TOMIX 98959 500 TYPE EVA Coming!!

ここのところ多忙を極めていて、なかなか手が付かない毎日。
1月末に一件くらい入れとこうと思ったが、それもできず・・・(汗)

さてさて、かねてから予約を入れていた
TOMIXの500 TYPE EVA
が発売となったので受け取ってきた。

この500系のEVA仕様は乗ったこと無いし、そもそもエヴァンゲリオン見たこと無いんだけど(汗)そのデザインと希少性に惹かれて、ね(笑)
先にKATOがイベント限定で製品化しているけど、KATOのはのぞみ時代のW編成をベースとしているためにパンタグラフ周辺が全く違う「タイプ」仕様であるなど問題もあった。
KATOの製品が発売される直前でTOMIXからV編成プロトで出ることになったので、一般流通するTOMIX製を購入するに至った。

今回の500EVAはなんでも受注生産に近いレベルらしく、予約で完売、予約なしの一般販売は全くない店舗も多いのだそうだ。ここらへんだと大須のジョーシン(キッズランド)とポポンデッタは予約完売だったので名古屋の人が実店舗で一般販売で買うのは厳しいのかもしれない(´・ω・`)

さて、開封と行こうか。
IMG_0220 (3)
最近のさよならセットでよくある、「紙ケースの中にプラケース」という形態。TOMIXさん力入ってますねぇ。
イラストはKATOのと比べて派手さはなく落ち着いた500EVAらしいデザインだと思う。

IMG_0212 (3)
500EVAとともにEVAキャラが描かれたパッケージ。
TOMIXはこういう限定パッケージのイラストは秀逸なものが多いよね(^o^)

んで、中を開ける、が…………
IMG_0225 (3)
えっ?

えっ?

編成順に車両が並んでないじゃないですか(-_-;)

おそらく生産工場の都合とかだろうけど、V編成の通常品では問題なく編成順だったらしいからどうしてここで揃わないようなウレタンを使うか意味不明だよね。
んまぁ号車番号は印刷してあるしフックリングカプラーだから実際の連結の際に大きいトラブルはないと思うけどさ。

IMG_0228 (3)
ヘッドライトはW編成と比較して、やや白みを帯びた色になっている。W編成のほうの色が実車に近い気がするのは私だけかな?
ライトと動力は問題ありません。

IMG_0234 (3)
印刷や塗装はTwitterの声を見る限り、KATOのほうがいいとの意見を結構見かけるけど、自分にはTOMIXの塗装と印刷は問題ないレベルだと感じる。
車番や山陽新幹線全線開通40周年ロゴとかも普通に綺麗に出ている。もちろんKATOのは塗装が第一のアピールポイントだったから塗装がすごくいいのは否めないだろうけど。

IMG_0237 (3)
W編成と
やっぱ500系かっこいいっすね(●´ω`●)

IMG_0239 (3)
V編成はパンタグラフがシングルアームに変更されただけでなく、パンタカバーも完全別物に変わっているが、TOMIXはそれも的確に再現できているな。

 

以上、TOMIXの500 TYPE EVAの簡易レビューでした。
個人的にはKATOのよりすごく良く再現できているように感じた。
全体的な見栄えでは確かに見栄え重視のKATOには及ばないかもしれないが、TOMIXの再現度重視の路線はそれはそれでいいように思うし、500EVAではその再現度重視の路線がとても活かされているのを見ていると、TOMIXの本気を感じるわけでして。
これでケースのウレタンがちゃんとしていれば、100点だったんだけどなぁ…・・・惜しい。ケースだけKATOのが欲しいよ(泣)

さて、早速レンタルレイアウトに投入してみますか。

テーブルレイアウトを作る(2)~配置決定編~

昨日制作を決定したテーブルレイアウトですが、早速制作に取りかかりました。

img_0012-3
パネルは実家で使っていたパソコンデスクの廃品。大きさが違うので長方形ではなく変則的な形状です。
でもこのおかげでパネル2枚よりも一回り小さめの折りたたみテーブルに安定して載せられる大きさとなりました。

 

