丸栄中古カメラバーゲン2017春の陣 ~トキナーのMF”ハチニッパ”~

【前記事はパスワード制限を掛けました】
閲覧を希望された方にはパスワードをお教えします。
閲覧希望はブログコメントまたはTwitterのDMまで。

 

結局死ぬ死ぬ言って死ねないのが実情です。
今の生活が苦しいのは事実だが、口では「死ぬ!」って言ってても行動に移す決心がつかない。

無職に、なりました。次の職は未定。決まったところでまた一年は持たないだろうしね・・・。

少しでも今の生活が良くならないのか、と障がい者の就労を支援している事務所の相談会に行ってみました。
すごくサポートをしてくれるようですね。とはいえ、今は企業に属して仕事をしよう、という気にそもそもなれず。
相談相手の方は「今は焦らず、ゆっくり心の安定を持っていけるよう準備を」・・・その通りだと思います。

 

さて、相談会が栄でしたので憂さ晴らしも含め恒例の↓行ってきました。
今回は初日参戦せず2日目にひとりでふらっと。
DSC_5367

カメラ熱も冷えてたし、特に何も買う予定はなくスルーしようかと思っていたんです・・・が。

 

ハットリカメラのB級品コーナーにぽつんと置かれていた大玉。
どうせF4-5.6の安物・・・と思いきや

Tokina AT-X 80-200mm F2.8 AT-X828(MF)

とな。

 

ん?にいはち通し!?
マウントは・・・ニコンFマウント

 

んで、気になるお値段・・・

¥8,000!!

 

気づいたときには、リュックに仕舞っていたD700と財布のお札を取り出していたのであった。
沼って怖いね(笑)

 

IMG_0293
この焦点距離は本格的な鉄道写真を撮るのにちょうどいい数値だったりします。
本格的な撮り鉄の方だったら「ナナニッパ」こと70-200/2.8のレンズを持っていらっしゃることでしょうけど、そのナナニッパの先祖と言えるレンズです。
明るい長玉な割にはコンパクトで金属ボディですがさほど重さを感じません。どうしても同じトキナーのダンベルAT-X150を思い出してしまい、余計軽く感じるみたい。

 

DSC_5337
DSC_5380

トキナーは解像度の高いレンズを数多く生み出し、古くからその高解像度は有名
このレンズも例外ではなく、(自分の使い方では)開放から常用できる一本に仕上がっていると思います。もちろん、1段2段絞ればビシっと決まるのはお約束。
ピントリングはトルクがかかっており、直進ズームと相まって扱いやすさを発揮。

↓は画像クリックで等倍が見れますが、ここまでカリカリと出せるレンズもなかなかないかと思います。
目の良い方なら住友不動産の下の注釈も読めるかも・・・(;´Д`)
DSC_5394

 

帰りに試しに軽く撮り鉄。これまで写しにくかった領域にもチャレンジできます。
MFなんで置きピン。まだ甘いので練習がいる・・・。
DSC_5419

 

もうこのレンズ、30年前の製品になるのですが、製品の古さを感じないほどの仕上がりで驚きました。
やはりF2.8通しなので使いやすいですし、他のF値固定レンズと違って開放から使える分には使える。
もちろん現行レンズと比べたら酷だとは感じますが、自分には充分すぎるスペックでした。

トキナーの赤鉢巻も、自分にとってはLレンズです。
タマ数は意外と少ないかもしれませんが、見かけたらぜひ。

【悲報】1D4あぼーん キヤノンSCへ

1年ほど使っている1D4の電源系統が機能しなくなるトラブルに(´;ω;`)
最初は点いたり消えたり、時間が経つごとに起動しなくなり次の日には一切の操作を受け付けない形に!
ACアダプターでも受け付けず、バッテリーではなく本体が逝かれているのははっきりとしています。
10Dとキスデジを導入した直後にこれとは妙なタイミングだわ(笑)

ということで向かった先は
img_9988
伏見
img_9980
キヤノンサービスセンター

持ち込んでみてもらったところ、工場で一旦分解しての見積となるため、1D4は一旦工場送りになりました・・・。
ホームページには、電源系統の故障は2万ちょっとという記載もあるため、それくらいは取られるのでしょうか(´・ω・`)

 

ショールームで最新機種遊びまくり!

