【JR東海】キハ40系列 高山線仕様

P1020360

キハ48-5513(2014.6.28 高山線鵜沼 Panasonic DMC-G1 + 14-45/3.5-5.6 MEGA O.I.S. ISO100、1/125、F5.6)

 

国鉄時代に導入され、現在美濃太田車両区に配置されているキハ40、キハ47、キハ48です。
塗色が変更され冷房化とワンマン対応化以外は外装も内装もほとんど原形を残しています。扇風機も国鉄ロゴを残しそのまま残っています。
エンジンはJR化後アメリカのカミンズ社のものに変更されています。
トイレを設置していることから、長距離運用はキハ40系列、短距離・太多線直通はトイレ無しのキハ11形と運用を分けています。

現在、武豊線と快速みえで活躍中のキハ75系と313系もどきのキハ25系がキハ40グループすべてを置き換えることとなっており、キハ25系はついにビードレスの高山線仕様が登場しています。
高山線でこの系列がみられるのはあと僅かです。

P1010317
キハ47-5001 (2010.7.2 高山線岐阜 Panasonic DMC-FX33、ISO100、1/160、F2.9)

FH000022
キハ48-5804 (2013.9.6 高山線猪谷 Nikon F60D + SIGMA28-80/3.5-5.6II、コダックGOLD400)

 

リバイバルカラー

数年前より国鉄色のリバイバルカラー車両が登場しています。
今年はさわやかウォーキングの臨時列車を中心に通常運用もこなしています。

DSC01000
キハ48-3812 (2013.9.6 高山線高山 SONY NEX-F3 + E18-55/3.5-5.6 OSS、ISO200、1/320、F5.6)

P1020361
キハ40-6309(2014.6.28 高山線鵜沼 Panasonic DMC-G1 + 14-45/3.5-5.6 MEGA O.I.S. ISO100、1/400、F4)

About NASU-NOZO-MIZUHO 396 Articles
Nゲージころころ楽しいな(爆)