ちょうど38年前の新聞から・・・

仕事中、ダンボールにくるまった古い新聞を発掘した。

DSC_5066
1979年2月28日、ちょうど38年前の「きょう」の中日新聞夕刊である。
私の上司ですら生まれていない年である。今の会社は平成になってから創業した会社なので、顧客が持ち込んだものだろうか。
普段ならこういう類はゴミなんだが、史料価値高そうだったから持ち帰ってきた。

1979年といえば、

  • 第2次オイルショック
  • イラン革命
  • サッチャー英首相就任
  • 東京サミット
  • 日本坂トンネル火災事故
  • ウォークマン1号機発売

などが大きなトピックだろうか。
名鉄の「豊田新線」が開業したのもこの年。

 

この時期はそれらと並ぶ昭和の大事件「ロッキード事件」が世間を賑やかせていた。
この日はそのうち丸紅ルートにおいて公判が行われており、「5億円が最終的には田中角栄に渡った」と証言されたらしい。

DSC_5081
第2次オイルショックのきっかけとなった原油価格の値上げ問題も小さいが報じられている。

DSC_5070
地元ネタでは高山の斐太高校の白線流しの話題があった。制帽とセーラーのスカーフを結んで川に流す伝統行事。当時はレコード化で競争になっていたようだ。
ドラマ化はその後15年以上後のことである。
ちなみに、「古典部シリーズ」とアニメ化作品「氷菓」の神山高校(↓)のモデルがこの斐太高校だったり。
ans-268190887

 

DSC_5073
DSC_5075
ラテ欄。
まだテレビ愛知は存在しておらず、テレ東系の番組は名古屋テレビと中京テレビを中心に放送されていたとか (TVA開局は1982年秋)
「(スター)千一夜」とか「銭形平次」とか「11PM」とか人によっては懐かしいと感じるような名番組が並ぶ。水曜日はドラマが多かったようだ。
飛んで飛んで~(以下略)の円広志も懐かしい。
深夜はどの局も1~2時位で終わり、深夜アニメなんて概念は存在しない。
ちなみに「金八先生」はこの年秋のスタートで2011年まで長く続いた。写真を載せてないが、この夕刊の松竹映画の広告は武田鉄矢主演の映画が載っている。

 

記事もこの当時を感じることができるが、記事以上に広告を見るのもまた楽しい。
DSC_5077
DSC_5080
松坂屋の広告は矢場町の本店と、今はなきナゴヤエキ店で分けられていた。ナゴヤエキ店跡は、JRゲートタワーとして今年春生まれ変わる。
かつては家電を直営で扱っていたらしい本店も、今ではヨドバシカメラが家電やおもちゃを担う。松坂屋にヨドバシが入ろうと、当時誰が思っただろうか。

DSC_5079
今でも栄のランドマークのひとつであるメルサとスカイルも、中のテナントは今と全く異なっている。
「ライカ」というのはあのカメラのライカだろうか。
当時は高級ブランドが立ち並んでいたスカイルも、ダイソー・ブックオフ・ユニクロなど大型チェーン店が入居するようになった。
テナントの姿変わっても、集客施設と言うことに今でも変わりはないが。

 

たった38年の間で、冷戦はいつの間にか終わり、当時存在しなかったパソコンや携帯電話は急速な進化を遂げ、当時知名度の低かった任天堂は日本だけでなく世界の一流企業にまで成長している。中近世のように何十年も戦争をしていたとは思えないほど、現代の世の中の移り変わりは早い。
それだけに、何があっても毎日毎日発行している新聞媒体というのは当時を知る上でもっとも有効な史料となりうることだって多い。
たった10ページの夕刊であっても、ここから知ることはすごく多い。
ネットの普及や低収入化で新聞購読は減少の一途をたどっているけれど、一方的にしか発信できないようなテレビと比べても、投書発信ができたりできる新聞媒体の強みはまだまだあると思う。
極左でトヨタ擁護で偏向報道が多い中日新聞なんか正直大嫌いだけど、後世に当時の世相を伝える上では重要な史料となるよう、残していってほしい。

 

普段は読まないけど、きょうだけは夕刊を買ってこよう。
38年間の変化をいかに簡単に感じられるのは新聞しかないからね。

ちなみにこの日の夕刊をもっと知りたい人は、コメントしてくれれば後日記事化しますんで言ってくださいな。

 

