【名古屋市交通局】5000形

DSC01111
5103H & 5118H (2012.10.7 東山線藤が丘 SONY DSC-W530)

 

1980年に登場した東山線用の通勤車両。
非冷房だった「黄電」の置換用として登場しました。5000形は当初から冷房を搭載し、利用客には好評だったようです。「黄電」の特長もやや受け継いでいて、端っこにわずか程度しかない網棚などにその面影が見られます。
35年にわたって東山線で活躍を続けました。ホームドア設置のためにN1000系への置換えが進み、廃車車両は順次富山の日本車両リサイクルの工場で解体されていきました。
2015年8月、最後の5114Hが引退し、5000形は全廃となりました。
末期まで残った車両の一部はブエノスアイレス地下鉄へ移籍しています。

DSC01112
N1108Hと並ぶ5116H (2012.10.7 藤が丘 SONY DSC-W530)

DSC01106
5113H (2012.10.7 本山 SONY DSC-W530)

 

最後まで残った5114Hの最末期

IMGP3549
2015.7.16 名古屋 PENTAX Q-S1 + 01STANDARD PRIME

DSCF6637
2015.8.5 千種 FUJIFILM X-A1 + XC16-50/3.5-5.6OIS

DSCF6635
路線図はだいぶ黄ばんでいました。

DSCF6633
5114HはS59日立製。

名市交は現在でも、日本車両と日立に車両製造を発注しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
About NASU-NOZO-MIZUHO 465 Articles
Nゲージころころ楽しいな(爆)