TOMIX 98959 500 TYPE EVA Coming!!

ここのところ多忙を極めていて、なかなか手が付かない毎日。
1月末に一件くらい入れとこうと思ったが、それもできず・・・(汗)

さてさて、かねてから予約を入れていた
TOMIXの500 TYPE EVA
が発売となったので受け取ってきた。

この500系のEVA仕様は乗ったこと無いし、そもそもエヴァンゲリオン見たこと無いんだけど(汗)そのデザインと希少性に惹かれて、ね(笑)
先にKATOがイベント限定で製品化しているけど、KATOのはのぞみ時代のW編成をベースとしているためにパンタグラフ周辺が全く違う「タイプ」仕様であるなど問題もあった。
KATOの製品が発売される直前でTOMIXからV編成プロトで出ることになったので、一般流通するTOMIX製を購入するに至った。

今回の500EVAはなんでも受注生産に近いレベルらしく、予約で完売、予約なしの一般販売は全くない店舗も多いのだそうだ。ここらへんだと大須のジョーシン(キッズランド)とポポンデッタは予約完売だったので名古屋の人が実店舗で一般販売で買うのは厳しいのかもしれない(´・ω・`)

さて、開封と行こうか。
IMG_0220 (3)
最近のさよならセットでよくある、「紙ケースの中にプラケース」という形態。TOMIXさん力入ってますねぇ。
イラストはKATOのと比べて派手さはなく落ち着いた500EVAらしいデザインだと思う。

IMG_0212 (3)
500EVAとともにEVAキャラが描かれたパッケージ。
TOMIXはこういう限定パッケージのイラストは秀逸なものが多いよね(^o^)

んで、中を開ける、が…………
IMG_0225 (3)
えっ?

えっ?

編成順に車両が並んでないじゃないですか(-_-;)

おそらく生産工場の都合とかだろうけど、V編成の通常品では問題なく編成順だったらしいからどうしてここで揃わないようなウレタンを使うか意味不明だよね。
んまぁ号車番号は印刷してあるしフックリングカプラーだから実際の連結の際に大きいトラブルはないと思うけどさ。

IMG_0228 (3)
ヘッドライトはW編成と比較して、やや白みを帯びた色になっている。W編成のほうの色が実車に近い気がするのは私だけかな?
ライトと動力は問題ありません。

IMG_0234 (3)
印刷や塗装はTwitterの声を見る限り、KATOのほうがいいとの意見を結構見かけるけど、自分にはTOMIXの塗装と印刷は問題ないレベルだと感じる。
車番や山陽新幹線全線開通40周年ロゴとかも普通に綺麗に出ている。もちろんKATOのは塗装が第一のアピールポイントだったから塗装がすごくいいのは否めないだろうけど。

IMG_0237 (3)
W編成と
やっぱ500系かっこいいっすね(●´ω`●)

IMG_0239 (3)
V編成はパンタグラフがシングルアームに変更されただけでなく、パンタカバーも完全別物に変わっているが、TOMIXはそれも的確に再現できているな。

 

以上、TOMIXの500 TYPE EVAの簡易レビューでした。
個人的にはKATOのよりすごく良く再現できているように感じた。
全体的な見栄えでは確かに見栄え重視のKATOには及ばないかもしれないが、TOMIXの再現度重視の路線はそれはそれでいいように思うし、500EVAではその再現度重視の路線がとても活かされているのを見ていると、TOMIXの本気を感じるわけでして。
これでケースのウレタンがちゃんとしていれば、100点だったんだけどなぁ…・・・惜しい。ケースだけKATOのが欲しいよ(泣)

さて、早速レンタルレイアウトに投入してみますか。

ドコモのカケホーダイ 解約

ミクスマホ契約から続けてきたドコモのカケホーダイ契約を2年縛りが解けたことで打ち切りました。

ドコモでのカケホーダイ契約での月料金は、パケットプランを最小の2GBとしてU25割を適用させても毎月9千円ほどかかってしまっていました。
携帯代を少しでも安くさせるため、格安スマホであるフリーテル雅をワイモバイルで契約し、次第にメインを移行させており最後までミクスマホが専属で使っていたのはLINEだけになりました。
友人とはほとんどLINEで済ましていますし、各種サービスや家族とのやり取りもワイモバの新番号にほぼ完全に移行させています。