1D4の件はさておき、1階にはショールーム「キヤノンプラザ」が入居しています(SCとEOS学園は2階、法人窓口はさらに上階だそうです)
ここでは最新のキヤノン機やPIXUSプリンターなどが展示されています。
せっかく個々まで来たのだから、遊んで帰らなきゃw

展示品は基本的に自由に触れるようになっていて、中にはショールームのメモリーカードが入っているので同じく展示機のPIXUSでプリントも可能なのだとか。
発売前の試作品(今回だとEOS M5)以外自分が持ち込んだメモリーカードのデータ持ち込みも可能になっていて、そのときはショールームのお姉さんに一言要ります(去年行ったニコンは自由に差し替えできるようになっているのでその点はメーカーの考えの違いでしょうか)

まずはフルサイズの6Dから。
img_9902
img_4437
さすがフルサイズとあって写りは一弾も二段も違うような気がします。

次はAPS-Cの80D。10Dから始まる2桁機(ミドル機)の最新機種です。
レンズは自前の17-40Lで。

img_9949

img_9897
img_9890
10Dや20Dと比べると、やはりノイズに強くなっています。
色合いも初期のEOSとは違う味わいのある味へと変貌。シャキッとした描写が面白いです。
ライブビューのAFはミラーレスと遜色ないといっても問題はないと思います。ライブビューはキヤノンが徹底的に取り組んできてるだけあって、予想以上に力入ってるなあと感じますね。

さて、お次は5D MarkⅣ今月出たばかりの最新モデル。
やっぱ5Dシリーズはカッコイイですねぇ~
img_9951
img_9952

053a8627
053a9918
6D以上にとろけるボケ味がなんともたまらないです。
同じレンズなのに、ボディを変えるだけでこんなにも違いが出てくるのが面白いですよね。
だから、カメラはやめられないわけなんですが(笑)

 

ここでせっかくなので、展示レンズを試してみます
ガラスケース中のレンズもお姉さんに言えば持ってきてもらえますよ( ^o^ )✩
17-40Lはどちらかといえば広角ですよね。なので普段は安レンズしか使わない望遠を試したい。

お姉さん「どれにいたしますか?」
わい「せっかくだから、ナナニッパで!」

053a9968

鉄道写真だとナナニッパこと70-200/2.8Lが定番の人気レンズ。
昔から憧れのレンズを5D4につけて遊んでました^^
img_9948

このナナニッパをキスデジにつけると、テレ端は換算で300ミリをオーバー。
要するに、「サンニッパ」としても使える万能レンズだったり(笑)
この描写性能と解像度はやはりLレンズならではだわ。
img_9958

 

Nジオラマが!

053a9965
さて、ショールーム内を歩いていると、小さなNジオラマを発見。ちゃんと線路も引いてあり、今でも走らせそうな雰囲気。
何故かこの日はNゲージ車両が二つほど(本来は大須GMで30分くらい走らせようかな、って・・・)
せっかくだから、走らせなくても、レール上に置いてマクロレンズで撮ってみたいじゃん?
と思ったわいは、お姉さんに言ってみると、
裏からパワーパックスタンダードSが!(笑)

「どうぞ自由に使ってくださいね~」

ジオラマはKATOのデスクトップレイアウトという製品に、KATOのジオタウンシリーズのストラクチャーを置いたもの。ゆえにレールはKATOのユニトラック。
なんでも以前はショールームの車両を走らせて開放していたようですが、子供連れによって暴走運転や破壊があっては困る、と普段はパワーパックを隠しているのだとか。
持ち込み車両を持っている、とかお姉さんに言えば遊ばせてもらえる仕組みとのことでした。

img_0001-3
カメラとレンズは「7D2とマクロレンズ」と言ったところ、100Lマクロが来ました。
曖昧な表現でもちゃんといいレンズを持ってきてもらえるのはさすが直営のショールームといったところ(笑)

さて、取り出したのはTOMIXのパノラマカー。以前買ったやつですが、詳しい紹介はまた後日とします。
お姉さんたちからは「かわいい~!」との評判(; ^ω^)
で、置いても動かないのでお姉さんと「なんでだろ~」と思って隅々確認してたら、トンネル内に脱線したショールームの車両が(笑)

車両をとり除くと、元気に走り出しましたとさ。
8c5a9977
一周はコンパクトながら長いので、見ていて飽きません。
8c5a0007
7D2の連射機能も、模型ならフル発揮できます!

