四国巡り旅行記 その9 ~徳島線は「得しません」?~

 

前回はこちら↓

四国巡り旅行記 その8 ~普通列車で四国山地縦断~
後免から琴平行の普通列車に乗車します。土曜のはずなのに、来た単行の1000形は主に制服姿の高校生で立席も多数の乗車率。それも3駅先の土佐山田で大半が降りていき、土...

 



阿波池田から先は、徳島線に乗って徳島をめざします。
「徳島線」って語呂があれだから、よく「得しません」と揶揄されているわけですが・・・。
実際このときはバースデイきっぷだったので、乗り放題・しかも特急指定席にも乗れるわけで、
「得しない徳島線」でもこのオトクなバースデイきっぷの威力は存分に発揮できるのです(笑)

 

この阿波池田から乗るのはもちろん特急「剣山」



特急剣山10号 キハ185系 阿波池田→徳島

 

この特急剣山、数あるJR特急の中でも県境を越えず、他線直通もないという運行区間の短い特急です。
それでも徳島線の普通列車が少ないので、利用客は比較的多く区間利用も目立つ感じみたいです。


剣山10号は普段は2両の運行のようですが、この日は土曜日、中間に「ゆうゆうアンパンマンカー」がくっついてました。
閑散期で子連れなど誰も乗ってなかったんですが(笑)、むしろ誰も乗っていなかったのでちょっと見させてもらいました。
ちなみにプレイルーム車内にはアンパンマンのエプロンを着た専属のスタッフもおられます。


徳島線ってさぞかし車窓がイマイチなんで子どもたちは遊んでたほうが楽しいのかな?
アンパンマンのBGMが延々と流れる異質空間。


やなせ氏のサインがプレイルームで見られます。


実は半室あるこのゆうゆうアンパンマンカーの指定席、元グリーン車です。
そのため座席はノーマルの普通車の座席よりグレードの高いものをそのまま使っています。
この区画は指定席で、バースデイきっぷでもとれるので、周りの人目とBGMが気にならなければ乗り得かも(笑)
ここの座席を取るには「アンパンマン指定席」と言わねばならず、「指定席」とだけいうとノーマルの座席を指定されます。


このゆうゆうアンパンマンカーが走る区間(徳島線・高徳線)の停車駅一覧が天井に大きく書かわていて、見ていて楽しそうですね。

 


・・・さて、もちろん自分はアンパンマンカーには乗る勇気がないのでノーマルの指定席を取りました(;´Д`)
自由席はそこそこ乗っていますが、指定席はガラガラで快適です。

 

特急剣山は徳島線内を多数の駅に停車しながらゆっくりと歩を進めていきます。特急とは思えないほどのんびり走っていますね~。
途中で日が沈んで車窓を見られなくなったので、周りがどうなっているかはわかりませんがのどかな田園地帯と徳島のベッドタウンみたいです。

 

1時間ちょっとで徳島駅着。

次の高松行きで一気に戻っても良かったんですが、時間に余裕があるのでちょっと寄り道します~。

 

(つづく)

 

***

↓「てつぱら!」はブログランキングに参加しています。クリックしていただけるとお兄さん喜びます。

***

↓別館はこちらからどうぞ。お茶を用意して待ってます。

***

コメントお待ちしてます。
ブログ更新の強い原動力になるんでー。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
About NASU-NOZO-MIZUHO 467 Articles
Nゲージころころ楽しいな(爆)

Be the first to comment

◆コメントはブログ継続の力になります(URLは入力できません)