解約金のない月が8月と9月になるため、その最終日である今日ぎりぎりで手続きを行ってくることができました。

 

はっきり言えば、あまり通話しないしパケット量もキャンペーンやパケットマイレージボーナスなどでドコモ時代より多く、ワイモバだけでも充分ではあるのですが、一つだけ問題があって。
そもそもドコモ契約を始めたキッカケのひとつがdアニメストアの利用で、ドコモ回線がないとクレジット払いしか対応できないため、銀行引き落としでもサービスを受けられるように回線契約した経緯があります。
現在でもdアニメストアでの銀行引き落としはドコモ回線所持が条件なのは変わらず、これをクリアさせるにはガラケーでもなんでも良いから何かしらの回線(=電話番号)を持っておかないといけないのです。

 

もちろんXiのプランを継続させたくないので、ここでFOMAプランの登場です。
最初はミクスマホ乗り換え前に使っていたiPhone4SをSIM下駄を用いて再復活させようかと思いましたが、失敗のリスク等をふまえ、やめました。

そうなるとガラケーもしくはXi非対応の3Gスマホが必要になるので、ひとつ買ってきました。

dscf8489
k0000251266
富士通のF-12C
ARROWSブランドが始まる前の2011年モデル。
いつの間にかドスパラ横にできてた大須のイオシスさん2980円でした(ネット通販でも中古携帯が一番安いのはイオシスでした)
決めては一番安かったこと、それだけ。2980円の機体はこれ以外にギャラクシーS2もあったが爆発頻発のチョンメーカーなんか使いたくないので、これ一択。
単純な比較でもギャラクシーS2に比べて防水などでカタログスペックは高いので・・・

%e7%84%a1%e9%a1%8c
ドコモ端末なので残念ながらバリュープランは適用できないのですが、FOMAベーシックプラン「タイプシンプル」、これに2年縛りの
「ひとりでも割50」適用でもだいたい2千円前後
に抑えることができました。
これなら、ワイモバとの併用でもドコモXi1台体制よりも安い上スペアも持てるのでどれかがあぼーんした時の不安も少ない。
パケットは外では使わず、どうしてもの時は雅からのテザリングを使用することにして、基本は電話回線+Wi-Fiで運用するつもりです。

 

そして、ミクスマホは2年と2ヶ月に及ぶドコモ回線での運用は今日で終了
当分はLINEも含めて雅に移行させたあと、後日SIMロック解除とワイモバのシェアプランを適用の上、ワイモバのSIMで運用復帰の予定でしょうかね。
まずはひとまずおつかれさま、と
( ´∀`)b

EOS 10Dの充電器を買った結果wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

img_0505
ハイ、ボディが増殖しました(笑)

そもそもレモン社で買った10Dには充電器が付属していませんでした。
同じバッテリーを使用する20Dは売却して充電器ともども手元にありませんから充電器を探す必要がありましたが、通販は安いお値段でしたがマケプレなので発送が遅いのがなかなか腑に落ちず10D購入日はポチりませんでした(これがAmazon.co.jp発送だったらポチってたんだけど・・・)
そこで次の日、ジャンク箱に充電器があるかもしれない、と仕事の休憩合間に大須のコメ兵さんをダメ元で覗いてみたら、ジャンクコーナーのガラスケースの中、

『EOS KISS DIGITAL 現状品 付属:充電器のみ 3,000円(税込)』

が鎮座。
調べたら初代キスデジのバッテリーは10Dと同じタイプのようで、これの充電器が欲しくて、ソッコーで店員さんを呼んでお買い上げw
ボディは「現状品」だったので多分動くだろな、と予想はしてましたが最悪レンズキャップ代わりに、としか思わず(;´Д`)

dsc_2286
一緒にジャンク籠に入ってたEF28-105も千円で購入(笑)