8c5a0034
ヤテ線。小さいレイアウトなので走れるか不安でしたが、ぎりぎり走行できました。
こちらも「かわいい~」とお褒めの声(笑)

で、ショールームの車両はというと、なんとTOMIXの樽見鉄道ハイモ330というまたマニアックな気動車でした(;´Д`)
鉄道好きの社員さんがチョイスされたようです。
このコンパクトレイアウトに似合い、かつ東海地方で活躍している車両に絞った結果がこれなんでしょうか。
8c5a0048
確かに、よく似合うな、と。
8c5a0059
8c5a0064

なんだかんだ1時間位時間を潰していたような気がします。
もちろんショールームの展示の一環なのでレンタルレイアウトと違って無料ですし、最新機種+マクロレンズでデータ持ち帰りができるというおまけ付きなので、すごく楽しめますよ(#^.^#)
ただ、もちろん無料でやらせていただいているので、2時間を超えるような長居などは嫌われると思うので、そこは気をつけたほうが良いと思います。

 

ただ、ニコンと比べてもショールームの対応は至れり尽くせりという感じで、非常に楽しかったです(*^^*)
5DSとか1DX2とかKissとかまだ試せてないものも多いので、また1D4を受け取りがてら、遊びに行こうと思います\(^o^)/

EOS 10Dの充電器を買った結果wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

img_0505
ハイ、ボディが増殖しました(笑)

そもそもレモン社で買った10Dには充電器が付属していませんでした。
同じバッテリーを使用する20Dは売却して充電器ともども手元にありませんから充電器を探す必要がありましたが、通販は安いお値段でしたがマケプレなので発送が遅いのがなかなか腑に落ちず10D購入日はポチりませんでした(これがAmazon.co.jp発送だったらポチってたんだけど・・・)
そこで次の日、ジャンク箱に充電器があるかもしれない、と仕事の休憩合間に大須のコメ兵さんをダメ元で覗いてみたら、ジャンクコーナーのガラスケースの中、

『EOS KISS DIGITAL 現状品 付属:充電器のみ 3,000円(税込)』

が鎮座。
調べたら初代キスデジのバッテリーは10Dと同じタイプのようで、これの充電器が欲しくて、ソッコーで店員さんを呼んでお買い上げw
ボディは「現状品」だったので多分動くだろな、と予想はしてましたが最悪レンズキャップ代わりに、としか思わず(;´Д`)

dsc_2286
一緒にジャンク籠に入ってたEF28-105も千円で購入(笑)

帰って確かめると、キスデジの電池室に純正のEP-511Aが隠れておりましたw
キスデジの動作には何も問題なかったですよ\(^o^)/

dsc_2283
外観はグリップがボロボロとなっている他、傷も多いですが逆にこのレベルだと使い倒しやすいので嬉しい限りなのです(*^^*)

dsc_2281
Kissシリーズは他社のエントリー機同様、モードダイヤルがシャッターボタン側にあり肩液晶がないものも多いですが、初代キスデジは背面液晶の上に情報パネルが埋まっており、使い勝手は現行のKissシリーズよりも良いと思います。

さてさて、初代のキスデジは10Dとファームウェアはある程度共通化されているようですが、10Dでは使える機能がキスデジではメーカー側の設定で殺されているらしいのです。
多くのキスデジユーザーはロシア人の開発した「ロシアンファーム」を用いるようですが、これを入れてみます。

ロシアンファームは今でも入手可能で、入手したファイルをCFカードに入れてキスデジに読み込ませるだけでファームアップデートが可能なのです。
★ロシアンファームダウンロードページ(以降、自己責任で)

img_9943
ファームアップ自体は3分もあれば完了します。
これを適用させることで、デフォルトでは殺されているカスタムファンクションが使える他、ワンショットAFが選択可能となり、ISO上限も3200まで拡張できるようになります。

早速試写へ。
img_9918
キスデジ+SIGMA18-50

img_9965
10D+17-40L

色傾向は同じ時期とだけあって、似ていると感じます。
昔持っていた20Dの画質に通ずるものがあると思います。
やや淡めのこの時期のキヤノンの画作りの傾向だったのでしょう。対してニコンのD70とかD50はCCD機だったのもあって、濃い目の色合い。
1D4あたりの時期になると、キヤノンもだんだんContrastがはっきりした傾向へ向かってきていますけど。

シャッター音は10Dは20Dに近いコロンとした音、キスデジは若干安っぽいところもありますがシュッとした音。
20Dの音はあんまり好きにはなれなかったのですが、10Dやキスデジは20Dよりも気持ちいい音の出方だと思います。シャッターショックも意外と少ないですしね。

EFマウントでもAPS-Cの軽いお散歩カメラがほしいと思っていましたので、ちょうどいい2台が増えたと思っています(●´ϖ`●)

丸栄中古カメラバーゲン2016秋の陣

imgp1282
またまたこの時期がやってきました!!