レールをレールクリーナーで掃除して、試運転。
KATOカプラー付の20m車もぎりぎり通過可能なのをあらためて確認。
img_0020-3
こっちは新型。

img_0036-3
こっちは旧型。
自分がN始めるときに初めて買ったのがこの愛環100系でした。
先日やっと3年越しに動力化できたので、単行で走行しているのは初の姿。

img_0041-3
GMの貫通幌を3年前に取り付けています。
TN化しようかな~w

 

ストラクチャーはまずは未組立の建コレを組み立てます。以前安いと理由だけで買った町工場C2ですが、今回のレイアウトだとなかなかに使えそうです。
img_0030-3

トンネルはダイソーのプチ電車のものを仮設置。
やはり山は欲しいですねw
img_0048-2

駅周辺の配置はこのように収まりました。
img_0054-2

先日北海道へ行ったときに買った建コレの駅Hと、余っていたTOMIXの対向式ホームの組み合わせ。
ユニトラックは道床が広いので、ファイントラック+KATOホームのように、加工改造はしなくてもOK。

B駅側の駅舎はTOMIXの中型ビルの塔屋が似合いそうだったので、コレを使おうと思います。
空いた部分は駅前広場としてバスを置こうかと。

 

img_0053-2
夜の風景も照明入れてみたいですね~。
そのうち、チャレンジすると思いますが(;´Д`)

(つづく)

テーブルレイアウトを作る(1) 建設開始

レイアウト作りはいろいろ紆余曲折があって、やはり大きいものだと製作コストの負担や収納場所の問題があってなかなか手が出ないのが事実で、以前何回か「これで作る!」と宣言していますが結局はできずじまいだったり(;´Д`)
しかも、いくら作ったからといって継続して遊べるかと言えば、そういう保証も難しいですしね。

大きいレイアウトで長大編成、というのは気が向いたらレンタルレイアウトに行くことである程度満たされるので、レンタルレイアウトでなかなか走らせにくい小型車両やBトレなどを簡単に走らせられるテーブルレイアウトに最終的に落ち着くことになりました。

テーブルレイアウトのメリットとしては、

  • 低コストで製作可能
  • 収納場所に困りにくい
  • すぐ車両を走らせられる手軽さ

がありますね。

 

大きさとしては、折りたたみテーブルに乗る小パネル2枚で構成。
layout
線路配置はオーバル型のオーソドックススタイルですが、引き込み線を2本配置して、それぞれに駅ホームを設けます。駅は個々別の会社が運営している、という設定。
レールはKATOユニトラック。

これだけ小型ですが、カーブ径はR216を実現できたので、ボディーマウントKATOカプラー付の20m級車両も走行できるので、車両の制約が少ないのがこのレイアウトの大きいメリット。
駅A側は最大20m車3両(ホームは2両対応)、駅B側は20m車2両(ホームは20m車は単行、京阪600型は2両、Bトレは3両まで対応)が入れるように設計。

ストラクチャーは3年の間に集めたものを使用予定なので、これ以上追加で買っていくことはあまりないかも(^_^;)

テーマというテーマも設定もないですが、地方の中小都市を想定して作ってみようかと思います。

 

テーブルレイアウトなら好きな時に自分のペースで作業できるので、大きな魅力かもね(笑)

(つづく)

2016”北の国から”遠征・現地ダイジェスト4日目

おはようございます。
名古屋へ帰還しました。家に帰るとグダって寝落ちしそうなので、名駅近くの某所から更新です。

今日は昨日につづき、4日目のダイジェスト。

 

この日のメインメニューは夕張支線訪問です。先日の報道でもあったように、石勝線の支線である新夕張~夕張はJR北海道側が廃止を表明していて、夕張市側も受け入れる方針でいます。
なので、廃止時期はまだ決まっていませんが、1~2年先になくなるのは目に見えています
imgp1750
dsc_3153
なくなる時期が決まる前に、一度様子を見ておきたいと思い、札幌11:53の臨時特急に乗り込むことに。

現在台風被害でトマム~芽室が運行できない状態であり、トマムまでは3往復の臨時特急が運行されています。
3往復のうち2往復がキハ2611往復はキハ283での運行で、グリーンを除いて全席自由です。
今回乗った札幌11:53(9005D)がキハ283運用のスジです。
ちなみにキハ283などは暇を持て余しているので、北斗運用にも入っているみたいです。

dsc_3184
imgp1764
今回、この臨時特急のグリーン車に乗車してみました。
imgp1767
グリーン券も車内でのみ発売となり、補充券で特急券を出してもらえました。なかなか貴重ですね。