帰って確かめると、キスデジの電池室に純正のEP-511Aが隠れておりましたw
キスデジの動作には何も問題なかったですよ\(^o^)/

dsc_2283
外観はグリップがボロボロとなっている他、傷も多いですが逆にこのレベルだと使い倒しやすいので嬉しい限りなのです(*^^*)

dsc_2281
Kissシリーズは他社のエントリー機同様、モードダイヤルがシャッターボタン側にあり肩液晶がないものも多いですが、初代キスデジは背面液晶の上に情報パネルが埋まっており、使い勝手は現行のKissシリーズよりも良いと思います。

さてさて、初代のキスデジは10Dとファームウェアはある程度共通化されているようですが、10Dでは使える機能がキスデジではメーカー側の設定で殺されているらしいのです。
多くのキスデジユーザーはロシア人の開発した「ロシアンファーム」を用いるようですが、これを入れてみます。

ロシアンファームは今でも入手可能で、入手したファイルをCFカードに入れてキスデジに読み込ませるだけでファームアップデートが可能なのです。
★ロシアンファームダウンロードページ(以降、自己責任で)

img_9943
ファームアップ自体は3分もあれば完了します。
これを適用させることで、デフォルトでは殺されているカスタムファンクションが使える他、ワンショットAFが選択可能となり、ISO上限も3200まで拡張できるようになります。

早速試写へ。
img_9918
キスデジ+SIGMA18-50

img_9965
10D+17-40L

色傾向は同じ時期とだけあって、似ていると感じます。
昔持っていた20Dの画質に通ずるものがあると思います。
やや淡めのこの時期のキヤノンの画作りの傾向だったのでしょう。対してニコンのD70とかD50はCCD機だったのもあって、濃い目の色合い。
1D4あたりの時期になると、キヤノンもだんだんContrastがはっきりした傾向へ向かってきていますけど。

シャッター音は10Dは20Dに近いコロンとした音、キスデジは若干安っぽいところもありますがシュッとした音。
20Dの音はあんまり好きにはなれなかったのですが、10Dやキスデジは20Dよりも気持ちいい音の出方だと思います。シャッターショックも意外と少ないですしね。

EFマウントでもAPS-Cの軽いお散歩カメラがほしいと思っていましたので、ちょうどいい2台が増えたと思っています(●´ϖ`●)

丸栄中古カメラバーゲン2016秋の陣

imgp1282
またまたこの時期がやってきました!!

今年は春の陣を欠席したため、約9ヶ月ぶりの中古カメラ市でした。
今回も去年冬の陣を共にしたI氏とともに会場回りをしてきました。

んにしても、だいぶ丸栄って変貌したな、って。
丸善は新しい本店へ完全移転して、跡地には東海初のラオックスやサカゼンなどに変わっているし、セリアもこれから入る予定となっていますので、大幅なテコ入れをしているのでしょうか…。

dsc_2231
今回ですが、意外と人(客)と物が少ないなって感じました。
参加されているあるカメラ店の方曰く、「中国人が来ていない」って。爆買いも落ち着いて確かにジャンクを求める人は減っていたように感じます。これまでは開始直後はなかなかジャンクは人だかりで見れないことも多かったのですが、今回はそのようなことが全く無く、ジャンクから見て回れました。
そのジャンクもいつもより物足りないな、って印象。
冬の時のワンコインD70とか、そんな出物もない感じでしたね。
自分も模型熱の上がりと同時にだいぶカメラ熱も下がっていますし、なにせK-7を導入した去年12月以降ではパナG1を売っぱらったくらいでしたから。I氏も機材が揃ってきている現状で、なかなか手に入れるようなものもなかったとのこと。

さてこのイベントは毎回2局はテレビ局がやってきますが、今回は初めてI氏がメーテレの取材を受けて、夕方のニュース(UP!)で取り上げられる珍現象もありました(笑)
なかなか熱のこもったトークをしてましたw

 