今年は春の陣を欠席したため、約9ヶ月ぶりの中古カメラ市でした。
今回も去年冬の陣を共にしたI氏とともに会場回りをしてきました。

んにしても、だいぶ丸栄って変貌したな、って。
丸善は新しい本店へ完全移転して、跡地には東海初のラオックスやサカゼンなどに変わっているし、セリアもこれから入る予定となっていますので、大幅なテコ入れをしているのでしょうか…。

dsc_2231
今回ですが、意外と人(客)と物が少ないなって感じました。
参加されているあるカメラ店の方曰く、「中国人が来ていない」って。爆買いも落ち着いて確かにジャンクを求める人は減っていたように感じます。これまでは開始直後はなかなかジャンクは人だかりで見れないことも多かったのですが、今回はそのようなことが全く無く、ジャンクから見て回れました。
そのジャンクもいつもより物足りないな、って印象。
冬の時のワンコインD70とか、そんな出物もない感じでしたね。
自分も模型熱の上がりと同時にだいぶカメラ熱も下がっていますし、なにせK-7を導入した去年12月以降ではパナG1を売っぱらったくらいでしたから。I氏も機材が揃ってきている現状で、なかなか手に入れるようなものもなかったとのこと。

さてこのイベントは毎回2局はテレビ局がやってきますが、今回は初めてI氏がメーテレの取材を受けて、夕方のニュース(UP!)で取り上げられる珍現象もありました(笑)
なかなか熱のこもったトークをしてましたw

 

丸栄のあとは昼食を経てヨドバシ横のレモン社へ。
開店して1年が経ち1周年セールを行っているのですが、今回はジャンクコーナーが大量のEOS 10Dで埋まっているという(笑)
レモン社の方曰く「写真屋で使っていたものが一斉に来た」とのことで、店に並んでいるのはほんの一握りらしく…。
付いているレンズも全部SIGMAの18-50DCというのもなかなかミステリアスだったような(;´Д`)

その後は名駅のぽちへ行き解散。

 

 

さてさて、では今回の戦利品をお見せいたしましょう。
imgp1329
まず右に見えるボディはキヤノンのEOS 7
I氏が当時憧れていた機種らしく、ゴゴーの青箱に入っていたものを1000円で獲得。
グリップベタつきがややありますが、それ以外は綺麗で普通に使えそう。

そのEOS7の前にあるのはニコンの接写リングPK-13、ヤマゲンで1000円
55マイクロだけでなく、全てのレンズで使えるのが魅力なところ。
55マイクロでは等倍までとは行きませんが、
dsc_2240
こんな感じで寄れてしまうのですからそりゃもう驚き!

さて、接写リングの左にあるレンズはペンタのSMC-M 135ミリレンズ。イトウカメラで3000円也。
なかなか状態は良さそうでしたのでK-7用に捕獲。
中望遠なのでポトレには最適かも。

そして、今回の大物は残念ながら丸栄ではなくレモン社での獲得品。
大量に並んでいたEOS 10Dの一番きれいな個体をI氏と一緒に捕獲(爆)
SIGMAの標準レンズもなかなかコンパクトで1D4でも使ってみたいな、と思い。
お値段もレンズが付いてこの価格(画像見よ!w)ですから、お値打ちだったといえます。

img_0010
K-7が苦手とする屋内&暗い被写体でも、10Dはここまでビシッ!と行けるところがなかなか面白かったりします。

 

 

いやぁ~久々に面白い一日でしたし、久々の散財でもありました。
冬の陣もまた行きたいと思います\(^o^)/

OLYMPUS μ-mini DIGITAL

お待たせしました。
今日やっと更新ですm(_ _)m

さて、最近一週間に一回ほどはハードオフへと足を向かわせております。
この間行った時は、さほど大したブツはなかったのですが、1GBのxDピクチャーカードが売っていたので購入しました。
価格は1枚千円なので、8GBの東芝SDHC(Class10)よりも高いんですわ。
廃れた企画は手にするのも大変なのですな(;´Д`)

・・・えっ、xDカードを使えるカメラはないって?

