東北の小型万能児 ED75電気機関車 入線

冒頭文に思いつく言葉が出なかった…(泣)

何かと模型化されるED75

ED75は交流区間用の電気機関車で、ブルトレを牽いていた機関車の1つですが人気はどっちかというとマイナーな方だと思います。
ですが、ED75のNゲージ模型化は黎明期から幾つもの会社によって何度も模型化されている車両です。

詳細は別館に書いたので、そっちで見て欲しいのです。

ED75は模型化に恵まれているのか? - てつぱら! V2.1 β版
ED75は交流区間用の国鉄電気機関車。東北地方を中心に活躍し、普通列車から貨物列車、果てはブルートレインまで小さいボディの割になんでも牽引できるスペックをもって...

 

実は動力不動のトミーの香港製ED75を入手してました(笑)
TOMIXになってからの「日立」のメーカーズプレートが省かれた後期製品です。

モーター自体は生きてたのですが、どうも何度分解組み立てと清掃をやっても動きがぎこちないんです(´・ω・`)
いかんせん古い製品のため同型車両がなかなか見つからずそのまま放置していました。

 

<SPONSORED LINK>


 

屋根のないED75

先日ぽちでジャンク品を発見。

KATOのED75 700番台。
屋根無し箱無しナンプレ未使用の状態で¥1,300だったので拾ってきました。
ボディは綺麗で動力ライトも動作しました。
けど屋根がないんです・・・(笑)
だからそのままで遊べないんですよね。

 

とはいえモーター代だけでも十分元が取れるお値段。
最初は足回りだけもらってトミーのED75に移植しようと思ってたのです。
加工方法は以下のサイトにも記載がありこれをやれば確かにできそうですが・・・。

怪しいED75 - Nゲージ蒸気機関車
写真手前は70年代からのファンの方ならよくご存知の、旧トミーナインスケールのED75(香港製)です。が、訳あって下廻りはKATO製になっています。実は、動力が...

 

この方法、結構削ったり切ったりする必要があります。

 

ここで思いつくのです。
「屋根を作っちゃえば良いんじゃん」

 

屋根を作る

方針を転換して、KATOのED75用に屋根を自作し、一部の屋根機器をトミーのED75から移植することに決めました。

屋根本体はGM名鉄5500系キットの余剰品。5200とか非冷房車を作るときの屋根パーツです。


これを適宜カットして黒に塗ります。
幅はやや狭いですが、実際取り付けてみればそう大きい違和感は出ないです。

 

トミーのED75は屋根の一部(配管など)が別パーツ化(屋根本体はボディと一体モールド)されているので、別パーツとなっているものを移植します。
トミーの方も屋根は欠損があり不十分ですが、出来る限りで済ませます。無いよりはあったほうが実感的なんで。

700番台なのでパンタはKATOのPS22を付けました。
無線アンテナは買うときから付いてたのでそのままです。

 

完成

車番は大宮の鉄博で保存されている775号機にしました。
ある程度はカタチになったでしょうか?

 

700番台なのでブルトレよりも12系や50系の普通列車のほうが似合うような気がします。
でも寒冷地区用のオハネフ13は買ってないなぁ・・・近いうちに買ってこよう(笑)

 


 

***

↓「てつぱら!」はブログランキングに参加しています。クリックしていただけるとお兄さん喜びます。

***

↓別館はこちらからどうぞ。お茶を用意して待ってます。

***

コメントお待ちしてます。
ブログ更新の強い原動力になるんでー。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
About NASU-NOZO-MIZUHO 476 Articles
Nゲージころころ楽しいな(爆)

Be the first to comment

◆コメントはブログ継続の力になります(URLは入力できません)