丸栄のあとは昼食を経てヨドバシ横のレモン社へ。
開店して1年が経ち1周年セールを行っているのですが、今回はジャンクコーナーが大量のEOS 10Dで埋まっているという(笑)
レモン社の方曰く「写真屋で使っていたものが一斉に来た」とのことで、店に並んでいるのはほんの一握りらしく…。
付いているレンズも全部SIGMAの18-50DCというのもなかなかミステリアスだったような(;´Д`)

その後は名駅のぽちへ行き解散。

 

 

さてさて、では今回の戦利品をお見せいたしましょう。
imgp1329
まず右に見えるボディはキヤノンのEOS 7
I氏が当時憧れていた機種らしく、ゴゴーの青箱に入っていたものを1000円で獲得。
グリップベタつきがややありますが、それ以外は綺麗で普通に使えそう。

そのEOS7の前にあるのはニコンの接写リングPK-13、ヤマゲンで1000円
55マイクロだけでなく、全てのレンズで使えるのが魅力なところ。
55マイクロでは等倍までとは行きませんが、
dsc_2240
こんな感じで寄れてしまうのですからそりゃもう驚き!

さて、接写リングの左にあるレンズはペンタのSMC-M 135ミリレンズ。イトウカメラで3000円也。
なかなか状態は良さそうでしたのでK-7用に捕獲。
中望遠なのでポトレには最適かも。

そして、今回の大物は残念ながら丸栄ではなくレモン社での獲得品。
大量に並んでいたEOS 10Dの一番きれいな個体をI氏と一緒に捕獲(爆)
SIGMAの標準レンズもなかなかコンパクトで1D4でも使ってみたいな、と思い。
お値段もレンズが付いてこの価格(画像見よ!w)ですから、お値打ちだったといえます。

img_0010
K-7が苦手とする屋内&暗い被写体でも、10Dはここまでビシッ!と行けるところがなかなか面白かったりします。

 

 

いやぁ~久々に面白い一日でしたし、久々の散財でもありました。
冬の陣もまた行きたいと思います\(^o^)/

ワンキュッパ!

……といえば

ワイモバイルのCMなんですが、
いろいろ考えた末、ワイがワイモバイルのSIMを導入してみた話

 

 

事の発端は、今年の3月に遡る。
前々からやるやる詐欺と言ってきた艦これのAndroid版がようやく実装の目処が立った。ワイも楽しみだった。
事前登録の抽選をくぐり抜け……

kancolle160413

無事【当選】となり得たのであった(笑)

まだその時は、手持ちのミクスマホでできるだろう、と高をくくっていたんだけど、今週金曜の先行実装を目前に運営はこう言ってきたんだよ。


おいおいおいおい!!!!!!!!
(#^ω^)
オラのミクスマホはAndroid4.2.2止まりなんだよちくしょー!!

 

…という流れ。

root化をする手もあったけど、スマホは予備がなく、仮に上手く行かなかったときのリスクが付きまとう。
そもそももうすぐドコモの2年縛りが一旦解けるから、このタイミングでミクスマホは格安SIM、ドコモ回線はテキトーな中古ガラケーへ移ろうと考えていた矢先。
支払い方法とかでいろいろ制約が多い格安SIMもいいんだけど、格安SIMほど安くはなくとも、ドコモに比べたらまあまあ安いキャリアに気づく。

ymb

ワイモバイル!!!!!

ワイモバイルがものすごく気になったのは、
・パケット容量2倍キャンペーン
・1年目1000円引
・2台目以降のシェアプランが安い

あたり。

ただ、ここで一つ問題が。
ワイモバイルが提供する端末で使いたいな、という機種がない。
一応AQUOSとかもあるけど、昔からAQUOSにはなぜか食指が動かない(笑)

別にハイスペック機を要求しているわけでもないし、お金もないし、安い機種買ってそれにワイモバイルのSIMを挿そう、とまでは考えた。
向かった先は栄のヨドバシ。
フロアに着いた先からUQモバイルの販売員から声をかけられ、いろいろ格安スマホでよさ気のやつを探す。
途中からは「スマホの達人」なるたすきを掛けたお兄さんも加わり、販売員さんがイチオシとしてススメた機種がこれ。

pic_gallery_products01

FREETELの「雅」
なんか名前かっけーw
フリーテルは日本の会社が運営しているブランドだそうです。

日本メーカーなら良いかな、と思ったし、カタログスペックも申し分ない。
そしてなりより、16,800円という安価なプライスが信じられない。
しかもワイモバイルで開通させれば、これよりさらに1万円も引くというのだ。
こんな機種が7千円で買えるんだぞ?