安心してください。置いてありますよ(爆)
IMGP8308
OLYMPUS μ-mini DIGITALがね。

実はこれ、もう半年以上前に別のハードオフで見つけたもんなんです(カメラ機材ページにはちゃんと記載していました
バッテリーと充電器はついてました。スクエアじゃないデザインにイチコロ。
しかも、発売当時としてはなかなか珍しい防滴防塵使用なのだ。

んで買った時に動作確認はしたのですが、買った時に家に残しているとてっきり思っていたE-410用のxDカードを処分していることに気づきまして^^;
それからずっと放置プレーが続いていたのでした。

さて、xDカードを入れて撮ってみましたが、う~ん、このカメラ良いのは見てくれだけだね(滝汗
いかんせんレンズが暗すぎます。小型化の代償なんでしょうけど、広角側でF3.5スタートというのは一眼のキットレンズレベルなんで…
ISOはなんと400(!)止まりだし手ぶれ補正はついておりませんので、フラッシュを炊くか三脚固定しか方はありません。

しかし、そうやって固定しても解像度は実を言うとよろしくない印象がします。
マクロもIXY900ISほど寄れないし…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

しかも暗いレンズのせいか、外でもフラッシュを使いたがるのがまた残念なところかな
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

肝心の防塵防滴は自分の場合K-7があるのでそれほど必要とも感じませんが、それでも悪天候の日にK-7との2台持ちでサブカメラとして持って行くには良いのかもしれませんがね。

なんだかんだ駆使するのにコツが居るカメラですが、
逆にそこが可愛いものだと感じます(笑)

【写真さんぽ】Vol.14

IMGP7914

せっかくなので、この企画を復活させました。

引っ越してからここ数ヶ月は名鉄特急に乗ることが通勤上増えたのですが、平日は席がなかなか取れないことも多く、よくミューチケット買って特別車に乗車することも多くなってきました。
個人的には1700系や2200系も落ち着いていていいのですが、やはり一番はパノラマスーパーの特別車でしょう。
座席もふかふかしてますし、ヘッドレストが独立しているのは◎ですよね\(^o^)/

とりわけ展望席はいつ乗っても楽しい。
引っ越してから、名古屋へ行くのに3~4回ほど展望席へ乗りました。ゆっくり枇杷島の分岐点からの橋を渡るところがなんとも言えない味のあるところです。

1112Fがリニューアルして一度乗ったのですが、2200系に近い味付けになっていて、ちょっと安っぽくなってるところはなんとも残念ですね。
あとあの外観、どう見ても伊豆急の黒船電車にしか見えませんけれども(笑)

PENTAXのAF銀塩に嵌まる

先日のクリスマスイブのときに、3本のKマウントレンズを手に入れたまでは良かったんですが、帰ってチェックしたらレンズキャップがありませんでした。
ジャンクレンズって、レンズキャップ付いてないんですよね(;´Д`)

現状2本のKマウントレンズがキャップ無しの丸裸で、ゴミ混入しホーダイです(笑)
少なくともリアキャップは欲しいですよね。
わざわざ新品のレンズキャップを調達するのもバカらしいので、近所のハードオフでKマウント機を探してみることにしたのです。

チョイスしたのは、以下の2機種。
CIMG0459
ひとつ目は、SF7
Kマウント初(実はPENTAX初ではない)のAF一眼として登場したSFXの廉価版(エントリー)といえる機種です。
露出補正やファインダーの視野補正などが取り除かれ、シンプルな作りとなっています。
IMG_0034 (2)
なんといっても、このペンタ部に配された液晶に惚れました(¯▽¯)b
SF7のイラストが配されており、初心者にも分かりやすい表示形式なのではないでしょうか。
ボディはグリップにちょっと汚れがあるのと、アイカップがベタっているとこ以外は非常に綺麗なんですよ、これ。
ちなみにデートパック付のクオーツデートモデルですね。

IMG_0035 (2)
もう一つは、MZ-50
SF7より9年後に発売されたMZシリーズのエントリーモデルです。
ファインダーをペンタミラーとするなど、徹底的な軽量化と小型化に成功しています。
SF7やK-7と比べると、よくわかります。
非常に小さいのが売りなんですね。
もちろん、操作系はよりシンプルになり向上しています。

