【JR東海 駅自動放送シミュレータの組み方】その2 接近放送編

 

シミュレータはこちら↓

JR東海中央線名古屋地区 駅自動放送シミュレータ(男声ver)※スマホ非対応
JR東海中央線(名古屋~中津川)で使用されているNOAシステムの現行放送を再現できるシミュレータです。

JR東海在来線 駅自動放送シミュレータ(女声ver)※スマホ非対応
JR東海在来線各線で使用されているNOAシステムの現行放送を再現できるシミュレータです。

 

だいぶ前回から間があいちゃいましたが、
「JR東海中央線名古屋地区 駅自動放送シミュレータ」音源の組み方
について解説していきます。

今回は接近放送編です。

 

前回はこちらから↓

【駅自動放送シミュレータの組み方】その1 次発予告放送編
さて、何回かに分けて先日公開した「JR東海中央線名古屋地区 駅自動放送シミュレータ」の音源の組み方について解説していきます。今日は次発予告放送編です。

 

 

実際の次発予告放送(基本形)


 

実際の次発予告放送の文言

★基本文

(♪接近チャイム)まもなく○番線に、普通列車〇〇行きが到着します。黄色い線までお下がりください。
この列車は、○両編成です。この列車は、各駅に停車します。

 

(通過列車)

(♪接近チャイム)まもなく○番線を列車が通過します。黄色い線までお下がりください。
(♪接近チャイム)まもなく○番線を列車が通過します。黄色い線までお下がりください。

(当駅止まり・名古屋駅以外)

(♪接近チャイム)まもなく○番線に当駅止まりの列車が到着します。黄色い線までお下がりください。
(♪接近チャイム)まもなく○番線に当駅止まりの列車が到着します。黄色い線までお下がりください。

(当駅止まり・名古屋駅の例)

(♪接近チャイム)まもなく○番線に名古屋止まりの列車が通過します。黄色い線までお下がりください。
この列車は折り返し、普通列車〇〇行きになります。この列車は、各駅に停車します。(以下英語放送略)

 

※特急列車の停車駅アナウンスは、名古屋駅のみです(尾張一宮と千種は少なくとも確認できず。おそらく他駅も同様?)
※両数案内は名古屋駅では入りません。
※回送列車パターンもあります。
※折り返し案内は名古屋駅のみです。
※名古屋止まりの列車で特急など列車名が付く場合はその列車名もアナウンスされます。(例:名古屋止まりの特急しなの12号が〜)

これが基本の形で、さらに情報を入れる場合、このあとに付加説明が続きます。

★付加説明

(乗車位置)
乗車位置案内は東海道線タイプのみです。

乗車位置は、丸印の1番から、8番です。

 

(先発案内)
快速系統停車駅で、快速直前の普通列車がある地点まで先着する場合に付け加えられます。中央線の場合は終点まで先行する列車で放送され、東海道線の場合は緩急接続があるので、接続駅(刈谷、名古屋など)まで先着の旨が流れます。
次が終着の場合は入りません。

高蔵寺まで、この列車が先にまいります。

 

(ホームライナーの案内)
ホームライナーでは乗車整理券が必要であることが説明されます。

この列車には、乗車券の他に、乗車整理券が必要です。

 

(瀬戸口行きの停車駅案内)
愛環直通の瀬戸口行きは、通常の停車駅案内の代わりに、以下の文が付け加えられます。

この列車は、高蔵寺まで各駅に停車したのち、高蔵寺からは、愛知環状鉄道線に入ります。
高蔵寺より先をご利用のお客様は、前よりの車両にご乗車ください。

※神領駅の場合

この列車は、高蔵寺に停車し、高蔵寺からは、愛知環状鉄道線に入ります。
高蔵寺より先をご利用のお客様は、前よりの車両にご乗車ください。

 

(武豊線直通の停車駅案内)
武豊線直通列車は、通常の停車駅案内の代わりに、以下の文が付け加えられます(名古屋駅の場合)

この列車は、金山、共和、大府の順に停車したのち、大府からは、武豊線に入ります。

 

★実際の文例
中央線タイプ

(♪予告チャイム)まもなく、2番線に普通列車名古屋行きが到着します。黄色い線までお下がりください。
この列車は、6両編成です。この列車は、各駅に停車します。

 

名古屋駅の場合

(♪予告チャイム)まもなく、13番線に名古屋止まりの列車が到着します。黄色い線までお下がりください。
この列車は、折り返し、普通列車亀山行きになります。この列車は、各駅に停車します。

 

東海道線タイプ

(♪予告チャイム)まもなく、4番線に新快速大垣行きが到着します。黄色い線までお下がりください。
この列車は、8両編成です。この列車は、名古屋、尾張一宮、岐阜の順に停車し、岐阜からは各駅に停車します。
乗車位置は、丸印の1番から8番です。

 

<SPONSORED LINK>


 

実際の接近放送の流れるタイミングと接近放送の特徴

列車が接近しているタイミングで流れます。

実際の列車入線は駅や列車によって異なり、アナウンス中にホームに入り始めているものもあれば、アナウンスから2分ほどで入ってくるものなど、まちまちです。

通過列車や当駅止まりなどの場合、2回リピートになります。

ちなみに接近メロディは東武鉄道の小駅で発車メロディーとして使用されているもので、汎用メロディと思われます。鉄道以外ではパルコの店内放送等でも聞けます(↓参考 以下動画3番線のメロディも大幅にダイヤが乱れた際に流れます)

 

シミュレータでの次発予告放送の組み方

予告放送と同じく、「種別行き先(+両数)」、「停車駅」、「付加情報」の3つのカタマリを意識して組むと実際のものに近くなるかと思います。

 

まだシミュレータに組み込めてない音源もいっぱいですが、順次追加していく予定ですのでよろしく。

 

シミュレータはこちらから↓

JR東海中央線名古屋地区 駅自動放送シミュレータ(男声ver)※スマホ非対応
JR東海中央線(名古屋~中津川)で使用されているNOAシステムの現行放送を再現できるシミュレータです。

JR東海在来線 駅自動放送シミュレータ(女声ver)※スマホ非対応
JR東海在来線各線で使用されているNOAシステムの現行放送を再現できるシミュレータです。

 

***

↓「てつぱら!」はブログランキングに参加しています。クリックしていただけるとお兄さん喜びます。

***

↓別館はこちらからどうぞ。お茶を用意して待ってます。

***

コメントお待ちしてます。
ブログ更新の強い原動力になるんでー。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
About NASU-NOZO-MIZUHO 467 Articles
Nゲージころころ楽しいな(爆)

Be the first to comment

◆コメントはブログ継続の力になります(URLは入力できません)