 

早速ワイモバイルの開通手続きをして、即日開通してまいりましたよ\(^o^)/
機種代は一括「7千円だけ」なので、機種代が月々についてこないのがまた清々しい(笑)
スマホプランM + キャンペーン適用で1年目は3200円ちょっとだから、結構お安い。同じ条件でドコモで契約しようとすると、たぶん2倍位かかるからね(;´Д`)
IMG_20160608_000608

フィルムとケースも一緒にお買い上げさせていただきました(*´ω`*)

大須へ移動して即開封の儀!
CIMG0587
箱かっけーw
IMG_0231
ロゴのダサさだけなんとかならんかなぁ…(笑)
DSC_0475
フィルムはミクスマホでもお世話になったメーカーさんのノングレアタイプ。
IMG_0230
ケースもアーマーっぽくしたかったので、迷彩柄の汎用ケースにしました。これが結構高くついた(笑)

IMG_20160607_194225
雅のカメラの画像です。
ミクスマホと比べると、彩度が低いあっさりめな出方ですが、ノイズは少なくすっきりと出ています。

Screenshot_2016-06-07-23-01-37
そして、一応はセッティング完了\(^o^)/
初めて5.1(lolipop)を触ったのでちょっと迷ったところもありますが、違和感のない操作性だと思います。
すごく処理もさくさくしていますし、これなら艦これのAndroid版も動いてくれるかな(`・ω・´)

ワイモバイルはシェアするともっとオトクさが増すので、ミクスマホも、ドコモの2年縛りが解けたらワイモバイルのSIMに差し替えようと思ってます。
当面は様子見で、問題なかったら次第にメイン機の役割は交代してくかな、と。

 

あとは艦これAndroid版の実装を待つのみ!!

初登頂と189系のお話

この間、ぶらっと名古屋へ出かけてきたのですが、前から行ってみたかった有名スポットへお出かけしてまいりました。

南山大にほど近い八事日赤駅から歩いて5分ちょっとのところにある「喫茶マウンテン」さん。
Wikipediaにも単独記事があるくらいファンの多い超有名店。
現代名古屋メシを象徴するお店の一つでもあります。
20年も愛知に住んでいて、全く行ったことがなかったので行ってみたいと思い行ってきましたよ。

……と、その前に時間があったので、天白の平針に寄り道。
IMGP3906
以前も行った中古模型屋の「ラディッシュ」さんへ立ち寄りました。→以前に行ったときのブログ

7両で4,800円の値がついたいかにも安そうな車両があったので、お店の人に確かめてもらったのですが、動力とライトは正常に動くし、車体も綺麗で「お値打ちですよ!」と言われるくらい異様に安かったのでした。
トミックスの313系が土壇場で延期となり食傷気味だった私はこの車両をペイすることに。

DSCF7366
DSCF7368
KATOのケースには183系1000番台と書かれており、中もおそらくそれと思わせる車両が入っているのですが、よく見たら車番の印刷が消されていてその上から189系のインレタが下手っぴながらもされていたのでした(大汗)

DSCF7370
ま、でもこの状態で7両が5千円以下で買えたのは確かにお買い得ですね(*´ω`*)

 

さて、それから急ぎ足ながらも八事日赤に移動。
時刻は土曜の午後6時過ぎ。
DSCF7364
土曜ということもあって、混雑しています。
これだけ繁盛している喫茶店って、あんまりないかも。

このマウンテンの特徴はなんといっても「ボリュームの多さ」と「メニューの多さ」
メニュー表には一覧がびっしりと書かれていて、主力のパスタだけでも50種類くらいあるようですね
(゚д゚)!

