カメラメーカーでのサポートの差

カメラメーカーである古参のニコンやキヤノンと、参入の遅い電機メーカーであるソニーとでは、サポートやアフターに差がある、と感じました。

 

先日、α77のアイピースカップを紛失しまして新しいのを買おうとしたら、ほとんどの通販で品切れの状態でした。直販の通販でも納期は10月中旬となっており、すぐ入手できない模様。ヨドバシ通販で在庫あり、と見つけたのでポチりましたが‥‥。さすがにα77が生産終了したとはいえ、アクセサリーもそれで生産を撃ち切るのはどうかと思いますが…。

また、価格も大手のキヤノンやニコンでは考えられないほど高価です。今年広島に行った時に生産終了から何年も経つD80のアイピースカップを落としましたが、広島市内のエディオンで650円ほどですぐに入手出来ました。

 

この差はなんでしょうか

ソニーは機種によって対応アクセサリーを変更し過ぎのように思えます。まだソニーはバッテリーを共用化しているだけまだマシでしょうが、パナソニックはバッテリーは機種によってコロコロ違うようでユーザーからの不満も多いそうで。

電機メーカーって技術は良くても、対応アクセサリーを機種ごとで共用できない仕様になっていたり、本体が生産終了するとアクセサリーも同時に生産終了してしまうので非常に困ります。特に中古を中心に買っている私には大いに困らせる問題で、純正バッテリーはもとより、サード製の液晶フィルムもほとんど手に入らないことが多いです。

対応アクセサリーは消耗品ですので、生産終了とか関係なく数年は在庫をおいて欲しいと思いますね。

業種は違いますが、鉄道模型のKATO(関水金属)は生産の有無にかかわらず、大半の車両製品の部品(Assyパーツ)は殆どいつでも手に入りますよ。

さすがにここまで究極になる必要はないかもしれませんが、とにかくソニーやパナにはキヤノニコのレベルのサポートになって欲しいです。

なぜ「エロゲソング」は誰にも見向きされないのか

私は「アニソン」と「ゲーソン(主にエロゲソング)」をよく聞きます。

昔はファミリー向けくらいしか見向きもされてなかった「アニソン」はだいぶレンタルやネット配信で手に入るようになり、かなり楽に安く入手できるようになってきました。その一方で、「ゲーソン」は需要の低さ上に市場が狭く、入手がシビアなものもあります。

なぜなのでしょうか?

 

ゲーソンはアニソンと比較すると、需要の差の開きが大きいのは肯定できます。深夜といえど、アニメは結構誰でも見てくれますが、ゲームは長い時間かけてクリアしなければならないし、特にエロゲは年齢制限もあり、平気な顔してまんまと近所のゲーム屋に置くことができないのです。エロゲの場合、ソフト自体が高価で、性的行動を扱うことから敬遠されることが多く、さらに最近はPCからコンシューマーゲームや無料で遊べる携帯ゲームへと人々の志向が移ってきているのが現状です。PCゲームもこれまでのディスクインストール型から、「艦これ」などのブラウザゲームへと人々の志向が移ってきていると考えられ、ますますエロゲ市場は狭まっております。ゲーソンやエロゲソングの販路が狭いのはゲームの需要の低さゆえなのです。

では、どれほど販路が狭いかを説明しますが、「(エロゲやギャルゲ以外の)普通のゲーソン」と「エロゲソング」では状況が大きく違うので、分けて説明します。

【普通のゲーソン】

・実店舗のレンタル屋ではほとんど手に入らないが、ネットレンタルで多くの物はレンタルが可能。

・買うにしても、実店舗では扱ってないことが多いが、こちらも通販で探せば意外に見つかる。

・ネット配信はあるものとないものに2分

つまり、普通のゲーソン(例を挙げると、ポケモン関連とかぷよぷよ音楽とか)はネットを使えば充分に見つかりますので、それほど問題はありません。ネットレンタルを使えば安価で済みます。

【エロゲソング(ギャルゲ含む)

・実店舗では「ゲーマーズ」や「まんだらけ」などでメジャーなものが少しおいている程度、ネット通販でも見つかる物があっても、在庫切れも多い。

・ネット配信やレンタルは皆無

・そもそも、CD化されていない作品も普通にありCD化されていても「初回限定盤」のおまけでしか無く入手がシビア、というものもある

上記のゲーソンとはもはや別世界なんです。作品によって入手の難易度は大きく違いますが、YouTubeやニコニコ動画でフルバージョンで聞けるものであれば、大体はCDが購入可能なものが多いと思われます。

また、基本的には安価入手の手はなく、購入が必須で高くつきます。まぁ、買えばジャケット等は自分のものなのでいつでも歌詞が見れるのはいいことでしょうが………

 

私の考察ですが、一般的にエロゲソングは非常にマイナージャンルであることに間違いはありません。アイドル曲を月とすると、エロゲソングはすっぽん程度にもならないのでは、と思いますね。ジャズやクラシック、インディーズよりも需要の低いジャンルですから、実店舗では物理的の面からも取り扱いが難しいのは容易に理解できますが、ネットレンタルみたいなところはそれほど物理的問題も少ないでしょうから商業化されているものは取り扱ってもいいと思うのですが、いかんせん「エロゲ」というものの性質上避けられている面もあるかと思われます。私はそれが気に入りません。