 

imgp1788
imgp1812
新夕張で降りますが、次の夕張まで3時間ほど空きがあるため、駅前の「栗下食堂」さんへ。
imgp1811
夕張のB級グルメ「カレーそば」を注文。
その名の通りカレーとそばを混ぜたやつ。カレーうどんのうどんがそばに変わってくらいかな。
でも、食感とかはカレーうどんとは違うので、新感覚な味が楽しめましたよ。

駅前には道の駅もあるので、まぁ暇つぶしには困らない状況でしたかね。

 

さて、駅に戻り夕張行きに乗り込みます。
imgp1856
キハ40の単行です。

見ていた感じでは、清水沢を中心として学生利用が目立つ感じですので、学生にすら相手にしてもらえない留萌線末端や札沼線末端と比べれば、まだマシな部類かと思います。
ただ、鉄道ではなくバスで通学する生徒も多く確認できたので、あちこちへ直通できて便利なバス相手だと確かに苦しいのが現状でしょうね。

imgp1873
imgp1868
夕張に到着、折り返しは10分もないのですごく慌ただしく撮影などが行われます。

imgp1872
基本的にこの区間の列車は千歳との往復がほとんど。
「夕張」発「千歳」行き・・・・
なんだか女の子同士のカップリングを連想しちゃうの俺だけだろうか?(笑)

imgp1906
千歳から新札幌まで戻り、地下鉄の「南郷13丁目」で下車。
imgp1918
この駅からすぐの「鉄道居酒屋ぽぷら」さんにお邪魔しました。

ここは数少ないレンタルレイアウトの他、放送装置、運賃表示器、方向幕などバス廃品が動態保存されていてそれを楽しむことも可能なのです。

dsc_3294
dsc_3315
レイアウトは2路線一時間1000円。
昭和時代の江別駅前の再現もあります。

dsc_3396
この日は私以外の客がおらず、完全に貸切状態でオーラーさんのご意向でビデオを見させていただいたり、バス廃品を触らせていただいたりできました。

2時間遊ばせていただきありがとうございました!
\(^o^)/

 

すすきのまで戻ってこの日は終了。
いよいよ次が北海道最終日です。

(つづく)

2016”北の国から”遠征・現地ダイジェスト3日目

おはようございます(σ・∀・)σ
今私は名古屋へ向かうフェリーの中でして、今仙台港です。名古屋へ戻るには、あと一晩フェリーで過ごすことになります。

 

さて、疲れからかなかなかリアルタイムで更新できていないダイジェスト版ですが、今日は3日目のダイジェストをお送りします(^o^)丿

 

dsc_2811
留萌市街地に泊まったのですが、カラオケ屋は午前4時に閉まります。
すぐそばのセイコーマートのイートインで軽く食べて、オロロンライン沿いを歩いていくことに。
留萌線の廃止区間でまだ訪れていない駅は礼受阿分
早朝のうちにこの2駅を訪れてみました。

dsc_2842
dsc_2843
礼受は舎熊と同じく車掌車を改造した駅舎。
増毛を除く廃止予定駅の中でこの駅だけ縦ホーロー駅名板と駅ノートがありました。

dsc_2854
dsc_2861
一方の阿分は仮乗降場から昇格したちっこい駅で、ホームの長さはキハ54一両分にも満たず、おそらく廃止区間の中でも最短と思います^^;

これで、留萌線の12月廃止予定駅は全て訪問できました!

阿分駅訪問後は、そのまま阿分バス停から沿岸バスの高速はぼろ号に乗り、札幌駅まで戻りました。

 

札幌に戻った後はイケウチというショッピングビルへ。
ここにポポンデッタがあります。
家から車両を持っていきましたので、レイアウトを走らせてみます。
dsc_2911
dsc_2957
dsc_3001
今回はもちろん北海道の車両が中心!
思い思いの2時間を楽しませていただきました!