ワイはその中で「クリーム明太」を注文。
IMGP3943

……すごく美味でした。
ボリュームも12時間何も食べていなかった自分が完全に満腹にできるほどの量で個人的に大満足。

DSCF7373

DSCF7374

夜も22時までやっているので、夜ご飯も充分に食べられるのは良いですよね。
こういう店が近い南山生がすごく羨ましいですよね。メニューたくさんあるから毎日行っても飽きんやろうし(笑)

 

このメニューの豊富さもファンを虜にさせるのでしょうか。
コストパフォマンスは最高。また行ってみたいです。

PIONEER Private AV7

さて、昨日お話しました「PC音源向上計画」のお話。
早速プロジェクトが始動しているのですが、早くも新規機材が入ってきましたのでご紹介をします\(^o^)/

近所のハードオフのジャンクコーナーにあった、パイオニアのシステムコンポです。
DSCF6930

じゃ~~~ん!

店頭では「J720シリーズ」としか記載がありませんでしたが、調べてみるとこの一式は「Private AV7」というセットで販売されたようです。
カタログを掲載されているブログさんによると1995年3月の時点で販売されていたとの情報がありますので、バブル期の機種ではありませんが、これでもかなりしっかりと造ってあるようです。
デザイン的にも90年代チックですし、ボタンの数などもバブル期の機種と比較するとかなりコストダウンした努力がよく見えますw

 

さてこのコンポですが、1,080円でした。
「通電した」と記載があるだけで、その他未チェックの模様。
1,000円なら多少のリスクはありましたが、逝ってみましたw
ah_IYH

結局デカいため自転車には案の定乗り切らず、名タクを呼ぶ羽目になり本体より高い金額が飛びました(大汗)
まぁヤフオクの送料くらいと思えば高くないと思おう(;´Д`)

家についたら早速動作チェーック!
本体の各コンポーネントを結ぶケーブルとCD/LDプレーヤーの電源ケーブルは付属していましたが、アンプ部に接続する電源コード(これがないとスピーカーから音が出ません)とスピーカーケーブルがありません。
とりあえず電源コードは端子が眼鏡型でしたんでカメラ用にあったやつを挿し、スピーカーケーブルはビクターのミニコンポから臨時で持ってきました。

接続して、スイッチオン。
DSCF6931
ブイーーーーーン
商品説明どおり、通電はOK。
肝心の気になる点はCD再生ですので、音楽CDを入れて再生ポチっとな。
…ちゃんと問題なく再生できました!!!

ah_IYH
イヤッッホォォォオオォオウ!

ちなみにカセットは駄目でしたがCDの再生とアンプ・スピーカーの動作はOKでしたので、最終的にはこのアンプとスピーカーにPC音源を通せるようにやってみたいと思います。

ハードオフさんも侮れないです(^_^;)
いい買い物でした\(^o^)/

PENTAXのAF銀塩に嵌まる

先日のクリスマスイブのときに、3本のKマウントレンズを手に入れたまでは良かったんですが、帰ってチェックしたらレンズキャップがありませんでした。
ジャンクレンズって、レンズキャップ付いてないんですよね(;´Д`)

現状2本のKマウントレンズがキャップ無しの丸裸で、ゴミ混入しホーダイです(笑)
少なくともリアキャップは欲しいですよね。
わざわざ新品のレンズキャップを調達するのもバカらしいので、近所のハードオフでKマウント機を探してみることにしたのです。

チョイスしたのは、以下の2機種。
CIMG0459
ひとつ目は、SF7
Kマウント初(実はPENTAX初ではない)のAF一眼として登場したSFXの廉価版(エントリー)といえる機種です。
露出補正やファインダーの視野補正などが取り除かれ、シンプルな作りとなっています。
IMG_0034 (2)
なんといっても、このペンタ部に配された液晶に惚れました(¯▽¯)b
SF7のイラストが配されており、初心者にも分かりやすい表示形式なのではないでしょうか。
ボディはグリップにちょっと汚れがあるのと、アイカップがベタっているとこ以外は非常に綺麗なんですよ、これ。
ちなみにデートパック付のクオーツデートモデルですね。