残念なのがこのMZ-50は絞り環に「A」表記のないレンズが使えない点。そのため、M50/1.7とM80-200/4.5はこのMZ-50では取り付けするのみです^^;
ちなみに、現行の絞り環が無いレンズは使用可能で、DAレンズでもケラレができるけど撮影は可能なようです。
なんでMZ-50かというと、この個体、シャッター幕がくそ綺麗で、どうも電池入れたら使えるような気がして(笑)
それだけなのですが(^_^;)
IMG_0038 (2)
この機種もクオーツデートモデルです。

PENTAXはほぼ全ての機種でクオーツデートタイプを販売してました。
この時期のESPIO(レンズ一体型)もそうですが、ペンタはクオーツデートに他社以上に力を入れていたのでしょうね。
デートは2030年まで対応だった気がします(98年のESPIO140Mは2030年までですね)

今度電池を通してみましょ。
普段はレンズキャップ代わりだけど、もしかしたら、年に一回くらいは日の目を見る時が来るかも!?

自分へのささやかなXmasプレゼント

ちょっと遅くなったけど、今年のクリスマス。
残念ながら、女の方は登場しませんでした(´;ω;`)
いや、まだ21歳だし、まだまだチャンスありますって(汗)

 

さて、12/24(金)。
私はリア充どもの間をすり抜け、栄のトップカメラへ。
久々に行きましたが、だいぶ配置変わっていてびっくり。三脚などは2階へ移動したようですね。
この日は「ジャンク市」と称して、
・ジャンク品詰め放題(小500円、大1000円)
・ジャンクコーナー全品半額

となっておりました。

IMGP8005

半額なだけでもかなりお得なのですが、詰め放題が非常に面白そうだったのでやってみました^^;

ゲットしたのは2本のレンズと1D4用の電源キットなどなど。
これらを大1000円のビニル袋ヘイン。
入手したレンズは、またなぜかKマウントなんですよね^^;
DSCF6923
smc PENTAX-F 100-300mm F4.5-5.6
こちらは本来800円。何が安いかって結構なクモリです。
まぁカビが生えているわけでもないので…

DSCF6925
smc PENTAX-M 80-200mm F4.5
こちらは本来2000円のレンズです。ちょっとカビがありますが、それほどの問題はなさそうでした。

その後は、レモン社へも寄ってみました。
またまた、レンズGETです(^_^;)
DSCF6922
smc PENTAX-FA 28-70mm F4 AL
IMGP8015
なんと500円の安さ。薄くもりなんだけど、写りに影響はなくお散歩用レンズとしてはうってつけだと思います。
AFも合焦自体は問題ないんだけど、モーターのギアが上手く噛んでおらず、マクロ撮影の際に甲高い異音がするのが難点ですが(笑)

そして一番の大物。
DSCF6921
キヤノンのコンデジ、IXY DIGITAL 900ISです。
ジャンクコーナーに1000円で眠っていたのですが、普通に動きました。写りOK、AFもOK、ボディも小傷くらいで全然綺麗な方です。
しかも、付属品完品!
DSCF6926
この価格でここまで揃っているのはまれな方かと思います。

早速使ってみるのですが、このコンデジ、接写が得意でかなり寄れてしまうのがなかなか良いところです。
IMG_0024
これまで他のカメラが総じて苦手としていたNゲージも、ほぼ目の前まで寄れてしまうのだから驚きです。
IMG_0031
もちろん描写力や高感度がしょぼくなるのは普及帯のIXYですから仕方のない見方もできますでしょうけど、マクロ撮影がここまで出来るだけでなかなか憎めない機種ですw
みてくれはフツーのコンデジなのに、使ってて楽しいw

コンデジの面白さ、発見できたかもしれませんね(大汗)

ひょんなことからお泊り会(後編)

(←前回)

さて次の日ですが、朝起きたらなんと11時でした(;´Д`)
人様の家でこんなに寝ていては……と思っていましたが、とうのご本人さんがぐうたら寝てました(笑)

この日は近所のリサイクルショップを2件まわり、いろいろ見てきました。

IMGP7952-1
オーディオ趣味もある彼は「ハードオフのジャンクコーナーにあるミニコンポとそれなりのスピーカーを買うと良いね」と言います。私はアパート暮らしもあってずっとイヤホン派なのですが、「イヤホンは難聴の原因になるから、避けたほうが無難」とのこと。確かに、それは納得できます。