 

ポポンデッタのあとは、この日のメインメニュー、札幌市交通局の路線を全線完乗しておきます。

まず市電。
imgp1661
2013年に導入された「ポラリス」という愛称のつく最新車両に乗ります。
札幌市電は去年12月にループ化(環状化)されており、山手線や名古屋の名城線のように環状運転を行っていますので、西4丁目から一周しました。

西4丁目駅は地下鉄大通駅と接続しています。そして、その大通駅は地下鉄の全路線が乗り入れているので、全線完乗はとてもしやすいですね。
地下鉄は1DAYパスを買って乗り潰すことにします。

imgp1712
最初は南北線。札幌オリンピックに合わせて開業した一番古い路線であり、南の地上区間は廃止された定山渓鉄道の跡地を利用して建設し、積雪の影響を受けにくくするためシェルターで覆っています。

麻生~真駒内完乗!

dsc_3100
お次は東豊線。つい最近まで発車標や車両の更新が行われており、現在はホームドア設置を進めています。

4両編成の電車に乗り、栄町~福住完乗!

dsc_3121
dsc_3100
シメは東西線
こちらも新さっぽろ~宮の沢を完乗し、札幌市交通局の鉄道路線はわずか一日で全線達成です!
公営交通では地元名古屋に続き二番目の達成となりました。

 

この日はこれで終了、すすきのに一泊しました。

(つづく)

TOMIX EF210の重要部検査

もちろん実車ではなく、模型での話ですが(; ^ω^)

3年前に買ったTOMIXのEF210は、3年のほぼメンテなしで走らせていたこともあり走行性能がギクシャクしてきました。
まただいぶ前に走らせた時に、片方のパンタグラフが壊れてしまうトラブルがあり、パンタが正常でないまま何回もレンタルレイアウトを走ってたりしてました(滝汗)

今回「重要部検査」と題して、EF210をメンテ・改修することにしました。

 

モーターのギクシャクはレールクリーナーを用いたことで症状は治りました。

 

続いてパンタグラフですが、TOMIXの電気機関車のパンタは安っぽいプラ製で、結構壊れやすいものだったり。
そこでKATOから出ているPS22パンタを取り付けることにしました。
EF210の初期車の実車はPS22を付けており、KATOのEF210には別売りのものと同じ金属製(?)パーツが付いているのだとか。
それならちょうどいい!

dsc_2292
取り付け穴がTOMIXのものと違うため屋根にピンバイスで穴を開け、タミヤセメントで固定するお手軽作業。
TOMIXのEF210とは寸法が違うのでやや大ぶりになりますが、見てくれはオールプラでない分デフォより圧倒的にいいです!!
もちろんKATOのパンタですから、作りもしっかりとしてます。

 

そして、側面のナンバープレートもこれまで未装着の状態でしたので、これを機に取り付けました。

 

dsc_2290
お手軽コースでのメンテでしたが、やる前よりもとてもかっこいいじゃないですか!
これからもどんどん走らせてあげたくなりましたヽ(´▽`)/

【悲報】1D4あぼーん キヤノンSCへ

1年ほど使っている1D4の電源系統が機能しなくなるトラブルに(´;ω;`)
最初は点いたり消えたり、時間が経つごとに起動しなくなり次の日には一切の操作を受け付けない形に!
ACアダプターでも受け付けず、バッテリーではなく本体が逝かれているのははっきりとしています。
10Dとキスデジを導入した直後にこれとは妙なタイミングだわ(笑)

ということで向かった先は
img_9988
伏見
img_9980
キヤノンサービスセンター

持ち込んでみてもらったところ、工場で一旦分解しての見積となるため、1D4は一旦工場送りになりました・・・。
ホームページには、電源系統の故障は2万ちょっとという記載もあるため、それくらいは取られるのでしょうか(´・ω・`)

 

ショールームで最新機種遊びまくり!