IMG_0035 (2)
もう一つは、MZ-50
SF7より9年後に発売されたMZシリーズのエントリーモデルです。
ファインダーをペンタミラーとするなど、徹底的な軽量化と小型化に成功しています。
SF7やK-7と比べると、よくわかります。
非常に小さいのが売りなんですね。
もちろん、操作系はよりシンプルになり向上しています。

残念なのがこのMZ-50は絞り環に「A」表記のないレンズが使えない点。そのため、M50/1.7とM80-200/4.5はこのMZ-50では取り付けするのみです^^;
ちなみに、現行の絞り環が無いレンズは使用可能で、DAレンズでもケラレができるけど撮影は可能なようです。
なんでMZ-50かというと、この個体、シャッター幕がくそ綺麗で、どうも電池入れたら使えるような気がして(笑)
それだけなのですが(^_^;)
IMG_0038 (2)
この機種もクオーツデートモデルです。

PENTAXはほぼ全ての機種でクオーツデートタイプを販売してました。
この時期のESPIO(レンズ一体型)もそうですが、ペンタはクオーツデートに他社以上に力を入れていたのでしょうね。
デートは2030年まで対応だった気がします(98年のESPIO140Mは2030年までですね)

今度電池を通してみましょ。
普段はレンズキャップ代わりだけど、もしかしたら、年に一回くらいは日の目を見る時が来るかも!?

自分へのささやかなXmasプレゼント

ちょっと遅くなったけど、今年のクリスマス。
残念ながら、女の方は登場しませんでした(´;ω;`)
いや、まだ21歳だし、まだまだチャンスありますって(汗)

 

さて、12/24(金)。
私はリア充どもの間をすり抜け、栄のトップカメラへ。
久々に行きましたが、だいぶ配置変わっていてびっくり。三脚などは2階へ移動したようですね。
この日は「ジャンク市」と称して、
・ジャンク品詰め放題(小500円、大1000円)
・ジャンクコーナー全品半額

となっておりました。

IMGP8005

半額なだけでもかなりお得なのですが、詰め放題が非常に面白そうだったのでやってみました^^;

ゲットしたのは2本のレンズと1D4用の電源キットなどなど。
これらを大1000円のビニル袋ヘイン。
入手したレンズは、またなぜかKマウントなんですよね^^;
DSCF6923
smc PENTAX-F 100-300mm F4.5-5.6
こちらは本来800円。何が安いかって結構なクモリです。
まぁカビが生えているわけでもないので…

DSCF6925
smc PENTAX-M 80-200mm F4.5
こちらは本来2000円のレンズです。ちょっとカビがありますが、それほどの問題はなさそうでした。

その後は、レモン社へも寄ってみました。
またまた、レンズGETです(^_^;)
DSCF6922
smc PENTAX-FA 28-70mm F4 AL
IMGP8015
なんと500円の安さ。薄くもりなんだけど、写りに影響はなくお散歩用レンズとしてはうってつけだと思います。
AFも合焦自体は問題ないんだけど、モーターのギアが上手く噛んでおらず、マクロ撮影の際に甲高い異音がするのが難点ですが(笑)

そして一番の大物。
DSCF6921
キヤノンのコンデジ、IXY DIGITAL 900ISです。
ジャンクコーナーに1000円で眠っていたのですが、普通に動きました。写りOK、AFもOK、ボディも小傷くらいで全然綺麗な方です。
しかも、付属品完品!
DSCF6926
この価格でここまで揃っているのはまれな方かと思います。

早速使ってみるのですが、このコンデジ、接写が得意でかなり寄れてしまうのがなかなか良いところです。
IMG_0024
これまで他のカメラが総じて苦手としていたNゲージも、ほぼ目の前まで寄れてしまうのだから驚きです。
IMG_0031
もちろん描写力や高感度がしょぼくなるのは普及帯のIXYですから仕方のない見方もできますでしょうけど、マクロ撮影がここまで出来るだけでなかなか憎めない機種ですw
みてくれはフツーのコンデジなのに、使ってて楽しいw

コンデジの面白さ、発見できたかもしれませんね(大汗)