↓コメント・いいねお待ちしております~
ブログ更新の原動力になりますので。

レイアウト建設中・・・

ブログの更新をしてない間もNゲージレイアウトの建設が進んでいる。

 

配置はほぼこれで決まった。
DSC_5063

さて、このレイアウトで一番の目玉になると思うのが山づくりであるけど、少しづつ緑化を進めている。
骨組みは発泡スチロールを用いた。
ポータルは津川洋行のを使用。軽くドライブラシもかけてある。内側の部分も塗料で塗ってある。
IMG_0373 (2)

IMG_0385 (2)

自分は新聞購読をしてないので新聞の代わりに市の古い広報で丸めて、その上からプラスター代わりのキッチンペーパー&石膏で覆った。
IMG_0016 (4)

IMG_0051 (3)
茶色塗料を塗ってからその上にフォーリッジクラスターを貼り付け。
今は3分の2がフォーリッジ貼り付け完了。残りも着々と進行中。

 

ストラクチャーの増備も行っている。
DSC_5065
先日、イトケン氏よりストラクチャー3点ほどいただきましたありがとうございます!!_(._.)_
なんでも講談社の週間誌のおまけだそうで、建コレをベースとした非売品のオリジナル物。
これもレイアウトに組み込みます~(^o^)

 

レイアウト製作、時間のあるときに細々と続けていきま~す(^o^)丿

 

↓コメント・いいねお待ちしております~
ブログ更新の原動力になりますので。

林檎マークのモニタ ¥3980-

DSCF9798

先日、名古屋市内の某中古パソコン屋に久々に立ち寄ってみた。その店はスマホとMacが中心の店のようだ。

今のWin7ノートは物理的にも性能的にも重いしダサい。だから林檎マークのついたMacbookをひとつ手にしてみたい欲には駆られるが、Windowsの同世代同スペックと比較してもいかんせん高い。最新OSのSierraにデフォルトではアップグレードできない(パッチ適用でいける機種もある)10年ほど前の機種が、まだ3万近い価格で売られていた。10年前だとWinではVista時代だから、このあたりのWindowsノートなんかジャンクで5千円しないものもごろごろしているというのにだ┐(´д`)┌

そんな店中で、iMacに紛れて陳列されていた23インチのApple製モニタを発見。

Cinema HD Display M9178J/A
画面黄色く、暗くなってます
ACのみ付属
保証1週間

3,980円(税込)

10年前のCinema Displayだと経年劣化は防げないだろう。
でも、林檎マークで初期不良保証ついてて(=ジャンクじゃない)ならこの価格は安すぎる!しかもアルミ筐体のAppleらしいデザインも目を引く。
初日はモニタの構造や端子が分からず、買う一歩手前で店を出た。店の人もいまいち構造を理解しておらず、ACアダプターも店の備品と言われた。スタッフ自身どこまでが売り物なのか認識できていなかった。

その後調べているうちに、

  • DVI-D(=Win機で無問題で使える)
  • ACアダプターは本体とは別。
  • ケーブルは本体から直付で、AC端子だけでなくDVI端子やUSB端子もくっついている。
  • 本体裏のUSB左の端子はディスプレイ接続には関与しない

ということが判明。
プライスカードの「ACのみ付属」という記載と矛盾してしまううんだが・・・(-_-;)

後日、取置してもらった上で再度向かった。
先日と同じスタッフに付属品を聞いたところ、ACアダプターと電源ケーブルも付属品であるとわかった。スタッフの誤解が解けた。

通電も店頭のiMacとの接続で問題なさそうだったのでこれで問題ないと判断し英世4人を雇用して、そのままJRとバスで運んでマンション4階の自室まで持ち帰った。

DSCF8024

それまで、右のサブモニタはHPのL1710という17インチスクエアモニタ(上写真)。メインで使っているEIZOのFS2333ともちろんアスペクト比が違ってくるので不便を感じるだけでなく、FS2333で録画番組を見る場合FS2333はBDレコーダーとの出力のためにL1710だけでPCを回すこともあり、意外と画面が狭く感じることも多々あった。L1710はVGA端子しかないという問題もあるにはある。

これがCinemaの23インチに変わることによって、アス比こそ違えど双方が23インチワイドに統一でき、使いやすくなる。サブ単体で使うときも画面の狭さの不満は払拭できるし、出力がDVI-Dなのでデジタル出力にも統一できる。USBハブ機能も有しているので、USB端子不足にも困らない。