また、エロゲメーカー側の態度にも問題はあります。そもそもサントラや主題歌を商品化していないことは論外、商業化していてかなりの人気があってもビジネス上か知りませんがわざとレンタルや配信を一切しない会社もあります。その主たる例がエロゲ界一位の人気があるであろうKeyブランドを展開するビジュアルアーツであったりもします。エロゲではないですが、Keyが携わった2011年のアニメ「Angel Beats!」の主題歌CDはその年のオリコン年間ランキングで「けいおん!!」の主題歌に僅差で勝つという結果を出しましたが、これはKeyがレンタル・配信をしなかったため、買うしか入手ルートがなかったからではないでしょうか(「けいおん!!」の曲はレンタル・配信でも普通にありましたから、そっちに流れたでしょう)

行政の対応も気に入りませんね。前東京都知事の石原慎太郎が出した規制条例なんかはエロゲを締め出す目的もありますよ。エロゲの知らない人がエロゲを締め出そうとしていたのは怒りを通り越して笑いの域です。2020年の東京オリンピックもコミケを締め出したいだけじゃないですか?とも受け取れます。私は石原慎太郎というクズは大嫌いです。

 

まぁ、エロゲの販路はいくら何でも狭すぎるでしょう。エロゲは一般人からすればマイナーでしょうが、実際はまだまだ活気のあるジャンルで発売日には名駅のソフマップに長蛇の列ができるほどなのです。ユーザーが少ないわけでは、必ずしも無いとは思いますね。そもそも、エロゲの本体自体に年齢制限があるというだけで、エロゲソングは至って普通のラブソングであることが大半で年齢制限もないので、もうちょっと販路を拡大するべきではないでしょうか?エロゲソングにも非常にいい歌はあります。バラード系が好きな私には、カッコイイ系が多いアニソンよりもエロゲソングに惹かれることもしばしばあります。

音楽系のショップ、アニメショップ、レンタルショップ、ネット通販、音楽配信会社、エロゲメーカー、そしてエロゲに厳しくあたる行政全てが協力して改善していくべきだと私は思っております。

 

若干話はそれますが、この間YouTubeにアップロードされたエロゲソングをミクスペリアのTrackIDで調べたら、全くヒットしませんでした。エロゲソングで活動している霜月はるかさんやアニソンも歌うKOTOKOさんはヒットしますけど、同じアニソンでそこそこ名の知られている橋本みゆきさんの曲などはヒットしませんでした。また、歌詞検索も殆ど出ません。

販路以外でも、エロゲソングに対応していないサービスも多く、こちらの方でも改善を願いたいと思っております。

なぜコンビニでレターパックが売ってない?

東京から帰って来て、仕事の合間に日本郵便の「レターパック」を探しておりました。

夕方なので近所の郵便局も閉まっていたので、コンビニで売っているだろうと思い職場目の前のコンビニへ行ったのですが……。

店員に聞いたら「売っていない」と言われました。「昔は取り扱っていたんですけどねぇ~」、と。

仕方なく別のコンビニも行きましたが、同じく取扱いなしとのこと(T_T)「郵便局で買って下さい」と言われたけど、時間が時間なんですけど。

今回は急ぎだったのでやむなくクロネコの宅急便で送りましたが、レターパックがコンビニで売っていないのには驚きです。

 

そもそも、レターパックというものは日本郵便が出している宅配サービスで専用封筒(360円)を購入し荷物を入れてポストに投函すればはがき同様相手に届く、というもの。本やCDなど、薄いものであれば送ることができます。宅急便やゆうパックよりも安価かつ手軽なので多くの人に重宝されているサービスです。今回私が送ろうとしたものはCDだったので、プチプチに包めばレターパックでも問題はないものでした。

以前は多くのコンビニで扱ってくれていたので、場所・時間問わずに購入することができたので、昔は私も重宝しておりました。

しかし、今ではコンビニで売っていない。それは大きな問題ではないでしょうか?「郵便局で買え」というのは当然のように見えて、結構シビアですから。

郵便局は基本的に平日の昼間しかやっていないところが多いです。夕方はまだ窓口が空いてるかもしれませんが、土日は問答無用。しかも郵便局はコンビニほどあちこちにあるわけではないので、平日が暇でも郵便局に行くこと自体が難しい人もいるのではないでしょうか?だからこそ昔はコンビニの多くの店舗で扱っていたはずですが。

 

私が聞いたのはCKチェーン1店舗とFMチェーン2店舗なので、他の店舗にはあるのかもしれませんが、2チェーンには要望を出すつもりです。できる限りほとんど全てのコンビニでレターパックは扱ってほしいと思います。それだけ庶民には需要が高いものですから(^^;

あぁ、バッテリーが持たない…

携帯をミクスペリアに変えたは良いが、バッテリーが持たなすぎる。また後日感想は言いたいと思いますけど、バッテリーだけはマジで持たないんです。
そんな折りにビッグサイトの夏の祭典です。長時間炎天下にいるもんですから、どうしてもスマホが必要なんです。今年はタブレットもありますけれども、タブはネット環境に繋がらないのでやっぱりスマホ頼りになっちゃいます。

そこで考えたのが「2台持ち」ですが、docomoの場合、2台目プラスは2500円かかるので痛手です。そこで考えたのがiPhone4SのSIMロック解除で格安SIMを買う手ですが、調べてみますと……
どれも「クレカ必須」で呆れました。ふざけてるんですか?クレカ持ちたくても持てない人を考慮すべきじゃないんですか?学生だからこそ格安SIM使いたいのに、クレカない学生はガン無視ですか?

腹が立ちますね。
コンビニでも買えるプリペイドのやつもありますが、一時利用ならともかく継続を考えると馬鹿になりませんね。
口座振替のできるものもありますが、到底コミケには間に合わず、条件も限られます。
仕方ないので2台持ちでのdocomoのiPhoneの維持費を調べてみて、それ次第で考えてみます(–、
ほんと、格安SIMには腹が立ちます(#`皿´)
充実なネット生活を送るなら、クレカは作っておくことをお勧めします。