1D4の件はさておき、1階にはショールーム「キヤノンプラザ」が入居しています(SCとEOS学園は2階、法人窓口はさらに上階だそうです)
ここでは最新のキヤノン機やPIXUSプリンターなどが展示されています。
せっかく個々まで来たのだから、遊んで帰らなきゃw

展示品は基本的に自由に触れるようになっていて、中にはショールームのメモリーカードが入っているので同じく展示機のPIXUSでプリントも可能なのだとか。
発売前の試作品(今回だとEOS M5)以外自分が持ち込んだメモリーカードのデータ持ち込みも可能になっていて、そのときはショールームのお姉さんに一言要ります(去年行ったニコンは自由に差し替えできるようになっているのでその点はメーカーの考えの違いでしょうか)

まずはフルサイズの6Dから。
img_9902
img_4437
さすがフルサイズとあって写りは一弾も二段も違うような気がします。

次はAPS-Cの80D。10Dから始まる2桁機(ミドル機)の最新機種です。
レンズは自前の17-40Lで。

img_9949

img_9897
img_9890
10Dや20Dと比べると、やはりノイズに強くなっています。
色合いも初期のEOSとは違う味わいのある味へと変貌。シャキッとした描写が面白いです。
ライブビューのAFはミラーレスと遜色ないといっても問題はないと思います。ライブビューはキヤノンが徹底的に取り組んできてるだけあって、予想以上に力入ってるなあと感じますね。

さて、お次は5D MarkⅣ今月出たばかりの最新モデル。
やっぱ5Dシリーズはカッコイイですねぇ~
img_9951
img_9952

053a8627
053a9918
6D以上にとろけるボケ味がなんともたまらないです。
同じレンズなのに、ボディを変えるだけでこんなにも違いが出てくるのが面白いですよね。
だから、カメラはやめられないわけなんですが(笑)

 

ここでせっかくなので、展示レンズを試してみます
ガラスケース中のレンズもお姉さんに言えば持ってきてもらえますよ( ^o^ )✩
17-40Lはどちらかといえば広角ですよね。なので普段は安レンズしか使わない望遠を試したい。

お姉さん「どれにいたしますか?」
わい「せっかくだから、ナナニッパで!」

053a9968

鉄道写真だとナナニッパこと70-200/2.8Lが定番の人気レンズ。
昔から憧れのレンズを5D4につけて遊んでました^^
img_9948

このナナニッパをキスデジにつけると、テレ端は換算で300ミリをオーバー。
要するに、「サンニッパ」としても使える万能レンズだったり(笑)
この描写性能と解像度はやはりLレンズならではだわ。
img_9958

 

Nジオラマが!

053a9965
さて、ショールーム内を歩いていると、小さなNジオラマを発見。ちゃんと線路も引いてあり、今でも走らせそうな雰囲気。
何故かこの日はNゲージ車両が二つほど(本来は大須GMで30分くらい走らせようかな、って・・・)
せっかくだから、走らせなくても、レール上に置いてマクロレンズで撮ってみたいじゃん?
と思ったわいは、お姉さんに言ってみると、
裏からパワーパックスタンダードSが!(笑)

「どうぞ自由に使ってくださいね~」

ジオラマはKATOのデスクトップレイアウトという製品に、KATOのジオタウンシリーズのストラクチャーを置いたもの。ゆえにレールはKATOのユニトラック。
なんでも以前はショールームの車両を走らせて開放していたようですが、子供連れによって暴走運転や破壊があっては困る、と普段はパワーパックを隠しているのだとか。
持ち込み車両を持っている、とかお姉さんに言えば遊ばせてもらえる仕組みとのことでした。

img_0001-3
カメラとレンズは「7D2とマクロレンズ」と言ったところ、100Lマクロが来ました。
曖昧な表現でもちゃんといいレンズを持ってきてもらえるのはさすが直営のショールームといったところ(笑)

さて、取り出したのはTOMIXのパノラマカー。以前買ったやつですが、詳しい紹介はまた後日とします。
お姉さんたちからは「かわいい~!」との評判(; ^ω^)
で、置いても動かないのでお姉さんと「なんでだろ~」と思って隅々確認してたら、トンネル内に脱線したショールームの車両が(笑)

車両をとり除くと、元気に走り出しましたとさ。
8c5a9977
一周はコンパクトながら長いので、見ていて飽きません。
8c5a0007
7D2の連射機能も、模型ならフル発揮できます!