彼は、更に付け加えました。
「ウチに余ってるミニコンポがあるから、あげるよ」、と。

いったん戻り、そのミニコンポの実機を見せていただきました。
パソコンデスクの取り換え作業をしてくれたらタダでいただける、ということで古い机の運び出しとデスクの組み立てをして、彼の家のメインパソコンまわりが一新。

“一宿一飯の恩義”が終わり、もちろん報酬はいただけるのですが、報酬はミニコンポだけに終わりません。
Nゲージャーであることを周知している彼。
「鉄道模型、いらないからあげるよ」
と言われ、それも引き取ることになりました。
内容としては、昔のTOMIXベーシックセットSPⅡの300系以外全て(300系はこの日発見できなかった模様)と、増設用のS280・S140各10本、そして客車車両を計24両いただきました!

IMGP7981
つまり、我が家でTOMIXレールだけでついに遊ぶことが可能になるのです。
こんな嬉しいことはありませんね。

さて、話を戻しますと、時刻は午後4時。

IMGP7987
そこから途中ハードオフへ寄って、私の家で行くことに。
最寄りスーパーで半額になった寿司を購入し、私の家でご馳走。
そして、彼は帰って行きました。

 

DSCF6883

んで、そのいただいたミニコンポですがビクターのSS-D5MDという2002年の製品。

DSCF6886
スピーカーは変わった形をしてますが、当時の最新技術を駆使してミニコンポの中ではトップクラスの音質を実現したのだとか。
デジタル入力も可能で、PC音源もこのコンポ経由で流すことが可能です。
とりあえずアナログ入力で再生してみましたが、PCスピーカーでは考えられない程の重低音がふわっと響き渡ります。
イヤホンで聞いている時と、それほど遜色ない音色で気に入りました\(^o^)/

 

Nゲージの話は次にしましょうかね。

ひょんなことからお泊り会(前編)

12/22、火曜日。
年末ジャンボも最終日を迎え、名駅の宝くじチャンスセンターも人だかりでした。
この日、私は単発の仕事で栄にて勤務していました。
その仕事の終わりが午後6時。
23日まで開催の丸栄中古カメラバーゲンは午後7時まで。
初日買いそこねたニコンFのファインダースクリーンも見たかったし、ちらっと見ていくことにしました。

丸栄の8階催事場。
時間と日にちだけあって、非常に空いており、初日の賑わいを感じることはできません。

IMGP7922
私はそのガラガラの会場でジャンク箱を漁っていたら、
「あれ?」
その隣に、いつもお世話になっているカメラ仲間の友人さんが。
偶然にも程があるでしょ…(笑)

目的はその時から変わり、一緒にペンタM50ミリのフード探し。
M50ミリ用ではないけれど、ぴったりなフードを発見し購入。

その後はレモン社へ寄ってみました。
レモン社の店員さんとその友人さん、かなり仲が良くなっていました。
レモン社は結構レンズフィルターがお安く売られていまして、50ミリ用のKENKOプロテクターと、DA18-55用の円偏光フィルターを買いました。

 

さて、友人さんとのやり取りはここで終わりません。
一軒家で一人暮らしをされている彼の自宅へ遊びにお邪魔することができるとのことで、行くことにしました。一泊ですが、何故かこの日は寝間着が一着トートバッグの中に(何たる偶然っぷりw)。

電車で移動して、まずは夕食を取りに中華料理店へ。
実は彼もK-7を購入されていまして、ここ最近近所のハードオフでFA★24mm F2 ALをジャンク500円でゲットしたらしく、そのFA★24ミリがK-7に装着されておりました。

IMGP7933

DSC_0357
FA★24ミリで試写させていただけました。

IMGP7941
マニュアルフォーカスは非常にスムースで、ピントの山をつかめやすいK-7と絡めると最高です。

ただこのFA★24ミリ、オートフォーカスだとピンズレが有ることが確認。
帰宅後、他のレンズを付けても後ピンであることがわかりましたので、彼のK-7はデバッグモードでAF調整でした(;´Д`)
その中でも一番ピンズレがひどかったのがFA★24だそうです(汗)

さて、帰宅は23時とかなり遅くなりましたのでこの日はここで終了。
暖かいお布団をまとい就寝です。

(次回後編へ続く)