鉄コレ 京阪700形・新塗装と旧塗装が入線!

鉄コレ 京阪700形・新塗装と旧塗装が入線!

 

鉄コレの京阪700形新塗装旧塗装が同時発売されたので早速受け取ってきました。

京阪電車大津線700形(新塗装)2両セット
京阪電車大津線は石山寺~坂本間と、浜大津~御陵間を結ぶ路線です。700形は1992年~1993年にかけて製造された車両で、5編成10両が主に石山寺~坂本間で活躍しています。

京阪電車大津線700形2両セット
京阪電車大津線は石山寺~坂本間と、浜大津~御陵間を結ぶ路線です。700形は1992年~1993年にかけて製造された車両で、5編成10両が主に石山寺~坂本間で活躍しています。

着々と進む大津線の新塗装化

模型を見る前に現在の京阪大津線の状況から。

 



今年初旬に発表された大津線車両の新塗装化。6月に700形1編成が塗り替えられたのを皮切りに、順次塗装変更を進められています。
それと並行してヘッドライトや方向幕の交換も進んでいますが、必ずしも3つが同時に行われている、というわけではないようで旧塗装のままヘッドライトや方向幕を交換されている車両も多く見られました。

 

12/10〜11の2日間で確認できた600型と700型の塗色は以下の通り↓(F=編成)

  • 601F:旧塗装
  • 603F:京都新聞(旧塗装ベース)
  • 605F:大津ガスサービスセンター(旧塗装ベース)
  • 607F:(予備車のため確認できず)
  • 609F:比叡山びわ湖(フルラッピング)
  • 611F:新塗装
  • 613F:旧塗装
  • 615F:旧塗装
  • 617F:旧塗装
  • 619F:新塗装(運用入らず、錦織で「四宮」幕表示)

 

  • 701F:80型復刻色
  • 703F:(予備車のため確認できず)
  • 705F:ちはやふる(フルラッピング)
  • 707F:新塗装
  • 709F:旧塗装

707編成が内容もリニューアルしたのに対し611編成が塗装変更のみで済ましているなど、施工メニューに統一感は今のところ無いですが、今後現在の707編成の仕様に切り替わっていくものと思います。

ちなみに京津線800系の新塗装は815編成のみのようで、こちらも内装は変化なしです。

 

<SPONSORED LINK>


 

新と旧が同時発売

今回の700形は一般塗装である旧塗装と新塗装が同時に製品化されました。700の一般色は事業者限定で旧塗装が出てはいますが、通常流通品では今回が初めてです。

鉄むす・トーマス・けいおん!・80型復刻色・・・と出ている中でようやく一般色のお出ましですw

 



新旧とも普通のパッケージです。

 



新塗装(※けいおん編成から動力と床下を入れ替えただけなのでスカートの違いに注意。新塗装のスカートはグレーです。トレーラー車の床下はプラッツキットの床下です)

 


旧塗装

 

塗装の塗り分けはしっかりしていますが、いつもに比べて精細度がやや低く感じます。
新塗装のロゴマークや方向幕あたりはもう少しきれいに出してほしいと思いますね。

 

新塗装は思っていたよりダサくなかった?

大津線の600と700の新塗装は、最初は旧塗装に比べてダサいなぁ〜と感じたものですが、いざ実車を見てみると意外と違和感が少なくてスマートな印象を受けました。軽快感があるな〜って思っちゃいます。むしろLED化されたヘッドライトのミスマッチ感のほうが・・・。

なお800系は新塗装はダサすぎて好きになれないっすねぇ・・・。

 


というわけで新塗装700形は押入レイアウトのトラム線に入れてぐるぐるさせています。
600の新塗装もいずれ鉄コレで出るかな?期待してますw

 



***

↓「てつぱら!」はブログランキングに参加しています。クリックしていただけるとお兄さん喜びます。

 

***

↓別館もよかったらどうぞ。

 

***

★コメントお待ちしてます。
ブログ更新の強い原動力になります。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

N GAUGE NEWCOMERカテゴリの最新記事

Return to Top ▲Return to Top ▲