8c5a0034
ヤテ線。小さいレイアウトなので走れるか不安でしたが、ぎりぎり走行できました。
こちらも「かわいい~」とお褒めの声(笑)

で、ショールームの車両はというと、なんとTOMIXの樽見鉄道ハイモ330というまたマニアックな気動車でした(;´Д`)
鉄道好きの社員さんがチョイスされたようです。
このコンパクトレイアウトに似合い、かつ東海地方で活躍している車両に絞った結果がこれなんでしょうか。
8c5a0048
確かに、よく似合うな、と。
8c5a0059
8c5a0064

なんだかんだ1時間位時間を潰していたような気がします。
もちろんショールームの展示の一環なのでレンタルレイアウトと違って無料ですし、最新機種+マクロレンズでデータ持ち帰りができるというおまけ付きなので、すごく楽しめますよ(#^.^#)
ただ、もちろん無料でやらせていただいているので、2時間を超えるような長居などは嫌われると思うので、そこは気をつけたほうが良いと思います。

 

ただ、ニコンと比べてもショールームの対応は至れり尽くせりという感じで、非常に楽しかったです(*^^*)
5DSとか1DX2とかKissとかまだ試せてないものも多いので、また1D4を受け取りがてら、遊びに行こうと思います\(^o^)/

【速報】ポポンデッタ名古屋大須店が9/1オープン!

半月ぶりのブログ更新です。

今日明日東京で開かれている「鉄道模型コンテスト」にて、ポポンデッタの新規出店が発表されたのですが、「名古屋大須店」の記載が。
ついに大須にポポンデッタが上陸とは……!!

聞き覚えあるビル名だったので場所を調べてみたら、
どうやらグリーンマックスのクロスポイントの上の階に入ってくるみたいです。
DSC01120
ただ、クロスポイントに行った人なら分かるのですが、このビル結構長細くて狭いビルです。
そこに濃い品揃えとレンタルレイアウトを両立させることは可能なんでしょうか?
クロポは無理やりレンタルレイアウトをリニューアルでぶち込みましたが、すごく小さくなってしまったんですよね、品揃えも含めて。
DSC01123
クロポのレイアウトですが、奥行きはない感じなのがこの写真から見てもわかると思います。
ちなみに写真の313系3000番台は自分所有のものです(2012年秋のレイアウトのオープン日に一番乗りで行きましたw)

どうなるのか気にはなりますが(笑)、9月1日のオープンを待ちたいところですね。
対して、これまでほぼ独占でやってきたスーパーキッズランドがどう出るのかも見ものだったり(笑)

最近入線した車両たち Part2

マイクロエースのキハ283系を導入しました(^^♪

たまたま名駅のポチの単品ジャンクで売っていて気にはなっていたのですが、その翌日に平針の某所へ出向いて見ると、基本6両編成+ケースの状態であったので、ちょっと悩みましたがポチの単品をそろえるよりも単価が安いので……(笑)

CIMG0781
「スーパー北斗」仕様ですが、幌なし先頭車のほうはスーパーとかちのヘッドマーク付き。

CIMG0782
マイクロの得意分野の一つが、この印刷技術
ATSの表記だけでなく、床下機器のプレート表現まで見事に再現されています。
こればかりはKATOやTOMIXでもかなわない強みだったり(笑)

CIMG0785
マイクロにしかできないもう一つの強みが座席表現
クロスシートの場合、ヘッドカバーもきれいに着色されているのです。
グリーン車もこの通りよく作られているんです。

JR北海道の昼行在来線特急はおろか、気動車特急は初の導入となりました。
萌黄色のキハ40や731系などもぜひ揃えてみたくなりますね(笑)

最近入線した車両たち Part1

更新が滞っている期間中に導入した車両たちをご紹介します。

313系5000番台

DSCF7459
TOMIXの313系が発売されました。
前面部の部分などで評価が分かれるところですが、前面の白の塗色はKATOよりもよくできていると思います。
なによりもモデモの313と改造なしで連結できるようになったところは大きいですね。
300番台と組み合わせて8両のフル編成を楽しんでいます(^^♪
DSCF7440

189系あさま

DSCF7529
これは先日の記事でもご紹介した189系ですが、レンタルレイアウトでの走行写真を新たにお見せします。

EF510カシオペア

DSCF7622
TOMIXのEF510とE26系カシオペア2両を中古で導入しました。
中国製ですが、出来は日本製313系よりも精巧に作られているのでは?

DSCF7708
EF510のカシオペア色は北斗星色と共通運用だったので、北斗星の運用も実際にありました。
北斗星との接続もなかなかさまになりますね(^^♪