DSCF9791

DSCF9800

置き換えてみるとCinema23インチの大きさにまず驚かせる。今まで大きかったFS2333がとたんに小さく感じるのだ。あまりに大きいのでテーブル横にピタッと設置してあるPC本体が多少テーブルから離れた。

店側の言う通り黄色味がするのは確かだが、画面の暗さまでは気にならない常用レベルっす。
ギラギラ感が強く、文書を読んだりOfficeを編集するのには向いてなさそう。
その点、FS2333って長時間見てても疲れにくいし、さすが日本のEIZOさんらしい作りをしてると改めて思う(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

 

ともあれ、
スペックは置いといてもサンキュッパ・・・この価格は魅力でした。
ちなみに役目を失ったL1710は近いうちにメルカリに出します・・・(笑)

TOMIX 98959 500 TYPE EVA Coming!!

ここのところ多忙を極めていて、なかなか手が付かない毎日。
1月末に一件くらい入れとこうと思ったが、それもできず・・・(汗)

さてさて、かねてから予約を入れていた
TOMIXの500 TYPE EVA
が発売となったので受け取ってきた。

この500系のEVA仕様は乗ったこと無いし、そもそもエヴァンゲリオン見たこと無いんだけど(汗)そのデザインと希少性に惹かれて、ね(笑)
先にKATOがイベント限定で製品化しているけど、KATOのはのぞみ時代のW編成をベースとしているためにパンタグラフ周辺が全く違う「タイプ」仕様であるなど問題もあった。
KATOの製品が発売される直前でTOMIXからV編成プロトで出ることになったので、一般流通するTOMIX製を購入するに至った。

今回の500EVAはなんでも受注生産に近いレベルらしく、予約で完売、予約なしの一般販売は全くない店舗も多いのだそうだ。ここらへんだと大須のジョーシン(キッズランド)とポポンデッタは予約完売だったので名古屋の人が実店舗で一般販売で買うのは厳しいのかもしれない(´・ω・`)

さて、開封と行こうか。
IMG_0220 (3)
最近のさよならセットでよくある、「紙ケースの中にプラケース」という形態。TOMIXさん力入ってますねぇ。
イラストはKATOのと比べて派手さはなく落ち着いた500EVAらしいデザインだと思う。

IMG_0212 (3)
500EVAとともにEVAキャラが描かれたパッケージ。
TOMIXはこういう限定パッケージのイラストは秀逸なものが多いよね(^o^)

んで、中を開ける、が…………
IMG_0225 (3)
えっ?

えっ?

編成順に車両が並んでないじゃないですか(-_-;)

おそらく生産工場の都合とかだろうけど、V編成の通常品では問題なく編成順だったらしいからどうしてここで揃わないようなウレタンを使うか意味不明だよね。
んまぁ号車番号は印刷してあるしフックリングカプラーだから実際の連結の際に大きいトラブルはないと思うけどさ。

IMG_0228 (3)
ヘッドライトはW編成と比較して、やや白みを帯びた色になっている。W編成のほうの色が実車に近い気がするのは私だけかな?
ライトと動力は問題ありません。

IMG_0234 (3)
印刷や塗装はTwitterの声を見る限り、KATOのほうがいいとの意見を結構見かけるけど、自分にはTOMIXの塗装と印刷は問題ないレベルだと感じる。
車番や山陽新幹線全線開通40周年ロゴとかも普通に綺麗に出ている。もちろんKATOのは塗装が第一のアピールポイントだったから塗装がすごくいいのは否めないだろうけど。

IMG_0237 (3)
W編成と
やっぱ500系かっこいいっすね(●´ω`●)

IMG_0239 (3)
V編成はパンタグラフがシングルアームに変更されただけでなく、パンタカバーも完全別物に変わっているが、TOMIXはそれも的確に再現できているな。

 

以上、TOMIXの500 TYPE EVAの簡易レビューでした。
個人的にはKATOのよりすごく良く再現できているように感じた。
全体的な見栄えでは確かに見栄え重視のKATOには及ばないかもしれないが、TOMIXの再現度重視の路線はそれはそれでいいように思うし、500EVAではその再現度重視の路線がとても活かされているのを見ていると、TOMIXの本気を感じるわけでして。
これでケースのウレタンがちゃんとしていれば、100点だったんだけどなぁ…・・・惜しい。ケースだけKATOのが欲しいよ(泣)

さて、早速レンタルレイアウトに投入してみますか。