ湖をイメージした」水色がメインの塗装です。

路面電車区間、山岳鉄道区間、地下鉄と幅広い区間に対応するため、ステンレスではなく従来鋼製となっており、1両の製造コストは新幹線500系に匹敵するというのは有名な話。

現在では15編成45両が京津線浜大津~御陵と地下鉄東西線の御陵~太秦天神川で活躍中。

 

続きを読む

【京阪】700形けいおん!ラッピング

IMGP3370

坂本側(2014.10.11 京阪石山坂本線浜大津、PENTAX Q-S1 + 02STANDARD ZOOM、ISO100、1/30、F4.5)

 

放映当時は社会現象まで引き起こしたテレビアニメ「けいおん!」のテレビ放映から5年を記念して700形の709F(709-710)をラッピング。

2014年10月6日より運行を開始し、2015年3月まで運行される予定となっています。

 

同じく京アニ制作アニメ「中二病でも恋がしたい!」のキャラを纏った600形の中二病ラッピングとも共演を果たし、浜大津で両者が並ぶ様子も運がいいと見ることができます。

今回も中二病同様、全面ラッピングゆえ外装/内装ともに紹介しきれない部分が多いので、もっと見たい方は実際に大津に行かれて貴方の目で確認されることをお奨めします。

 

外観

前回の613Fを使用した映画けいおんラッピングよりかは色合いがあっさり目でクドくないきれいな色使いです。

前回のラッピングでは唯がメインに描かれていたが、今回は海側・山側ともにHTTの5人のキャラを均等に配置しています。

前面はけいおんロゴがなくなり、京阪ロゴが使用。ヘッドマークは日替わりだそうです。

DSC04909

石山寺側

DSC04908 DSC04907

湖側

DSC04944

山側全体

 

内装

内装はけいおんの雰囲気、そして部室に来たかのような雰囲気さえ感じるものとなっています。

網棚広告の部分は、1期1話から2期、映画に至るまでの全話のカットが紹介されています。

DSC04886

DSC04888

DSC04872

 

ドア部分も。

DSC04896

DSC04903

 

中二病同様つり革に至るまで細工がされています。

DSC04846

 

DSC04902

DSC04881

車端部や車椅子スペースも細かくラッピングがされておりました。

 

その他、写真に収まっていない部分については、実際に皆さんの目で見てください。
2015年3月までの運行予定です。

【京阪】600形「中二病でも恋がしたい!」ラッピング

DSC02514

石山寺側 (2014.3.23) 京阪石山坂本線石山寺、SONY NEX-3N+E18-55mm F3.5-5.6 OSS

京都アニメーションが制作したアニメ「中二病でも恋がしたい!」は2012年の秋クールでセンセーショナルなデビューを果たしました。2013年には劇場版が上映され、2014年冬クールで2期が放映される勢いです。
そんな「中二病でも恋がしたい!」ですが、街の風景は大津がモデルとされており、京阪石山坂本線も登場します。京阪石山駅や穴太駅が作中では描かれている他、京阪600形も登場しています。制作には京阪電鉄も参加しており、石山坂本線で「中二病でも恋がしたい!」ラッピングが出るのは秒読みとされておりました。
そして、2014年3月18日から600形609Fを使用して「中二病でも恋がしたい!」ラッピングが運行されることとなりました。びわ湖大津経済新聞によれば、無償でのコラボだそうです。
ラッピング車両は坂本側の609に日常風景、石山寺側の610に妄想世界のデザインがなされています。内装も外装とリンクさせた凝ったデザインが施されています。

本ページではそんな「中二病でも恋がしたい!」ラッピングの細部を見てみたいと思います。ただし、全面ラッピングゆえ、外装/内装ともに紹介しきれない部分が多いので、もっと見たい方は実際に大津に行かれて貴方の目で確認されることをお奨めします。

 

続きを読む

【京阪電気鉄道】600形

DSC04946

605F (2014.10.11 京阪石山坂本線浜大津~三井寺、SONY α77+SIGMA18-50mm F2.8 EX DC MACRO、1/500、F4.5、ISO50)

 

京阪石山坂本線の主力車両です。1980年代、旧型車両のボディを再利用し登場した車両で、当時としてはエコな車両だったのではないでしょうか。
10編成20両が製造され、1次車~3次車まで存在し、前面窓や妻面部などに違いが見られます。製造後は石山坂本線の他、京津線の準急などにも運用されましたが、1997年に京津線が京都市営地下鉄東西線との直通運転を開始した後は石山坂本線専属となり、石山寺~坂本間で活躍しています。

 

続きを読む