【駅自動放送シミュレータの組み方】その1 次発予告放送編

 

シミュレータはこちら↓

JR東海中央線名古屋地区 駅自動放送シミュレータ(男声ver)※スマホ非対応
JR東海中央線(名古屋~中津川)で使用されているNOAシステムの現行放送を再現できるシミュレータです。

 

ふぅ・・・
先日からOffice2016を開く際にエラーが出るようになって困ってます。


エクスプローラから開けないのでホント困ったものです。しかもこの状態で開け閉めしてたので、ファイル1つデータがパーになりました(今使っていないファイルでよかったですよ・・・)
いろいろ調べてはいるのですが・・・まいりますね。゚(゚´Д`゚)゚。

 

さて、何回かに分けて先日公開した
「JR東海中央線名古屋地区 駅自動放送シミュレータ」音源の組み方
について解説していきます。

今日は次発予告放送編です。

なお、JR東海のNOAシステム放送は使用路線で3つのタイプがあることは昨日お伝えしています。
それぞれ「中央線タイプ(津田・向山)」「名古屋駅タイプ(向山のみ)」「東海道線タイプ(男声不明・向山)」と呼ぶことにします。

次発予告放送は、2011年から進んでいるNOAシステム放送のリニューアルで登場したものです。
次発予告放送は中央線タイプ全駅、名古屋駅、東海道線タイプの東海道線のみに導入されています。

 

実際の次発予告放送(基本形)

 

実際の次発予告放送の文言

★基本文

(♪予告チャイム)次に、○番線から発車します列車は、〇〇時〇〇分発、普通列車〇〇行きです。
この列車は、○両編成です。この列車は、各駅に停車します。

 

(快速系統/特急の基本文例)

(♪予告チャイム)次に、○番線から発車します列車は、〇〇時〇〇分発、快速〇〇行きです。
この列車は、○両編成です。この列車は、〇〇、〇〇、〇〇の順に停車します。

(快速・途中から各停)

(♪予告チャイム)次に、○番線から発車します列車は、〇〇時〇〇分発、快速〇〇行きです。
この列車は、○両編成です。この列車は、〇〇、〇〇、■■の順に停車し、■■からは、各駅に停車します。

(快速・途中まで各停)

(♪予告チャイム)次に、○番線から発車します列車は、〇〇時〇〇分発、快速〇〇行きです。
この列車は、○両編成です。この列車は、■■まで各駅に停車したのち、■■からは、〇〇、〇〇、〇〇の順に停車します。

 

(次の停車駅が終点)

(♪予告チャイム)次に、○番線から発車します列車は、〇〇時〇〇分発、普通列車〇〇行きです。
この列車は、○両編成です。次は、〇〇です。

 

※特急列車の停車駅アナウンスは、名古屋駅のみのようです(尾張一宮と千種は少なくとも確認できず。おそらく他駅も同様?)
※両数案内は名古屋駅では入りません。

これが基本の形で、さらに情報を入れる場合、このあとに付加説明が続きます。

★付加説明

(乗車位置)
乗車位置案内は東海道線タイプのみです。

乗車位置は、丸印の1番から、8番です。

 

(遅れ案内)
3分以上遅れている場合、LED発車標の表示とともに予告放送でも遅れの程度がアナウンスされます。

この列車は、多治見駅を、約3分遅れて発車しています。お急ぎのところご迷惑をおかけします。

 

(先発案内)
快速系統停車駅で、快速直前の普通列車がある地点まで先着する場合に付け加えられます。中央線の場合は終点まで先行する列車で放送され、東海道線の場合は緩急接続があるので、接続駅(刈谷、名古屋など)まで先着の旨が流れます。
次が終着の場合は入りません。

高蔵寺まで、この列車が先にまいります。

 

(ホームライナーの案内)
ホームライナーでは乗車整理券が必要であることが説明されます。

この列車には、乗車券の他に、乗車整理券が必要です。

 

(瀬戸口行きの停車駅案内)
愛環直通の瀬戸口行きは、通常の停車駅案内の代わりに、以下の文が付け加えられます。

この列車は、高蔵寺まで各駅に停車したのち、高蔵寺からは、愛知環状鉄道線に入ります。
高蔵寺より先をご利用のお客様は、前よりの車両にご乗車ください。

※神領駅の場合

この列車は、高蔵寺に停車し、高蔵寺からは、愛知環状鉄道線に入ります。
高蔵寺より先をご利用のお客様は、前よりの車両にご乗車ください。

 

(武豊線直通の停車駅案内)
武豊線直通列車は、通常の停車駅案内の代わりに、以下の文が付け加えられます。

この列車は、金山、共和、大府の順に停車したのち、大府からは、武豊線に入ります。

 

★実際の文例
中央線タイプ

(♪予告チャイム)次に、2番線から発車します列車は、10時09分発、普通列車名古屋行きです。
この列車は、6両編成です。この列車は、各駅に停車します。

(♪予告チャイム)次に、2番線から発車します列車は、6時47分発、快速名古屋行きです。
この列車は、8両編成です。この列車は、春日井、勝川、大曽根、千種、鶴舞、金山、名古屋の順に停車します。
この列車は、多治見駅を、約5分遅れて発車しています。お急ぎのところご迷惑をおかけします。

 

名古屋駅の場合

(♪予告チャイム)次に、6番線から発車します列車は、11時45分発、新快速大垣行きです。
この列車は、尾張一宮、岐阜の順に停車し、岐阜からは各駅に停車します。

 

東海道線タイプ

(♪予告チャイム)次に、2番線から発車します列車は、8時45分発、普通列車豊橋行きです。
この列車は、6両編成です。この列車は、各駅に停車します。名古屋まで、この列車が先にまいります。
乗車位置は、丸印1番から6番です。

 

<SPONSORED LINK>


 

実際の次発予告放送の流れるタイミング

この次発予告放送ですが、通過列車がいない場合は、先発列車が発車した直後に1回流れ、その後は4~5分に1回のペースで流れます。

快速、貨物、特急など通過列車がある場合、システムの仕様上か直前(最後)の通過列車が通過するまで流れず、通過列車がなくなってから通常通り流れます。
折り返しの回送列車や試運転がある場合も同様で、回送列車が発車するまで次発予告放送は流れません。

 

シミュレータでの次発予告放送の組み方

次発予告放送は、「種別行き先(+両数)」、「停車駅」、「付加情報」の3つのカタマリからなっているように感じるかと思います。
シミュレータでも、この3つの間に0.25秒ほどの無音を開けると実際の放送に近くなるかと思われます。

 

まだシミュレータに組み込めてない音源もいっぱいですが、順次追加していく予定ですのでよろしく。

 

シミュレータはこちらから↓

JR東海中央線名古屋地区 駅自動放送シミュレータ(男声ver)※スマホ非対応
JR東海中央線(名古屋~中津川)で使用されているNOAシステムの現行放送を再現できるシミュレータです。

 

***

↓「てつぱら!」はブログランキングに参加しています。クリックしていただけるとお兄さん喜びます。

***

↓別館はこちらからどうぞ。お茶を用意して待ってます。

***

コメントお待ちしてます。
ブログ更新の強い原動力になるんでー。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
About NASU-NOZO-MIZUHO 467 Articles
Nゲージころころ楽しいな(爆)

Be the first to comment

◆コメントはブログ継続の力になります(URLは入力できません)