2016”北の国から”遠征・現地ダイジェスト2日目

こんばんは!
今日は留萌市某所からゴミスペPCで記事をお届けしています。

 

さて、今日は当初は増毛と留萌線だけに行く予定でしたが、留萌線が想像以上に混む可能性があったこともあったため、先に札沼線の新十津川へ行き、そこから函館線経由で留萌線へ向かうことにしました。

dsc_2503
まずは朝早くに札幌駅に行き、石狩当別行に乗車します。
来た当別行はなんと最新の733系6両固定編成で、
dsc_2528
uシート車両が付いていました。
このuシートは快速エアポート以外の普通列車なら追加料金無しの自由席で乗れるので、非常に乗り得。
昨日乗ったLCCの座席よりもシートピッチも広いしかなり快適。

dsc_2540
これで当別まで行き、ここから新十津川行きに乗り換え。
dsc_2541
次の北海道医療大学から非電化なのでここからは気動車のキハ40単行
んで、この新十津川行きですが、今日はなんと、地元テレビ局HBCさんによるローカル番組のロケが行われていました。
dsc_2567
dsc_2611
アナウンサーさんが乗客にインタビューするほか、運転士をはじめとする業務関係者にも密着。
アナウンサーさんは最初私の横に座ってきましたので、自分はサッポロクラシックを片手に話が咲きます
んで、最終的に私もインタビューを受けたわけですが(笑)
\(^o^)/

 

途中交換駅の石狩月形ではタブレット交換の様子もこの目で見ることができました。
dsc_1923

 

HBCさんのロケは終点の新十津川まで続きます。
dsc_2637
この札沼線、浦臼から先はなんと1日1往復、「始発列車が最終列車」となる区間でもあるのです。HBCさんはダイヤをよく調べあげて、現在の札沼線の実態を踏まえた上で取材をされていたと思います。

imgp1475
dsc_2656
imgp1488

終点の新十津川では、数年も前から朝の便で保育園の園児たちが出迎えてくれるサービスを行っていて、それの取材もロケの一環だったようです。

 

imgp1501
dsc_2673
dsc_2684
さて、その後は新十津川から歩いて40分、滝川駅からスーパーカムイに一区間だけ乗車し深川へ。

dsc_2730
そして深川からはいよいよ留萌線入りです!
今日は平日だったのもあって13時台の便はキハ54の単行でも充分な感じでしたがクロスシート部は増毛までずっとほぼ埋まっていましたので、その点では始発の深川から乗って正解でした。

深川から石狩沼田のあたりまでは田園地帯を走り、そこから留萌まではひたすら集落も無さそうな山の中を駆け巡ります。
そして、留萌から先の、今年廃止となる区間は海沿いを走り海側は日本海を望めるビューポイントの良さ。

dsc_2756
imgp1603
dsc_2754
そして、増毛に到着。
実際にネットで見ていた風景が、自分の目で確認できたことがとても幸せに感じました。
廃止2ヶ月前、なんとか間に合ってよかった。

なかなか味のある年季の入った駅舎だけでも、ぜひ後世に残してもらいたいものですね。

imgp1628
dsc_2790
dsc_2780
帰りは、信砂駅までオロロンライン沿いを歩き、信砂までの途中駅を一つ一つ見てきました。
留萌線は板張りの仮乗降場タイプや、宗谷線などによくある車掌車改造の駅舎を持つ駅が多いのが特徴。
まさに北海道らしさを自分の目に感じることが出来る駅たちでした。

dsc_2809
そして瀬越から留萌市街地へ抜けて今日は終了。

 

体力的には結構ハードな点もあったと思いましたが、たった一日で札沼線と留萌線、2つもたっぷり味わうことができて疲れたことすら忘れてしまうような楽しい一日でした!

 

今日は留萌にとどまり、明日朝のバスで札幌へ戻ろうと思います。
明日は札幌を目一杯楽しみますよ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
About NASU-NOZO-MIZUHO 465 Articles
Nゲージころころ楽しいな(爆)

Be the first to comment

◆コメントはブログ継続の力になります(URLは入力できません)